最新競馬ニュース

【フェブラリー】最新ナマ情報


©サンケイスポーツ


 2,525  2  0

【フェブラリー】最新ナマ情報 |競馬ニュース|ウマニティ

◆「状態はいい」〔1〕ブルドッグボス

 昨年のJBCスプリント勝ち馬は関西馬1番手の午後3時28分に到着。馬房でも落ち着き払い、秦野厩務員は「状態はいい。体重はGIを勝ったとき(520キロ)と同じくらいになりそう。あとは千六がどうかですね」と距離克服を願う。

◆先行力生かす〔3〕ワイドファラオ

 同舞台のユニコーンS勝ち馬は午後3時53分に東京入り。高田助手は「順調に来られたし、カイバも食べていた。中2週でも疲れはないし、調子は上がっている。久しぶりの芝スタートで先行力を生かしてほしい」と能力全開を期待する。

◆砂向きの筋肉〔4〕タイムフライヤー

 ホープフルS以来のVへ、午後4時0分に現地入り。安部助手は「カイバ食いも良く、雰囲気はいい。幅が出てきたし、ダート向きの筋肉がついてきた。馬場が湿っても気にならない。久々にGIを取ってもらえたら」と戴冠を願った。

◆陣営V2自信〔5〕インティ

 コパノリッキー(2014&15年)以来の連覇を狙う快速馬は、午後3時55分に東京競馬場へ到着。1年ぶりの場所でも動じることなく落ち着いて、雰囲気は上々だ。「輸送は問題なく、おとなしかったですね。追い切りは坂路で自己ベストのタイム(4ハロン51秒1)が出ましたが、しっかりとケアもしてきたので反動はない。自分のリズムで走ってくれれば」と和田助手は自信を見せる。

◆距離問題なし〔6〕ミッキーワイルド

 根岸S11着からリベンジを誓うロードカナロア産駒は、前走以上の好気配。「輸送はスムーズで、久々を1度使って状態は前走よりもグンと良くなった。最終追い切りの動きもいいし、距離は1ハロン延びても問題ない」と上野助手はやる気満々だ。

◆最後は伸びる〔7〕ヴェンジェンス

 東海S2着馬は午後3時56分に到着し、馬房でリラックスムード。大内助手は「イレ込むことなく問題なかった。中京の千四で走っているし、芝スタートのワンターンはいい舞台。最後は伸びてきてくれると思う」と末脚全開に懸ける。

◆末脚にかける〔8〕キングズガード

 近3走全ての上がり3ハロンが最速の切れ者は午後4時0分に到着。「順調に来た。前走は少し余裕があったし良くなっている。あとは前(を行く馬)が楽をする競馬にならなければ。しまいは確かなので、うまくさばいてほしい」と内山助手は末脚爆発を祈る。

◆鞍上にも勢い〔9〕サンライズノヴァ

 2003年の勝ち馬ゴールドアリュールを父に持つ6歳が親子Vを目指す。「東京は通い慣れているので、いつもと同じ感じ。結果が出ている東京で(南部杯に続く)2度目のGI勝利を挙げてほしい。松山騎手も土曜に重賞(京都牝馬S)を勝って調子がいいし、うまく直線で外に持ち出せれば」と棚江助手。

◆スタートが鍵〔10〕ノンコノユメ

 大井所属としてもVを狙う2年前の覇者は、テンションを上げないように小林分場の角馬場で前日調整。荒山勝調教師は「落ち着いていて雰囲気はいい。ゲートの出が鍵だが、こちらに来てからは自然と真ん中くらいで行けているし、真島(騎手)もどんな競馬でもできると言っている」と中団あたりでの競馬を想定する。

◆末脚を生かす〔11〕モジアナフレイバー

 東京大賞典で3着に食い込んだ実力馬は、小林分場のダートコースをキャンターで2周。福永敏調教師は「レース前日はゴール前で少し脚を伸ばす感じで。欲しいところに筋肉がついて完成されてきた。末脚を生かす競馬になると思う」と充実ぶりを口にする。

◆デキ自信あり〔12〕モズアスコット

 芝&砂のマイルGI制覇を狙う前売り1番人気馬は午後3時36分に到着。すんなり馬房に収まり、玉井助手は「馬運車でも特に変わらず。追い切りも良かったし、使って具合は良くなっていると思う」とデキの良さを保証する。「ダートは走り方から向いていると思っていた。ゲート内ではうるさいと思うけど、ちゃんと出てくれれば。何とかいいレースをしてほしい」と期待を寄せた。

◆気合ノリノリ〔14〕ミューチャリー

 昨年の羽田盃を5馬身差で制した4歳馬は、船橋のダートコースをキャンターで2周。矢野義調教師は「前走は休み明けで気合が物足りなかったが、今はしっかり気合が乗っている。末脚を生かす競馬になると思う」と前走以上の雰囲気をアピールした。

◆人馬に期待大〔15〕ケイティブレイブ

 GI3勝の古豪は午後3時59分に現地へ到着。房野助手は「雰囲気は変わらない。近2走は馬のリズムではない競馬になった印象。長岡(騎手)には位置にこだわらず乗ってほしい。(GI初騎乗で)人生が変わる機会かもしれないし、そこに立ち会えるんだからね」と人馬に期待をかける。

◆状態は「一番」〔16〕ワンダーリーデル

 昨年の武蔵野Sの勝ち馬は、午後4時前に東京競馬場に到着。「(東京には)何回も来ているし、輸送はスムーズでいつもと変わりません。デキは確実に良くなっています。今、一番いいと思う」と吉田助手は期待を込める。

フェブラリーSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

 ナイス!(2
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

7月5日()
ラジNIK賞 G3
CBC賞 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

6月28日()
宝塚記念 G1
6月27日()
東京ジャンプ G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
106,381万円
2 オジュウチョウサン 牡9
77,453万円
3 キセキ 牡6
62,022万円
4 フィエールマン 牡5
57,306万円
5 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
6 ラッキーライラック 牝5
56,552万円
7 マカヒキ 牡7
56,210万円
8 クロノジェネシス 牝4
53,166万円
9 サートゥルナーリア 牡4
52,359万円
10 ワグネリアン 牡5
50,624万円
» もっと見る

3歳
1 コントレイル 牡3
47,260万円
2 デアリングタクト 牝3
29,389万円
3 サリオス 牡3
25,012万円
4 レシステンシア 牝3
20,813万円
5 ラウダシオン 牡3
17,541万円
6 タイセイビジョン 牡3
14,031万円
7 ヴェルトライゼンデ 牡3
12,845万円
8 ウインマリリン 牝3
12,321万円
9 スマイルカナ 牝3
10,778万円
10 オーソリティ 牡3
9,951万円
» もっと見る