最新競馬ニュース

【クイーンS】タガノアスワド6歳夏の今が旬!完熟走


©サンケイスポーツ


 1,442  2  0

【クイーンS】タガノアスワド6歳夏の今が旬!完熟走 |競馬ニュース|ウマニティ

 牝馬限定重賞クイーンSの追い切りが30日、札幌競馬場で行われた。前走で3勝クラスのマレーシアCを逃げ切ったタガノアスワドが、芝コースの単走追いで馬なりながら好時計をマークし、好調キープをアピール。6歳夏を迎えて本格化気配を漂わせており、今回も逃げるスタイルにこだわって重賞初制覇を狙う。

 ◇

 6歳夏のいまこそが充実期だ。前走のマレーシアCを鮮やかに逃げ切ったタガノアスワドが、札幌芝コース単走で5ハロン64秒2の好時計をマーク。緑のじゅうたんを軽やかな脚取りで駆け抜けた。

 国分恭騎手(実戦は西村淳騎手)を背にパドックでスクーリングを行ってから芝コースへ移動。2コーナー奥のポケットからキャンターに下ろして5ハロンから追い切りを開始した。500キロを超すグラマーな体を大きく使って徐々に加速すると、直線は馬なりのまま力強く蹄音を響かせてラスト1ハロン11秒7でフィニッシュ。集中した走りで時計的にも文句なしだ。

 「スムーズな走りで、いい感じでしたね」と国分恭騎手は好感触を伝える。松永助手も「前走から中2週なので、きょうはしまいを伸ばす程度。日曜(26日)に札幌入りしたが、いまは環境に慣れて落ち着いている」と納得の表情だ。

 重賞挑戦は3歳春のサンスポ賞フローラS(4着)以来2度目。当時はデビュー3戦目で見せ場を作ったが、そこから時間をかけて力をつけ、心身ともにピークを迎えつつある。札幌芝1800メートルでは3年前の十勝岳特別で勝利を収めており、今なら実績馬にひと泡吹かせても不思議はない。

 「小回りの1800メートルはここ(札幌)でも小倉でも勝っている。ハナを取り切った方がいいタイプなので、(スタートして)押してでも行くことになると思う」

 他に同型馬もいるが、松永助手はハナを譲らない構え。夏本番を迎えた札幌は週末も雨の心配がなく、先週と同様に先行馬有利は間違いない。全5勝中4勝を逃げ切っているタガノアスワドが、今回も迷いのない“逃走劇”で夏のクイーンの座をつかみ取る。(片岡良典)

クイーンSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

8月9日()
レパードS G3
エルムS G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

8月2日()
クイーンS G3
8月1日()
新潟ジャンプ G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
106,381万円
2 オジュウチョウサン 牡9
77,453万円
3 キセキ 牡6
62,022万円
4 フィエールマン 牡5
57,306万円
5 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
6 ラッキーライラック 牝5
56,552万円
7 マカヒキ 牡7
56,210万円
8 クロノジェネシス 牝4
53,166万円
9 サートゥルナーリア 牡4
52,359万円
10 ワグネリアン 牡5
50,624万円
» もっと見る

3歳
1 コントレイル 牡3
47,260万円
2 デアリングタクト 牝3
29,389万円
3 サリオス 牡3
25,012万円
4 レシステンシア 牝3
20,813万円
5 ラウダシオン 牡3
17,541万円
6 タイセイビジョン 牡3
14,031万円
7 ヴェルトライゼンデ 牡3
12,845万円
8 ウインマリリン 牝3
12,321万円
9 スマイルカナ 牝3
10,778万円
10 オーソリティ 牡3
9,951万円
» もっと見る