最新競馬ニュース

【俺のチェックポイント】バビット浜田師自信満々「一番の状態」


©サンケイスポーツ


 2,986  12  0

【俺のチェックポイント】バビット浜田師自信満々「一番の状態」 |競馬ニュース|ウマニティ

 東西トレセンで取材する記者が、日替わりでGI出走馬の気になる点を関係者に直撃する「俺のチェックポイント」。菊花賞の初日は、大阪サンスポの斉藤弘樹記者が栗東で4連勝中のバビットに注目した。まだまだ伸びしろは大きく、底知れない可能性を秘めている。

 秋華賞デアリングタクトが史上初となる無敗3冠制覇の快挙を成し遂げた。今週の菊花賞では、同じく無敗3冠に挑むコントレイルに注目が集まる。これまでの圧倒的なパフォーマンスから、他馬の付け入る隙は少なそうだが、初めての3000メートル。2冠の王者にとってもベスト舞台ではないだけに、逆転候補を探っていきたい。

 最も魅力に感じるのが、4連勝中のバビットだ。前走のセントライト記念は、春のクラシックで上位をにぎわした実力馬を完封して重賞連勝。自らラップを刻んでの逃げ切りVだけに、決してフロックではない。快進撃の理由を探った。

 「以前はソエと相談しながらやっていたけど、今は全く心配がない。ここ最近、カイバもめちゃくちゃ食べるようになった」

 全休日の19日朝、竹下厩務員が充実ぶりを教えてくれた。春はソエを抱えて坂路中心の調整のなか、連勝を続けた。その不安が解消し、前走時からCWコースを併用して長めの距離を乗り込めている。3000メートルも意識した調整で、浜田調教師も「やっとやりたい調教ができるようになった。今までで一番の状態」と胸を張る。脚元を考慮して、春から取り入れているプール調教の効果も大きそうだ。「心肺機能につながっているんじゃないかな。スタミナはあると思うよ」と竹下厩務員は期待を寄せる。

 今回も後続に脚を使わせる戦法に迷いはない。2008年オウケンブルースリ、12年ゴールドシップ菊花賞2勝を誇るベテラン内田騎手を背に、大金星があるかもしれない。(斉藤弘樹)



菊花賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

11月29日()
ジャパンC G1
京阪杯 G3
11月28日()
京都2歳S G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

11月23日(月)
東スポ2歳S G3
11月22日()
マイルCS G1

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
121,633万円
2 オジュウチョウサン 牡9
78,186万円
3 グランアレグリア 牝4
72,022万円
4 ラッキーライラック 牝5
69,247万円
5 キセキ 牡6
66,256万円
6 フィエールマン 牡5
63,378万円
7 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
8 クロノジェネシス 牝4
57,002万円
9 マカヒキ 牡7
56,210万円
10 サートゥルナーリア 牡4
52,359万円
» もっと見る

3歳
1 コントレイル 牡3
67,519万円
2 デアリングタクト 牝3
39,771万円
3 サリオス 牡3
33,089万円
4 レシステンシア 牝3
20,813万円
5 ラウダシオン 牡3
19,965万円
6 オーソリティ 牡3
15,779万円
7 ヴェルトライゼンデ 牡3
15,081万円
8 タイセイビジョン 牡3
14,621万円
9 ウインマリリン 牝3
13,921万円
10 サトノフラッグ 牡3
13,424万円
» もっと見る