最新競馬ニュース

【共同通信杯】初タイトルへムード最高潮!ダーリントンホール


©サンケイスポーツ


 951  0  0

【共同通信杯】初タイトルへムード最高潮!ダーリントンホール |競馬ニュース|ウマニティ

 デキ100%、ダーリントンホールが初タイトルを奪い取る。

 昨夏のデビューから函館V→札幌3着→中山3着と、いかなるコースでも崩れていない。ただ、能力を最大限に発揮したパフォーマンスなのかと問われると、少々疑問も残る。

 とりわけ休み明けだった前走の葉牡丹賞。当初は予定していた東スポ杯2歳Sを見送るなど思うように体調が整わず、いわば良化途上といったムードがレース前から流れていた。それでいて、タイムが1分58秒9というハイレベルなレコード決着のなか、最速の上がり(3F35秒8)で食らいつき0秒2差3着。1番人気を裏切っても、むしろ非凡な勝負根性を再評価できる内容だった。

 年明け初戦の今回、ムードは急激に上向きだ。

 短期放牧で立て直したことが奏功して、この中間は先週の東京新聞杯を快勝したプリモシーンを圧倒する動きを見せるなどガラリと良化。12日の最終追いもWコース5F66秒9で僚馬をアオる手応えで併入し、「コントロールに問題はないし、フットワークも、反応もいい。体も大きくてムキムキだね」と、ルメール騎手もうれしそうな表情を浮かべていた。

 木村調教師にとってはプリモシーンに続く2週連続重賞制覇がかかる。「昨秋に比べ馬自身に活気があるし、食欲も旺盛だ。走りも本来のフォームを取り戻してきた。馬はいかに健康かが大事。前走も状態が良くないなかで良く走ったと思うけど、今回はそういった不安がない」と、V字回復へ手応えを隠さない。

 今年早くも17勝と絶好のスタートを切った“チーム・ゴドルフィン”。鮮やかなロイヤルブルーの勝負服が、長い直線を先頭で駆け抜ける。

 “究極の3連単”は1着にダーリントンを固定、2着に3戦3勝の○マイラプソディ、初戦圧巻だった▲フィリオアレグロを据えたフォーメーション10点だ。(夕刊フジ)



共同通信杯の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

 ナイス!(0
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

3月1日()
中山記念 G2
阪急杯 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

2月23日()
フェブラリー G1
小倉大賞典 G3
2月22日()
ダイヤモンド G3
京都牝馬S G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
90,211万円
2 オジュウチョウサン 牡9
66,681万円
3 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
4 マカヒキ 牡7
56,210万円
5 キセキ 牡6
55,914万円
6 ワグネリアン 牡5
49,274万円
7 サートゥルナーリア 牡4
43,273万円
8 フィエールマン 牡5
42,004万円
9 サングレーザー 牡6
41,309万円
10 モズアスコット 牡6
41,171万円
» もっと見る

3歳
1 サリオス 牡3
11,145万円
2 コントレイル 牡3
11,127万円
3 レシステンシア 牝3
10,271万円
4 タイセイビジョン 牡3
8,586万円
5 マイラプソディ 牡3
6,216万円
6 サンクテュエール 牝3
5,746万円
7 ダーリントンホール 牡3
5,574万円
8 コルテジア 牡3
5,555万円
9 ミヤマザクラ 牝3
5,468万円
10 マイネルグリット 牡3
5,467万円
» もっと見る