最新競馬ニュース

【スプリンター】スプリント界制圧に乗り出したグランアレグリア


©サンケイスポーツ


 1,063  3  1

【スプリンター】スプリント界制圧に乗り出したグランアレグリア |競馬ニュース|ウマニティ

 秋のGI開幕を告げる「第54回スプリンターズS」が10月4日、中山競馬場で行われる。春の高松宮記念の上位4頭が顔をそろえるが、注目は2着グランアレグリア。そのあとの安田記念アーモンドアイを破ってマイル王者となった快速牝馬が、今度はスプリント路線で主役を張る。

 アーモンドアイを破った末脚が帰ってくる。安田記念で怪物を置き去りにしたグランアレグリアが秋初戦に選んだのはスプリンターズS。混沌とするスプリント界制圧に乗り出した。

 「1400メートルの阪神Cが強かったし、安田記念も坂を上がってくるときの脚がすごかった。1200メートルはまったく問題ないと思う」

 そう言い切るのは昨年のタワーオブロンドンに続く連覇がかかる藤沢和調教師。JRA通算1500勝を超える名伯楽が自信を込めて断言した。

 春の高松宮記念は初の6Fで馬にも戸惑いがあったのか、位置取りが悪くなり、しかも重馬場。それでも先行勢がゴール前の激戦を繰り広げるなか、1頭だけ別次元の末脚(上がり3F33秒1)で2着(3位入線)まで追い上げた。

 「あのときは馬場が悪かったけど、切れ味が違っていたね。年をとって穏やかになって、体は大きくなって。3歳の春のころはカイバを食べなくて困っていたのになあ」

 充電の夏を経て、4歳秋を迎えての充実ぶりは明らか。先週のWコースではラスト1F12秒3の好反応でアブソルティスモと併入した。「1週前としては十分な内容。予定どおりにきているから、当週に追い切れば態勢は整うよ」と、仕上げにも抜かりはない。

 秋初戦ということは当然、マイルCS(11月22日、阪神、GI、芝1600メートル)も視野に入る。6~8Fの短距離完全王者へ、時代を創り出す。(夕刊フジ)



スプリンターズSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

 コメント(1

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

そあら
9月28日(月) 11:20

1週前の時計が平凡なんだよね〜

ナイス! (0)

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

11月1日()
天皇賞(秋) G1
10月31日()
毎日スワンS G2
アルテミスS G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

10月25日()
菊花賞 G1
10月24日()
富士S G2

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
106,381万円
2 オジュウチョウサン 牡9
77,453万円
3 キセキ 牡6
64,756万円
4 グランアレグリア 牝4
58,665万円
5 ラッキーライラック 牝5
58,365万円
6 フィエールマン 牡5
57,306万円
7 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
8 マカヒキ 牡7
56,210万円
9 クロノジェネシス 牝4
53,166万円
10 サートゥルナーリア 牡4
52,359万円
» もっと見る

3歳
1 コントレイル 牡3
67,519万円
2 デアリングタクト 牝3
39,771万円
3 サリオス 牡3
31,789万円
4 レシステンシア 牝3
20,813万円
5 ラウダシオン 牡3
19,965万円
6 ヴェルトライゼンデ 牡3
15,081万円
7 タイセイビジョン 牡3
14,621万円
8 サトノフラッグ 牡3
13,424万円
9 マルターズディオサ 牝3
13,300万円
10 スマイルカナ 牝3
12,395万円
» もっと見る