最新競馬ニュース

【血統アナリシス】アルテミスステークス2020 Shirley Heightsの血を引く人気薄が大外一気、Mill Reef系の末脚に警戒


ウマニティ


 926  3  0

【血統アナリシス】アルテミスステークス2020 Shirley Heightsの血を引く人気薄が大外一気、Mill Reef系の末脚に警戒 |競馬ニュース|ウマニティ

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はアルテミスステークス・血統予想をお届けします!


レースが創設された12年以降、母系にNever Bend、Bold Reason兄弟の血を引く馬が7連覇を果たしていたものの、昨年は9頭立ての少頭数で行われたこともあり、非該当となるリアアメリアが勝利をつかんでいる。なお、2着サンクテュエールにおいては条件を満たしていた。

とくにNever Bend直系となるMill Reef系(Shirley Heights、Rivermanなど)の重厚な末脚を評価しやすく、18年シェーングランツ(6番人気)、15年デンコウアンジュ(12番人気)と人気薄ながら大外一気を決めた2頭ほか、16年の勝ち馬リスグラシューなども挙げられる。また、歴代優勝馬は古馬になると中距離戦線で活躍する馬が多いことも特徴といえるだろう。

ウインアグライアは、父マツリダゴッホ×母ウインアルテミス(母の父Arch)。トレイルブレイザーアブレイズが出たKorveyaに遡る牝系で、2代母Walker's Galはヘクタープロテクターの全妹にあたる血統馬。本馬の2連勝は相手に恵まれた感じを否めないものの、遊びながら走っていたことを踏まえれば底知れない魅力がある。父系も母系も早期活躍を見込める血統なので、連勝中の勢いを素直に評価しやすいタイプだろう。

オレンジフィズは、父エピファネイア×母シャンボールフィズ(母の父キングカメハメハ)。アプリコットフィズダービーフィズクレスコグランドの姪で、2代母マンハッタンフィズはマンハッタンカフェの全妹にあたる血統馬。また、牝系はSchwarzgoldに遡るため、18年の勝ち馬シェーングランツ、今開催に姉弟で重賞勝ちを果たしたサラキアサリオスも同牝系となる。本馬においても広いコースの方が持ち味も活きてきそうだ。

ストゥーティは、父モーリス×母リラヴァティ(母の父ゼンノロブロイ)。シンハライトやアダムスピークの姪にあたる血統で、母は16年マーメイドS‐G3の勝ち馬。本馬の前走は2着に下した相手の次走内容からも価値のある辛勝で、この牝系特有の小柄な馬格であることを踏まえれば良馬場で切れ味が増すイメージも描ける。そつのないレース運びからは知性もうかがえるため、完成度の高さを強みにできれば。

(文・シンヤカズヒロ)


【血統予想からの注目馬】

ウインアグライア オレンジフィズ ストゥーティ

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

11月29日()
ジャパンC G1
京阪杯 G3
11月28日()
京都2歳S G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

11月23日(月)
東スポ2歳S G3
11月22日()
マイルCS G1

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
121,633万円
2 オジュウチョウサン 牡9
78,186万円
3 グランアレグリア 牝4
72,022万円
4 ラッキーライラック 牝5
69,247万円
5 キセキ 牡6
66,256万円
6 フィエールマン 牡5
63,378万円
7 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
8 クロノジェネシス 牝4
57,002万円
9 マカヒキ 牡7
56,210万円
10 サートゥルナーリア 牡4
52,359万円
» もっと見る

3歳
1 コントレイル 牡3
67,519万円
2 デアリングタクト 牝3
39,771万円
3 サリオス 牡3
33,089万円
4 レシステンシア 牝3
20,813万円
5 ラウダシオン 牡3
19,965万円
6 オーソリティ 牡3
15,779万円
7 ヴェルトライゼンデ 牡3
15,081万円
8 タイセイビジョン 牡3
14,621万円
9 ウインマリリン 牝3
13,921万円
10 サトノフラッグ 牡3
13,424万円
» もっと見る