最新競馬ニュース

【マーチS】レース展望


©サンケイスポーツ


 979  2  0

【マーチS】レース展望 |競馬ニュース|ウマニティ

 中山では日曜メインにダートのGIIIマーチS(29日、1800メートル)が行われる。

 ダート転向6戦目となる今回、2歳時のGIホープフルSと合わせ、芝・ダート両重賞制覇を目指すのがタイムフライヤー(栗東・松田国英厩舎、牡5歳)。前走のフェブラリーSでは強豪ぞろいの中、強気の先行策から勝ったモズアスコットから0秒9差5着に踏みとどまり、地力を改めてアピールした。折り合い面の課題を克服するため、今回は実戦では耳の部分を覆うメンコを着用する予定。ハンデ57キロも想定内で、18日には栗東CWコースを6ハロン79秒3で駆け抜けるなど気配も良好なだけに、思い出の中山でタイトル奪取の可能性は十分ある。

 スワーヴアラミス(栗東・須貝尚介厩舎、牡5歳)は9月のオークランドレーシングクラブT(3勝クラス)を6馬身差で圧勝。オープン昇格後も2走前、今回と同じ中山9ハロンのポルックスSを4馬身差で快勝するなど、急激な本格化を遂げている。前走のアルデバランS2着後もここを目標に好調教を連発。58キロで快勝した実績もあり、57キロのハンデにも難なく対応できそうだ。

 メイショウワザシ(栗東・南井克巳厩舎、牡5歳)も着実に地力を強化。前走、同じ舞台の総武Sを武豊騎手を背に軽快に逃げ切った。オープン入りした昨夏以降、5着以下がない安定感は見事でハンデも背負い慣れた56キロ。再びマイペースに持ち込めれば勝機も十分だろう。

 ワイルドカード(美浦・木村哲也厩舎、牡6歳)はオープン入り初戦のペデルギウスSを3番手の好位からラスト3ハロン最速の35秒8の切れ味を発揮して快勝した。今回が13戦目とまだまだ良化の余地を残しており、ハンデも56キロならマークは必要だ。

 57・5キロのトップハンデは2頭。クリンチャー(栗東・宮本博厩舎、牡6歳)はダート初挑戦となった前走の仁川Sで後方11番手から、メンバー最速の3ハロン37秒0の末脚で半馬身差2着に食い込んだ。長らくスランプが続いたが、芝で菊花賞2着、京都記念優勝と実績は最右翼。ダート適性が証明されただけに怖い。もう一頭のリアンヴェリテ(栗東・中竹和也厩舎、牡6歳)はみやこS(13着)から4カ月半の休み明けでもあり、強調材料に欠ける。



マーチSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

3月29日()
高松宮記念 G1
マーチS G3
3月28日()
日経賞 G2
毎日杯 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

3月22日()
阪神大賞典 G2
スプリングS G2
3月20日(金)
フラワーC G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
90,211万円
2 オジュウチョウサン 牡9
70,813万円
3 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
4 マカヒキ 牡7
56,210万円
5 キセキ 牡6
55,914万円
6 サートゥルナーリア 牡4
50,059万円
7 ワグネリアン 牡5
49,274万円
8 ラッキーライラック 牝5
42,792万円
9 フィエールマン 牡5
42,004万円
10 サングレーザー 牡6
41,309万円
» もっと見る

3歳
1 レシステンシア 牝3
11,585万円
2 サリオス 牡3
11,145万円
3 コントレイル 牡3
11,127万円
4 マルターズディオサ 牝3
9,736万円
5 タイセイビジョン 牡3
8,586万円
6 ヴェルトライゼンデ 牡3
7,463万円
7 サトノフラッグ 牡3
6,708万円
8 ラウダシオン 牡3
6,654万円
9 ワーケア 牡3
6,454万円
10 エーポス 牝3
6,438万円
» もっと見る