最新競馬ニュース

【オールカマー】ジェネラーレウーノ1年8カ月ぶり復帰戦で逃げ宣言


©サンケイスポーツ


 1,947  11  0

【オールカマー】ジェネラーレウーノ1年8カ月ぶり復帰戦で逃げ宣言 |競馬ニュース|ウマニティ

 今週は中山競馬場で産経賞オールカマーが行われる。注目は重度の屈腱炎を乗り越えて、1年8カ月ぶりに復帰するジェネラーレウーノだ。矢野調教師は「単騎逃げというレースになる」と戦術を明かし、一昨年にセントライト記念を制した舞台に期待を寄せる。開幕からの2週は先行馬が好成績。21日のセントライト記念を制したバビットに続き、鮮やかな逃げ切りを決める。

 最悪の事態を乗り切り、得意の舞台でいざ復活だ。昨年のAJCC4着後、右前浅屈腱炎を発症したジェネラーレウーノが、1年8カ月ぶりにターフに帰ってくる。

 「かなり程度の重い症状。ひと昔前なら(復帰は)無理だったと思います」

 エースの復帰に矢野調教師が表情を引き締める。待望のカムバックまで、一番苦労したことは「待つこと」だったと語り、「オーナーさんと牧場(北海道安平町・ノーザンF早来)が、本当によく辛抱してくれた。よくここまで治してくれたと思うし、この馬自身も強いのでしょう」としみじみした口調で続けた。

 そんな陣営の思いは、ウーノにも伝わっているようだ。17日の追い切りの動き(美浦坂路4ハロン50秒6)に「絶好調。抜群」と太鼓判を押したトレーナーは22日、美浦南コースにある角馬場での調整を確認。「坂路とプールを併用してしっかり乗れている。休養中、体もそこまで大きくさせていないし、今のところ脚元も問題ない」と順調な仕上がりをアピールした。

 中山芝は【3・0・1・1】で、この2200メートルの舞台は一昨年のセントライト記念で白星を挙げている。「条件はいいね。ダービーの前みたいにカリカリしたところが出てきているし、今回は単騎逃げというレースになるだろうから。あとはジョッキー(初コンビの三浦騎手)がどう乗ってくれるかだと思う」と、強気の逃走劇を思い描く。21日のセントライト記念をバビットが鮮やかに逃げ切ったように、現在の中山は逃げ、先行が優勢なコンディション。休み明けで軽視され、ノーマークの逃げに持ち込めるようだと、コース巧者が黙ってはいない。

 重度の屈腱炎から立ち直ったジェネラーレウーノ。施されたら施し返す、恩返しの大激走を見せつける。(内海裕介)

産経賞オールカマーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

11月1日()
天皇賞(秋) G1
10月31日()
毎日スワンS G2
アルテミスS G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

10月25日()
菊花賞 G1
10月24日()
富士S G2

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
106,381万円
2 オジュウチョウサン 牡9
77,453万円
3 キセキ 牡6
64,756万円
4 グランアレグリア 牝4
58,665万円
5 ラッキーライラック 牝5
58,365万円
6 フィエールマン 牡5
57,306万円
7 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
8 マカヒキ 牡7
56,210万円
9 クロノジェネシス 牝4
53,166万円
10 サートゥルナーリア 牡4
52,359万円
» もっと見る

3歳
1 コントレイル 牡3
67,519万円
2 デアリングタクト 牝3
39,771万円
3 サリオス 牡3
31,789万円
4 レシステンシア 牝3
20,813万円
5 ラウダシオン 牡3
19,965万円
6 ヴェルトライゼンデ 牡3
15,081万円
7 タイセイビジョン 牡3
14,621万円
8 サトノフラッグ 牡3
13,424万円
9 マルターズディオサ 牝3
13,300万円
10 スマイルカナ 牝3
12,395万円
» もっと見る