最新競馬ニュース

【馬人クローズアップ】内田博幸騎手


©サンケイスポーツ


 905  4  0

【馬人クローズアップ】内田博幸騎手 |競馬ニュース|ウマニティ

 今週の産経賞オールカマークレッシェンドラヴに騎乗する内田博幸騎手(50)=美・フリー=が、2週連続の重賞勝ちに挑む。先週はセントライト記念をバビットで逃げ切り。狙うのは同じ2頭で重賞を連勝した今夏の福島の再現だ。なお、GI3勝馬フィエールマンは、発熱の影響により回避が決まった。

 充実の50代をこの馬とともに歩む。7月26日に50歳になった内田騎手が、クレッシェンドラヴと挑む産経賞オールカマーで、2週連続重賞Vを狙っている。

 「先週のセントライト記念が50歳になって最初の重賞勝ちだったんだよね。前回もバビットラジオNIKKEI賞を勝って、クレッシェンドラヴ七夕賞を連勝したから」

 すっかり秋めいた中山で、夏の福島の再現を。今回もバビットとクレッシェンドによる勝利の連鎖に意欲満々だ。クレッシェンドとは一昨年9月の九十九里特別(4着)から一度も手綱を譲らずにコンビを継続し、調教にも積極的に騎乗してきた。今回も2週前から稽古をつけ、「先週までは少し(調整が)足りないかな、と思ったけど、今週はいい雰囲気だったよ」と手応えを感じている。

 前走の七夕賞はトップハンデの57キロを背負いながら、後方から差し切る強い内容だった。2着のブラヴァスが次走の新潟記念を勝ったように、メンバーも強かっただけに価値も高い。「夏を越えて力強さが出てきた。このメンバーでどれぐらいのパフォーマンスができるのか、胸を借りるつもり」と控えめに話すが、2015年以降、内田騎手は中山芝2200メートルでトップの8勝。単勝回収率116%は騎乗機会20戦以上の騎手では、1位の石橋騎手に次ぐ2位を誇る。さらに、ステイゴールド産駒の14勝もディープインパクト産駒を差し置いてトップと、データがVを後押しする。

 今年2度目の2週連続重賞勝ちは目前。「自分の2週連続より、クレッシェンドラヴと林厩舎に、もうひとつタイトルを取ってもらいたい気持ちの方が大きいね」。50代となって円熟味を増した内田騎手の手綱さばきが、今週も中山で見られるに違いない。(柴田章利)



産経賞オールカマーの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

10月25日()
菊花賞 G1
10月24日()
富士S G2

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

10月18日()
秋華賞 G1
東京ハイJ G2
10月17日()
府中牝馬S G2

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
106,381万円
2 オジュウチョウサン 牡9
77,453万円
3 キセキ 牡6
64,756万円
4 グランアレグリア 牝4
58,665万円
5 ラッキーライラック 牝5
58,365万円
6 フィエールマン 牡5
57,306万円
7 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
8 マカヒキ 牡7
56,210万円
9 クロノジェネシス 牝4
53,166万円
10 サートゥルナーリア 牡4
52,359万円
» もっと見る

3歳
1 コントレイル 牡3
52,786万円
2 デアリングタクト 牝3
39,771万円
3 サリオス 牡3
31,789万円
4 レシステンシア 牝3
20,813万円
5 ラウダシオン 牡3
17,541万円
6 ヴェルトライゼンデ 牡3
15,081万円
7 タイセイビジョン 牡3
14,031万円
8 マルターズディオサ 牝3
13,300万円
9 スマイルカナ 牝3
12,395万円
10 ウインマリリン 牝3
12,321万円
» もっと見る