最新競馬ニュース

【重賞データ分析】菊花賞2020 コントレイルの他にあの2頭がオールクリア!


ウマニティ


 5,661  14  2

【重賞データ分析】菊花賞2020 コントレイルの他にあの2頭がオールクリア! |競馬ニュース|ウマニティ

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は菊花賞・データ予想をお届けします!


【所属】
2010年以降、栗東所属馬の9勝を含む19連対に対し、美浦所属馬は1勝のみ。しかも、後者の1勝は重賞2着を含む3戦3連対と底を見せていなかった、フィエールマン(2018年1着)が挙げたもの。3着以下敗退歴のある関東馬は、評価を控えめにしたい。

【前走使用レース&着順】
2010年以降の2着以内20頭の前走をレース別&着順で分けると、神戸新聞杯3着以内、セントライト記念9着以内、札幌記念3着以内、ラジオNIKKEI賞2着以内の4パターン。これ以外のステップで臨んだ馬は、ことごとく3着以下に敗れている。

【重賞実績】
2010年以降の2着以内20頭には、例外なく重賞3着以内またはG1 4着歴があった。非重賞戦でしかレース経験のない馬や、重賞出走歴がありながらも上位争いに達していない馬は、3着止まりの状況が続いている。

【近走人気&着順】
2010年以降、近2走とも5番人気以下で4着以下に敗れていた馬の好走はゼロ。低評価続きのうえに、複勝圏から遠ざかっている馬の深追いは危険と言わざるを得ない。


【データ予想からの注目馬】
上記4項目で減点がないのは、コントレイルバビットヴェルトライゼンデの3頭。最上位にはコントレイルを推す。近10回、神戸新聞杯勝ち馬は【4.1.1.1】の好成績。また、1番人気かつ上がり3ハロン2位以内で神戸新聞杯を制した馬は【4.0.0.0】という圧巻のパフォーマンスを示している。評価しないわけにはいかないだろう。

2番手はヴェルトライゼンデ。2010年以降、前走が神戸新聞杯で3着以内の馬は【8.6.2.9】と相性の良さを見せている。マークを怠れない存在だ。バビットも忘れてはならない1頭。重賞2勝を含む【4.2.0.0】の戦績を思えば、互角以上の戦いを繰り広げても不思議はない。

<注目馬>
コントレイル ヴェルトライゼンデ バビット

 コメント(2

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

TERAMAGAZINE
10月25日() 22:34


バビットは人気でコケる典型的なパターン

初重賞が菊花賞と直結しなくなってるセントライト記念

ナイス! (0)
俺の名は大ちゃん
10月20日(火) 15:43

この三頭で決まるなら苦労はない。

ナイス! (1)

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

11月29日()
ジャパンC G1
京阪杯 G3
11月28日()
京都2歳S G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

11月23日(月)
東スポ2歳S G3
11月22日()
マイルCS G1

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
121,633万円
2 オジュウチョウサン 牡9
78,186万円
3 グランアレグリア 牝4
72,022万円
4 ラッキーライラック 牝5
69,247万円
5 キセキ 牡6
66,256万円
6 フィエールマン 牡5
63,378万円
7 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
8 クロノジェネシス 牝4
57,002万円
9 マカヒキ 牡7
56,210万円
10 サートゥルナーリア 牡4
52,359万円
» もっと見る

3歳
1 コントレイル 牡3
67,519万円
2 デアリングタクト 牝3
39,771万円
3 サリオス 牡3
33,089万円
4 レシステンシア 牝3
20,813万円
5 ラウダシオン 牡3
19,965万円
6 オーソリティ 牡3
15,779万円
7 ヴェルトライゼンデ 牡3
15,081万円
8 タイセイビジョン 牡3
14,621万円
9 ウインマリリン 牝3
13,921万円
10 サトノフラッグ 牡3
13,424万円
» もっと見る