最新競馬ニュース

【現場記者走る】快速ミヤマザクラ開花女王!?


©サンケイスポーツ


 1,471  5  0

【現場記者走る】快速ミヤマザクラ開花女王!? |競馬ニュース|ウマニティ

 GI勝ち馬を探る連載『現場記者走る』。クラシック初戦の桜花賞は大阪サンスポの斉藤弘樹記者(40)が担当。栗東トレセンで、初日はクイーンCを制したミヤマザクラに注目した。牡馬路線への挑戦プランも上がっていたほどの素質馬で、スピード、スタミナ、パワーを全て兼備。桜花賞馬にふさわしいその名の通り、一気に頂点に駆け上がる可能性を感じた。

 春のGIは高松宮記念大阪杯と2週連続で牝馬がワンツーフィニッシュと、“女の時代”を実感した。今週は3歳牝馬の頂点を決める桜花賞。クラシック競走としては1944年の菊花賞以来、76年ぶりの無観客開催となる。満開の桜の下にファンの歓声がないのは寂しいが、かなりの豪華メンバーが顔をそろえた。連載では、新型コロナウイルスの感染拡大防止に配慮し、栗東に腰をすえてじっくりと狙いを絞っていきたい。

 阪神JFの上位3頭がそのまま上位を独占したチューリップ賞組は強力だが、別路線組にも魅力あふれる素質馬は多い。初日は、ディープインパクト産駒のミヤマザクラに注目した。

 デビュー2戦目の昨夏の札幌未勝利戦(芝2000メートル)を2歳コースレコードで5馬身差V。続く京都2歳Sは、クラシック戦線でも注目を集めるマイラプソディの2着に敗れたが、その結果次第では日本ダービー挑戦も視野に入っていたそうだ。田中博助手は「勝てばホープフルSに登録するような話もあったし、それくらいスケールは感じていた」と期待度の高さを証言した。

 牝馬路線に切り替えた前走のクイーンCで、重賞初制覇。初のマイルの流れにも戸惑うことなく2番手をキープし、長い府中の直線を堂々と押し切った。伯父に芝&ダートでGIを制したクロフネがおり、全兄には菊花賞3着馬ポポカテペトルをはじめ中長距離の活躍馬が並ぶ。血統背景からはスタミナとパワー型だが、ディープ産駒としては6頭目で誕生した初めての牝馬。「上と違うタイプに出て、スピード負けするとは思っていなかった」とうなずく。

 近3走はすべて4コーナー2番手から早めに抜け出す形だが、決して意図したものではなくスピードの違いによるもの。

 「前に馬がいたら、抜こうとする意思がすごく強い。GIの強いメンバーで早め先頭になることはないと思うし、初めてこの馬の本当の能力が見られそう。突き抜けるか、善戦止まりか。ある程度、今回でわかると思う」と同助手。半信半疑の言葉のなかにも、不安を大きく上回る期待値を感じた。 (斉藤弘樹)

桜花賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

6月7日()
安田記念 G1
6月6日()
鳴尾記念 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

5月31日()
日本ダービー G1
目黒記念 G2
5月30日()
葵ステークス 重賞

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
101,093万円
2 オジュウチョウサン 牡9
77,453万円
3 フィエールマン 牡5
57,306万円
4 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
5 ラッキーライラック 牝5
56,552万円
6 マカヒキ 牡7
56,210万円
7 キセキ 牡6
55,914万円
8 ワグネリアン 牡5
50,624万円
9 サートゥルナーリア 牡4
50,059万円
10 インディチャンプ 牡5
43,167万円
» もっと見る

3歳
1 コントレイル 牡3
47,260万円
2 デアリングタクト 牝3
29,389万円
3 サリオス 牡3
25,012万円
4 レシステンシア 牝3
20,813万円
5 ラウダシオン 牡3
17,541万円
6 タイセイビジョン 牡3
14,031万円
7 ヴェルトライゼンデ 牡3
12,845万円
8 ウインマリリン 牝3
12,321万円
9 オーソリティ 牡3
9,951万円
10 マルターズディオサ 牝3
9,736万円
» もっと見る