最新競馬ニュース

【ズバリ!調教診断】阪神大賞典2020 唯一の関東馬が坂路一番時計をマーク!菊花賞以来の重賞勝ちを狙うルーラーシップ産駒も上々の仕上がり!


ウマニティ


 4,749  3  1

【ズバリ!調教診断】阪神大賞典2020 唯一の関東馬が坂路一番時計をマーク!菊花賞以来の重賞勝ちを狙うルーラーシップ産駒も上々の仕上がり! |競馬ニュース|ウマニティ

日曜日に行われる阪神大賞典の出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


レノヴァール
この中間は栗東坂路で調整。今週の本追い切りではキビキビとした動きを示し、コンディションの良さをうかがうことはできた。とはいえ、別定のG2で勝ち負けに持ち込めるだけの底上げがあるかといえば微妙なレベル。今回は苦しい戦いになりそうだ。

メロディーレーン
栗東坂路で刻まれた時計は地味ながらも、この馬なりにタイムを詰めていることに加え、動きも小気味よく状態は悪くなさそう。ただ、いまだ2勝クラスの身。重賞で強豪牡馬に太刀打ちできるほどの力がついているとは思えない。ひとつでも上の着順を、というのが正直なところではないか。

ムイトオブリガード
2月下旬から栗東CWを中心にジックリと本数を重ね、最終追い切りでは馬場の外めをスピード感タップリに走り抜けた。そのシャープな動きをみるに、休み明けの心配は無用。自身の力を出せる状態にある。及第点以上の仕上がりとみていい。

トーセンカンビーナ
松籟S1着の翌週には栗東坂路で15-15を計測し、その後も入念にケイコを重ねてきた。CWで行われた今週の本追い切りでは、実戦さながらの併せ馬を敢行。最後まで集中を切らさず、上々の伸び脚を披露した。気配の良さを活かせるようなら、面白い存在になりそうだ。

タイセイトレイル
栗東坂路で実施した最終追い切りでは、4F51秒9を計時。前回の最終追いよりも時計を詰めてきた点は好感が持てる。反面、近2走は稽古の良さが実戦につながっていないのは気がかり。元気の良さを認めての△評価が妥当な線だろう。

メイショウテンゲン
18日に栗東CWで施した本追い切りでは、鞍上に促されると全身を使ってグングンと加速。あっという間に併走馬を置き去りにした。一戦ごとに動きが良くなっているのは確か。使われている強みを活かすことができれば、ここでも出番があるかもしれない。

ボスジラ
この中間は美浦坂路で調整され、最終追い切りでは4F50秒0を記録。今週の一番時計を叩き出した。力強い脚さばきからは、目下3連勝中の充実ぶりが伝わってくる。キャリアは8戦に過ぎず、伸びシロもありそうだ。重賞タイトルに手が届いても、まったく不思議はない。

ドレッドノータス
栗東坂路の最終追いでは併せ馬を実施。手応え劣勢の一方で、僚馬に後れをとるまいという、この馬らしい前向きな面を感じることができた。一度叩いた効果は十分にうかがえる。流れに乗り切れば、圏内突入のシーンもあるかもしれない。

キセキ
1月31日に栗東帰厩後は丹念にメニューを消化。その効果もあって、18日にCWで行われた単走追いでは、馬場の外めを雄大なフォームで駆け抜けた。気合乗りも程よく、ここ目標にキッチリと仕上がった印象。勝ち負けを意識できる状態とみる。

ユーキャンスマイル
2月8日から攻め馬を続けていたが、2月20日を最後にプール主体の調整に切り替え、再びトラック調教を再開したのは3月8日。栗東CWの最終追いでは相応のタイムを刻んだものの、3頭併せの真ん中で手応えは劣勢。ひと追いごとに良くなっているのは認めても、過度の期待まではどうか。



ウマニティ重賞攻略チーム

 コメント(1

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

TERAMAGAZINE
3月22日() 18:24

------------------------------------------------
《山崎エリカ・公認『競馬プロ予想プロ』】予想》
------------------------------------------------

