最新競馬ニュース

【姫路探訪録(2)】新しく生まれ変わった姫路競馬場


©サンケイスポーツ


 114  0  0

 改修工事が行われ、新しく生まれ変わった姫路競馬場。

内馬場の調節池の整備だけではなく、その他に場内も改装された。

 入場門から歩を進めると正面にはスタンドが。最前列はコースとの距離が近く、大迫力のレースが楽しめる。外観に大きな変化はなかったが、スタンドの傘が大きく、雨の日でも観戦しやすい造りとなっている。

 スタンド5階の指定席には、ペアシートやグループ席を完備。大人数の観戦でも快適。晴れていれば、スタンドコース側からは広嶺山が、パドックが見えるスタンド裏手側からは世界遺産、姫路城が見える造りになっており、景観も抜群。

 スタンドの内部がリニューアルされた一方で、パドックは以前の競馬場を生かした味のある造り。

 現在、地方競馬では出走馬名の掲示は電光掲示板が主流だが、姫路競馬場ではチョークによる手書き。特徴のあるフォントから遊び心もうかがえる。

 この珍しい光景に写真を撮るファンも多数。さらに、下地もゴムのような物で舗装されたものが主流だが、姫路競馬場は砂地。そのため他場のパドックでは下見終了後にボロを掃除する姿が見られるが、姫路競馬では砂を整備する珍しい光景を見ることができる。

 リニューアルされ現代的な進化を遂げた面と、古風な面が同居する姫路競馬場。古くからのファンには懐かしさを、若く新しい競馬ファンには新鮮さを与えてくれた。(梶房翼)



 ※次回は場内の競馬以外の娯楽施設を紹介します。

 ナイス!(0
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

3月1日()
中山記念 G2
阪急杯 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

2月23日()
フェブラリー G1
小倉大賞典 G3
2月22日()
ダイヤモンド G3
京都牝馬S G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
90,211万円
2 オジュウチョウサン 牡9
66,681万円
3 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
4 マカヒキ 牡7
56,210万円
5 キセキ 牡6
55,914万円
6 ワグネリアン 牡5
49,274万円
7 サートゥルナーリア 牡4
43,273万円
8 フィエールマン 牡5
42,004万円
9 サングレーザー 牡6
41,309万円
10 モズアスコット 牡6
41,171万円
» もっと見る

3歳
1 サリオス 牡3
11,145万円
2 コントレイル 牡3
11,127万円
3 レシステンシア 牝3
10,271万円
4 タイセイビジョン 牡3
8,586万円
5 マイラプソディ 牡3
6,216万円
6 サンクテュエール 牝3
5,746万円
7 ダーリントンホール 牡3
5,574万円
8 コルテジア 牡3
5,555万円
9 ミヤマザクラ 牝3
5,468万円
10 マイネルグリット 牡3
5,467万円
» もっと見る