最新競馬ニュース

【祐一独占手記】コントレイル無敗2冠「責任果たせた」


©サンケイスポーツ


 1,648  8  0

【祐一独占手記】コントレイル無敗2冠「責任果たせた」 |競馬ニュース|ウマニティ

 日本ダービーが31日、東京競馬場で行われ、1番人気のコントレイル(栗東・矢作芳人厩舎、牡3歳)が2005年のディープインパクト以来、史上7頭目の無敗2冠を達成した。鞍上の福永祐一騎手(43)は、76年ぶりの無観客開催となった“競馬の祭典”で2年ぶり2勝目を飾った心境、今秋に控える菊花賞(10月25日、京都、GI、芝3000メートル)での史上初父子3冠制覇の夢などについて、本紙に独占手記を寄せた。

 ◇

 大きなトラブルがない限り、勝てるだろうなとは思っていましたが、本当に強かったです。素直にうれしいですし、責任を果たせてホッとしています。そして、コントレイルにとっていい形で勝てたことが何よりよかったです。

 ウイニングラン後に引き揚げる際、お客さんがいないスタンドに向かって一礼したのは、こういう状況下でダービーを開催させてもらえた感謝の気持ちを、何か形にしたかったからです。それをコントレイルも感じてくれたのか、ジッと立っていてくれましたね。レース後で肉体的な疲労はあるはずなのに、ケロッとしているように見えて、改めて、底が見えない馬だなと感じました。もともと順調にこられた馬ではなかったので、牧場、厩舎スタッフが本当によくケアをして、ここまで順調にもってきてくれたなと思います。

 デビュー当時からお世話になり、「一緒に日本ダービーを勝とう!!」と声をかけていただいていたノースヒルズの前田幸治代表との約束も、果たすことができました。どんなレースの前にも仰ることは一つです。「グッドレースを」。騎乗についてどうこういうことなく、すべてを任せてもらえます。だからこそ、結果で応えたい気持ちは強くなります。最高の形で応えることができて本当によかったです。

 継続的に騎乗させてもらえていることも生きましたね。皐月賞とは違って前めでの競馬になりましたが、どんなレースでもできる強みがあり、レースに合わせた競馬ができます。一戦ごとに競走馬としての隙をなくしていくことが大切だと思っていて、きょうは3、4コーナーでの進路取りやポジション争いで、隙がなかったことも勝因だったと思います。

 ただ、最後の直線で先頭に立つと気を抜くそぶりを見せていました。そうならないように追い出しを遅らせましたが、皐月賞のときと同様に、外にフワッと行ってしまいました。まだ本気で走っていない感じがあります。それでも、そんな中でダービーを勝つのだから相当なポテンシャルです。心身ともに成長途上で、完成するのはまだまだ先の印象で、この後の夏休みで成長して戻ってきてくれることを楽しみにしています。

 コントレイルに乗ることは楽しいですね。改めて馬の面白さを感じさせてくれ、多くのことを勉強させてくれるパートナーでもあります。また、この馬に教えてもらった新たな境地でレースに臨めています。そういった中で、競馬を応援してくれている方にとって大きな存在になるであろう、新たなスターホースに騎乗できていることを誇りに思います。

 どうしても距離の不安があるタイプだったので、2400メートルをクリアできたことは大きいですね。秋は父ディープインパクトに続く3冠を狙うと聞きました。学習能力が高く、陣営もそこに向けて馬をつくっていくと思うので、こなしてくれると信じています。どのレースでも、騎手としてするべきことは変わりません。今は楽しみしかないですね。(JRA騎手)



★31日東京11R「ダービー」の着順&払戻金はこちら

福永祐一(ふくなが・ゆういち) 1976(昭和51)年12月9日生まれ、43歳。滋賀県出身。栗東・北橋修二厩舎所属で96年3月にデビュー。同年53勝を挙げ最多勝利新人騎手に輝く。2011、13年にJRAリーディングを獲得。今年の皐月賞を制し、史上11人目のクラシック競走完全制覇を達成。31日現在、JRA通算1万7681戦2303勝。JRA重賞は18、20年日本ダービーなどGI27勝を含む140勝。160センチ、52キロ。週末の競馬開催日に本紙でコラム「新ユーイチが行く」を連載中。

★…コントレイルを生産した(株)ノースヒルズの前田幸治代表はレース後、「秋は父ディープインパクトのように菊花賞へ向かって三冠馬を目指します」とコメント。1984年シンボリルドルフ、2005年ディープインパクトに続く史上3頭目の無敗3冠制覇という大目標を明言した。

★2018年日本ダービーVTR…皐月賞エポカドーロがスタートから飛び出し、マイペースの逃げ。〔8〕枠(17)番の5番人気ワグネリアンは少し仕掛けて前めにつけ、1コーナーを5、6番手で通過。絶好のポジションから直線でスパートし、粘り込みを図るエポカドーロをゴール直前で捕らえた。19回目の挑戦でかなえたダービーのウイニングランに、福永騎手は「夢には見ていましたが、こんなにいいものだとは思いませんでした」と涙を流した。

★今年の日本ダービーVTR…スタートからウインカーネリアンがダッシュを利かせて先頭へ。コントレイルは上々のスタートから、1コーナーを3番手で回った。前半1000メートル通過61秒7のスローペースで、前めのインをキープする。直線で馬場の真ん中へ持ち出されると、メンバー最速の上がり3ハロン34秒0の末脚を発揮。外から追い上げてきたサリオスに3馬身差をつけ、無敗での2冠を達成した。

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

7月12日()
七夕賞 G3
プロキオンS G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

7月5日()
CBC賞 G3
ラジNIK賞 G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
106,381万円
2 オジュウチョウサン 牡9
77,453万円
3 キセキ 牡6
62,022万円
4 フィエールマン 牡5
57,306万円
5 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
6 ラッキーライラック 牝5
56,552万円
7 マカヒキ 牡7
56,210万円
8 クロノジェネシス 牝4
53,166万円
9 サートゥルナーリア 牡4
52,359万円
10 ワグネリアン 牡5
50,624万円
» もっと見る

3歳
1 コントレイル 牡3
47,260万円
2 デアリングタクト 牝3
29,389万円
3 サリオス 牡3
25,012万円
4 レシステンシア 牝3
20,813万円
5 ラウダシオン 牡3
17,541万円
6 タイセイビジョン 牡3
14,031万円
7 ヴェルトライゼンデ 牡3
12,845万円
8 ウインマリリン 牝3
12,321万円
9 スマイルカナ 牝3
10,778万円
10 オーソリティ 牡3
9,951万円
» もっと見る