最新競馬ニュース

【血統アナリシス】菊花賞2020 近年はディープインパクトに所縁ある血統馬が勝ち馬として名を連ねる


ウマニティ


 6,074  4  0

【血統アナリシス】菊花賞2020 近年はディープインパクトに所縁ある血統馬が勝ち馬として名を連ねる |競馬ニュース|ウマニティ

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は菊花賞・血統予想をお届けます!


昨年はワールドプレミア(3番人気)、サトノルークス(8番人気)、とディープインパクト産駒が1・2着となるほか、同産駒は一昨年のフィエールマン(7番人気)に続いて連覇を達成してみせた。なお、11年に産駒初出走となってから長らく勝てなかった印象も強いのか、思いのほか馬券妙味を兼ね備えた好走例が多くなっている。

また、17年の勝ち馬キセキは母の父がディープインパクト、15年にはブラックタイド(=ディープインパクトの全兄)産駒のキタサンブラックが勝利するなど、近年はディープインパクトに所縁ある血統馬の活躍が目立つ。

コントレイルは、父ディープインパクト×母ロードクロサイト(母の父Unbridled's Song)。2代母Folkloreは05年にメイトロンS-米G1、BCジュヴェナイルフィリーズ-米G1とアメリカのダートG1を2連勝。本馬は近年好調のディープインパクト産駒のなかでも最上位の実績を誇り、前人未踏(前馬未踏?)となる無敗の父子三冠制覇の偉業に挑むことになる。あえて粗探しをするのであれば、時計勝負に強い血統であることから、雨中での開催が続いている馬場の状態だろうか。

ヴェルトライゼンデは、父ドリームジャーニー×母マンデラ(母の父Acatenango)。昨年の菊花賞-G1を制したワールドプレミアの半弟で、叔父Manduroは07年にイスパーン賞-仏G1、プリンスオブウェールズS-英G1、ジャックルマロワ賞-仏G1と欧州のG1を3連勝した実績を持つ。本馬は日本ダービー‐G1後に軽い骨折、熱発で朝日杯セントライト記念‐G2を回避するなど順調さを欠いていただけに、前走神戸新聞杯‐G2の内容には驚かされた。成長力については折り紙付きの血統馬でもあり、兄弟連覇にも期待が持てるだろう。

ヴァルコスは、父ノヴェリスト×母ランズエッジ(母の父ダンスインザダーク)。ブラックタイドディープインパクトの甥にあたる血統で、ゴルトブリッツレイデオロなどが出たウインドインハーヘアに遡る牝系。本馬はテーマに沿う血統馬であることに加え、母の父は96年に本競走を勝利しており、父としても3頭の勝ち馬(03年ザッツザプレンティ、04年デルタブルース、09年スリーロールス)を出している魅力もある。加速に時間がかかるので、惰性を付けられる京都外回り替わりもプラスに働くはず。

(文・シンヤカズヒロ)


【血統予想からの注目馬】

コントレイル ヴェルトライゼンデ ヴァルコス

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

11月29日()
ジャパンC G1
京阪杯 G3
11月28日()
京都2歳S G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

11月23日(月)
東スポ2歳S G3
11月22日()
マイルCS G1

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
121,633万円
2 オジュウチョウサン 牡9
78,186万円
3 グランアレグリア 牝4
72,022万円
4 ラッキーライラック 牝5
69,247万円
5 キセキ 牡6
66,256万円
6 フィエールマン 牡5
63,378万円
7 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
8 クロノジェネシス 牝4
57,002万円
9 マカヒキ 牡7
56,210万円
10 サートゥルナーリア 牡4
52,359万円
» もっと見る

3歳
1 コントレイル 牡3
67,519万円
2 デアリングタクト 牝3
39,771万円
3 サリオス 牡3
33,089万円
4 レシステンシア 牝3
20,813万円
5 ラウダシオン 牡3
19,965万円
6 オーソリティ 牡3
15,779万円
7 ヴェルトライゼンデ 牡3
15,081万円
8 タイセイビジョン 牡3
14,621万円
9 ウインマリリン 牝3
13,921万円
10 サトノフラッグ 牡3
13,424万円
» もっと見る