最新競馬ニュース

2021年度JRA開催日程案発表


©サンケイスポーツ


 693  0  0

 JRAは19日、関東定例会見を開き、来年度の開催日程案を発表した。中央競馬は東西金杯当日の1月5日に開幕するが、京都競馬場の改修工事に伴い、京都金杯は史上初めて中京で開催。従来は京都のGI5競走が、全て阪神で施行されることになった。

 11月から京都競馬場が大規模な改修工事に入るため、例年の京都開催は阪神と中京に振り分けられ、芝コース保護の観点から西日本地区での開催が一部入れ替えられる。通常京都で施行されているGI5競走、天皇賞・春秋華賞菊花賞エリザベス女王杯マイルCSは全て阪神で実施。天皇賞・春が行われる阪神芝3200メートルは現行コースでの施行例がないため、事前にレースが組まれる見込みだ。菊花賞の舞台となる阪神芝3000メートルは現在フルゲートが16頭のため、18頭への拡大が検討されている。

 また、新型コロナウイルスの影響で1年延期となった東京五輪開催への対応と暑熱対策の観点から、7月24日~8月8日の3週間は新潟と函館の2場開催。北海道開催は1回札幌(6日間)→1回函館(12日間)→2回札幌(8日間)の順に行われる。

 近年の内容が充実している東スポ杯2歳SはGIII→GIIへの格上げ、葵Sは重賞→GIII格付けを日本グレード格付管理委員会に申請中だ。

 中央競馬開催は1月5日にスタートし、ホープフルSが行われる12月28日まで全288日を予定している。

関連キーワード

 ナイス!(0
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

11月29日()
ジャパンC G1
京阪杯 G3
11月28日()
京都2歳S G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

11月23日(月)
東スポ2歳S G3
11月22日()
マイルCS G1

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
121,633万円
2 オジュウチョウサン 牡9
78,186万円
3 グランアレグリア 牝4
72,022万円
4 ラッキーライラック 牝5
69,247万円
5 キセキ 牡6
66,256万円
6 フィエールマン 牡5
63,378万円
7 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
8 クロノジェネシス 牝4
57,002万円
9 マカヒキ 牡7
56,210万円
10 サートゥルナーリア 牡4
52,359万円
» もっと見る

3歳
1 コントレイル 牡3
67,519万円
2 デアリングタクト 牝3
39,771万円
3 サリオス 牡3
33,089万円
4 レシステンシア 牝3
20,813万円
5 ラウダシオン 牡3
19,965万円
6 オーソリティ 牡3
15,779万円
7 ヴェルトライゼンデ 牡3
15,081万円
8 タイセイビジョン 牡3
14,621万円
9 ウインマリリン 牝3
13,921万円
10 サトノフラッグ 牡3
13,424万円
» もっと見る