最新競馬ニュース

【フェブラリー】アルクトス陣営、胸を張るデキ


©サンケイスポーツ


 1,740  4  0

【フェブラリー】アルクトス陣営、胸を張るデキ |競馬ニュース|ウマニティ

 フェブラリーSの追い切りが19日、東西トレセン、船橋競馬場で行われた。美浦では、アルクトスがPコースでしまい重点に5ハロン68秒4-12秒0と馬なりで上々の動きを披露。4戦4勝の東京ダートマイルで、GI制覇を狙う。

 少数だけど精鋭だ。2020年のJRAオープニングGIに出走する関東馬は2頭。その一翼をになうアルクトスが、Pコースで疾走。しまい重点に5ハロン68秒4、ラストも馬なりで1ハロン12秒0でまとめた。

 「時計も普通に出ているし、Pコースの動きはすごく良かった」

 デビュー4戦目から手綱を取り続ける主戦、田辺騎手が納得の表情を浮かべる。2週前のWコースでの動き(5ハロン68秒0=6日)には物足りなさを訴えていたが「Wコースでは動きが良くないと(厩舎)スタッフもお互いに感じていた。馬(の状態)じゃなく、ウッドチップが駄目と捉えたい」と結論づけ、万全の構えをアピールした。

 東京ダートマイルは4戦4勝。この舞台に限ってはエリート然とした足跡を残すが、栗田調教師は「3、4歳のころは調教やレースのダメージが右の背腰に残りやすく、ウイークポイントになっていた。しっかりしたのは前々走あたり」と振り返る。無理使いしないスタイルでたどり着いた、最高のステージ。

 「以前は水曜日に追い、週末に向けて回復させるメニューだったが、この中間は水、日曜と週2回追えている。今までになく順調に来ているし、課題らしい課題はない」と、トレーナーは胸を張って送り出す。馬名の由来は、ギリシャ語で北斗七星。満を持して迎える砂の頂上決戦で、まばゆい輝きを解き放つ。 (内海裕介)

フェブラリーSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

4月12日()
桜花賞 G1
4月11日()
NZT G2
阪神牝馬S G2

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

4月5日()
大阪杯 G1
4月4日()
ダービーCT G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
90,211万円
2 オジュウチョウサン 牡9
70,813万円
3 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
4 ラッキーライラック 牝5
56,552万円
5 マカヒキ 牡7
56,210万円
6 キセキ 牡6
55,914万円
7 ワグネリアン 牡5
50,624万円
8 サートゥルナーリア 牡4
50,059万円
9 フィエールマン 牡5
42,004万円
10 サングレーザー 牡6
41,309万円
» もっと見る

3歳
1 レシステンシア 牝3
11,585万円
2 サリオス 牡3
11,145万円
3 コントレイル 牡3
11,127万円
4 マルターズディオサ 牝3
9,736万円
5 タイセイビジョン 牡3
8,586万円
6 ヴェルトライゼンデ 牡3
7,463万円
7 サトノフラッグ 牡3
6,708万円
8 ラウダシオン 牡3
6,654万円
9 ワーケア 牡3
6,454万円
10 エーポス 牝3
6,438万円
» もっと見る