最新競馬ニュース

【毎日王冠】捲土重来の秋へ!サリオス年長馬撃破だ


©サンケイスポーツ


 1,387  6  0

【毎日王冠】捲土重来の秋へ!サリオス年長馬撃破だ |競馬ニュース|ウマニティ

 今週から東京、京都、新潟が開幕し、事前の指定席購入者に限定して観客入場も再開される。記念すべき週の東京メインは「第71回毎日王冠」(11日、GII、芝1800メートル)。春2冠でともに2着と涙をのんだサリオスが年長馬相手に秋初戦を迎える。

 捲土重来の秋へ、昨年の朝日杯FS馬がターフに帰ってくる。

 今春はレーン騎手とのコンビでクラシック2冠へ。ぶっつけ本番で臨んだ皐月賞コントレイルとマッチレースの末に半馬身差の2着に惜敗。雪辱を期した日本ダービーでは着差を3馬身に広げられての2着に終わったが、距離適性の差もあったはずだ。菊花賞に向かうライバルと路線を違え、秋は中距離戦線を選択。伝統のGIIで秋初戦を迎える。

 先月4日の帰厩から3本のコース追いを消化。30日の1週前追い切りはWコース5F65秒6、ラスト1F12秒0(G前仕掛け)。新コンビのルメール騎手に導かれ、一杯に追われる古馬2勝クラスと涼しい顔で併入した。「楽に時計が出たし、息づかいも良かった。当週に向けてどんどん状態は上がっていくんじゃないかな」と鞍上は笑顔。3Fの距離短縮も「体がムキムキで、スプリンターのようなのでいいはず」と歓迎する。

 前走後はさすがに疲れもあったようだが、「北海道でいい夏休みを過ごして順調に調整できています。落ち着いて、いい雰囲気できているかなと思います」と、森助手は上々の感触を伝える。このあとは天皇賞・秋(11月1日、東京、GI、芝2000メートル)やマイルCS(11月22日、阪神、GI、芝1600メートル)が視野に入る。年長馬との初対戦でも、GIホースの力を見せつけたい。(夕刊フジ)

毎日王冠の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

12月6日()
チャンピオン G1
12月5日()
ステイヤーズ G2
チャレンジC G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

11月29日()
ジャパンC G1
京阪杯 G3
11月28日()
京都2歳S G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
151,956万円
2 オジュウチョウサン 牡9
78,186万円
3 グランアレグリア 牝4
72,022万円
4 ラッキーライラック 牝5
69,247万円
5 キセキ 牡6
66,256万円
6 フィエールマン 牡5
63,378万円
7 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
8 クロノジェネシス 牝4
57,002万円
9 マカヒキ 牡7
56,210万円
10 サートゥルナーリア 牡4
52,359万円
» もっと見る

3歳
1 コントレイル 牡3
79,611万円
2 デアリングタクト 牝3
47,318万円
3 サリオス 牡3
33,089万円
4 レシステンシア 牝3
20,813万円
5 ラウダシオン 牡3
19,965万円
6 オーソリティ 牡3
15,779万円
7 ヴェルトライゼンデ 牡3
15,081万円
8 タイセイビジョン 牡3
14,621万円
9 ウインマリリン 牝3
13,921万円
10 サトノフラッグ 牡3
13,424万円
» もっと見る