最新競馬ニュース

【重賞データ分析】アルテミスステークス2020 減点なし6頭の中からストゥーティを最上位評価


ウマニティ


 2,126  6  0

【重賞データ分析】アルテミスステークス2020 減点なし6頭の中からストゥーティを最上位評価 |競馬ニュース|ウマニティ

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はアルテミスステークス・データ予想をお届けします!


【前走着順&タイム差】
創設された2012年以降の3着以内24頭は、すべて前走で5着以内に入っていた。なお、前走が2~5着、かつ1着馬とのタイム差が0秒5以上だった馬は好走ゼロと冴えない結果に終わっている。

【前走使用距離】
2012年以降の2着以内16頭の前走使用距離を確認すると、1400m、1600m、1800mの3パターン。これ以外のステップで臨んだ馬は、2着連対圏に達していない。

【前走位置取り】
2012年以降の1~2着馬は、いずれも前走の4角通過順位が2番手以降だった。レースの格に関係なく、前走で4角1番手だった馬は苦戦の傾向にある。

【前走人気】
2012年以降の3着以内24頭のうち、21頭は前走の単勝人気が5番手以内。例外の3頭は、いずれも前走で重賞に出走していた。前走が非重賞戦で低評価だった馬は強調できない。

【休養明け】
2012年以降の3着以内24頭中23頭に8月以降の出走歴があった。唯一の例外は、2019年1着のリアアメリア。同馬は前走が1番人気1着、かつ着差が1秒以上の圧勝だった。相応のパフォーマンスを示していない、8月以降未出走の馬に手を出すのはリスクが高い。


【データ予想からの注目馬】
上記5項目でマイナス面がないのは、ウインアグライアストゥーティテンハッピーローズモリノカンナチャンユーバーレーベンヴァーチャリティの6頭。トップにはストゥーティを挙げたい。当レースと相性が良い、前走芝1600~1800m1着の関西馬であることに加え、6年連続で初勝利直後の馬が勝利を収めている点も評価ポイントだ。

同じく前走芝1600m1着の関西馬に該当する、ヴァーチャリティを2番手に。残りの4頭、ウインアグライアテンハッピーローズモリノカンナチャンユーバーレーベンも大きな差はなく、混戦が予想される。

<注目馬>
ストゥーティ ヴァーチャリティ ウインアグライア テンハッピーローズ モリノカンナチャン ユーバーレーベン

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

11月29日()
ジャパンC G1
京阪杯 G3
11月28日()
京都2歳S G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

11月23日(月)
東スポ2歳S G3
11月22日()
マイルCS G1

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
121,633万円
2 オジュウチョウサン 牡9
78,186万円
3 グランアレグリア 牝4
72,022万円
4 ラッキーライラック 牝5
69,247万円
5 キセキ 牡6
66,256万円
6 フィエールマン 牡5
63,378万円
7 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
8 クロノジェネシス 牝4
57,002万円
9 マカヒキ 牡7
56,210万円
10 サートゥルナーリア 牡4
52,359万円
» もっと見る

3歳
1 コントレイル 牡3
67,519万円
2 デアリングタクト 牝3
39,771万円
3 サリオス 牡3
33,089万円
4 レシステンシア 牝3
20,813万円
5 ラウダシオン 牡3
19,965万円
6 オーソリティ 牡3
15,779万円
7 ヴェルトライゼンデ 牡3
15,081万円
8 タイセイビジョン 牡3
14,621万円
9 ウインマリリン 牝3
13,921万円
10 サトノフラッグ 牡3
13,424万円
» もっと見る