最新競馬ニュース

【大阪杯】夕刊フジ・調教チェッカーズ


©サンケイスポーツ


 2,453  5  1

【大阪杯】夕刊フジ・調教チェッカーズ |競馬ニュース|ウマニティ

 文句なしの1番手はダノンキングリー。Wコースで先週25日に6F82秒1、1日に5F65秒1の好タイムをマークし、調整内容の濃さは休み明けの前走時を上回るほどだ。直線での伸び脚は抜群で、毛ヅヤもピッカピカ。ただ、前進気勢がかなり強くなっているだけに、1F延長での折り合いがカギになるか。

 クロノジェネシスはCWコースで先週25日に6F79秒8と目一杯に攻め、今週は同87秒2とお釣りを残した調整。それでもラスト1F11秒8でOP馬に半馬身先着した。馬体重は昨春に比べて30キロほど増えており、それに伴って動きも力強さを増してきた。

 ラッキーライラックはCWコースで3週続けて6Fからしっかり時計を出す意欲的な内容。ラストの鋭さという面では前記2頭にやや見劣りするものの、雄大な走りで牝馬離れしたパワーをアピールしている。(夕刊フジ)



大阪杯の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

 コメント(1

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

TERAMAGAZINE
4月4日() 22:39

第64回 大阪杯 G1


ブラストワンピース
シルクR(ノーザンF生産)が

ディープ産駒のダービー馬2頭に
(2頭とも★金子真人HD(ノーザンF生産)

に競り勝つと見ています。

ただ

ブラストワンピース
12戦[7-0-0-5]

勝つか? 
馬券圏内もない競走馬


ダノックス(ダノン)は古馬G1を勝ち切るのは難しいかな…

前哨戦のG2は強いんだけど。
馬券圏内は十分あるでしょうが
(能力はあるから)

G2優勝賞金(+α)とG12着・3着賞金の違いを計算…?

ダノックス(株式会社オービック・野田順弘代表取締役会長/CEO)は
コンピュータ管理の「システムインテグレーター」企業だから

ナイス! (0)

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

5月31日()
日本ダービー G1
目黒記念 G2
5月30日()
葵ステークス 重賞

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

5月24日()
オークス G1
5月23日()
平安S G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
101,093万円
2 オジュウチョウサン 牡9
77,453万円
3 フィエールマン 牡5
57,306万円
4 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
5 ラッキーライラック 牝5
56,552万円
6 マカヒキ 牡7
56,210万円
7 キセキ 牡6
55,914万円
8 ワグネリアン 牡5
50,624万円
9 サートゥルナーリア 牡4
50,059万円
10 インディチャンプ 牡5
43,167万円
» もっと見る

3歳
1 デアリングタクト 牝3
29,389万円
2 コントレイル 牡3
24,590万円
3 レシステンシア 牝3
20,813万円
4 ラウダシオン 牡3
17,541万円
5 サリオス 牡3
16,249万円
6 タイセイビジョン 牡3
14,031万円
7 ウインマリリン 牝3
12,321万円
8 オーソリティ 牡3
9,951万円
9 マルターズディオサ 牝3
9,736万円
10 ガロアクリーク 牡3
9,475万円
» もっと見る