--------------------------
【 第68回 阪神大賞典 G2】
--------------------------


----------------------------------------------
【 第68回 阪神大賞典 G2】
★《1レース 予想購入金額》

【一般会員 ★1000 G( ★G=¥日本円 )】

https://umanity.jp/professional/race_view.php?user_id=3100000007&race_id=2020032209010911

----------------------------------------------

◎ボスジラ
古馬との戦いで見事に3連勝、一気にオープン入りを果たした(7)ボスジラを推します。
この馬は1勝クラスとはいえ休養明けでいきなり芝2600m戦をこなしたのはステイヤー適性があればこそ。
4歳馬で勢いもある上にレースを順調に使われている強みもあるので、
今回の本命としました。


○キセキ
2017年の菊花賞馬(9)キセキ
ただキセキが菊花賞を制した年は道悪の消耗戦。
逃げたマイスタイルが最下位に敗れる展開を差したものだけに真のステイヤーなのか「?」
それにこの馬のPP指数の最高値は、コード決着となった一昨年のジャパンCで逃げたもの。
そこまでスタミナ特化型ではない上に休養明けで芝3000m戦となると危うい要素もあるので対抗評価に止めました。


▲タイセイトレイル
昨秋のアルゼンチン共和国杯ではムイトオブリガードの2着に敗れたもののレースを順調に使われている強みで逆転に期待の(5)タイセイトレイル。
この馬は初めての長距離戦となった前走・ダイヤモンドSではメイショウテイゲンに先着を許したものの同馬は休養明けで前崩れの展開に恵まれて2着好走したもの。
今回は反動が出る可能性が高いだけにこの馬の評価を上げました。
前走は一気の距離延長が応えた面がありましたが
二度目の長距離戦で慣れも着込めるでしょう。


https://umanity.jp/professional/race_view.php?user_id=3100000007&race_id=2020032209010911


----------------------------------------

【レース結果】

◎ボスジラ (3番人気)→ 8着
○キセキ (1番人気・単勝1,6倍)→ 7着
▲タイセイトレイル(7番人気)→ 6着

---------------------------------------------------------------------

う~ん!
今回(だけは)惜しかったですっ!

初志貫徹!!ブレない《マーベラス競馬プロ予想家山崎エリカ》さま!


----------------------------------------
◎ボスジラ《複勝5,000円》全力買い!

(総額1万円)
----------------------------------------

さすが!
ゴージャス予想のプロフェッショナルですっ!

「実に素晴らしい!」


ウチら「#山崎エリカ公認プロファンクラブ」(ファンの集い)
【エリカ競馬《公認プロ》】をいつもずっとずっと応援しております!!

#山崎エリカ #山崎エリカ公認プロ #阪神大賞典 #ソーユーフォリア #ボスジラ #キセキ #タイセイトレイル

----------------------------------------------------------

ナイス! (0)

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

3月31日(火)
マーチS G3
3月29日()
高松宮記念 G1
3月28日()
日経賞 G2
毎日杯 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

3月22日()
阪神大賞典 G2
スプリングS G2
3月20日(金)
フラワーC G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
90,211万円
2 オジュウチョウサン 牡9
70,813万円
3 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
4 マカヒキ 牡7
56,210万円
5 キセキ 牡6
55,914万円
6 サートゥルナーリア 牡4
50,059万円
7 ワグネリアン 牡5
49,274万円
8 ラッキーライラック 牝5
42,792万円
9 フィエールマン 牡5
42,004万円
10 サングレーザー 牡6
41,309万円
» もっと見る

3歳
1 レシステンシア 牝3
11,585万円
2 サリオス 牡3
11,145万円
3 コントレイル 牡3
11,127万円
4 マルターズディオサ 牝3
9,736万円
5 タイセイビジョン 牡3
8,586万円
6 ヴェルトライゼンデ 牡3
7,463万円
7 サトノフラッグ 牡3
6,708万円
8 ラウダシオン 牡3
6,654万円
9 ワーケア 牡3
6,454万円
10 エーポス 牝3
6,438万円
» もっと見る