最新競馬ニュース

【ズバリ!調教診断】東海S2020 ノースヒルズのステイゴールド産駒に重賞初制覇の好機!年齢を感じさせない健脚ぶりを示したシニスターミニスター産駒にも注目!


ウマニティ


 2,725  3  0

【ズバリ!調教診断】東海S2020 ノースヒルズのステイゴールド産駒に重賞初制覇の好機!年齢を感じさせない健脚ぶりを示したシニスターミニスター産駒にも注目! |競馬ニュース|ウマニティ

日曜日に行われる東海Sの出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


モズアトラクション
中間はいつも通りに栗東Bコースで調整。1週前に強めの負荷をかけ、当週は終い重点の内容を施した。集中してリズム良く駆けており、この馬なりに良い状態を維持している様子。ただ、追い込み一辺倒の脚質なので、上位進出には展開面の助けが欲しいところだ。

コマビショウ
22日に栗東坂路で実施した併せ馬が本追い切り。序盤の走りは悪くなかったものの、さあこれから、というところで僚馬にアッサリとかわされてしまったあたり、本調子にはほど遠い印象。前回よりも相手が強くなる重賞では手が出ない。

アングライフェン
栗東坂路で調整を重ね、22日の本追い切りでは4F53秒6、ラスト1F12秒2の時計を悠々とマーク。テンポ良くピッチの効いた走りを見せた。活気も程よく、デキは高いレベルで安定している印象。重賞タイトル奪取の好機とみる。

スマハマ
1週前に栗東坂路でしっかり負荷をかけたこともあって、当週は終いを軽く伸ばす程度の調整にとどめた。ただ、好調時と比べると迫力の面で今ひとつ。ラップのバランスも良いとは言えない。状態は下降線のように思える。

コスモカナディアン
中1週と間隔が詰まるが、美浦北馬場のCコースで5F68秒台半ばのタイムを記録。疲れは見られず、体調面の不安はなさそうだ。ただ、近3戦は不甲斐ないレースが続いており、それを覆すほどの上昇度があるとは思えない。ここも厳しい戦いが予想される。

アイファーイチオー
13日と16日にトラックの調教を施し、当該週は栗東坂路でそれなりの時計を出すなど、創意工夫がなされているものの、ここ2戦の大差負けから巻き返しを見込める内容とは言い難い。よほど展開に恵まれないと、出番は回ってこないだろう。

エアアルマス
1週前に栗東CWで1勝クラスの僚馬を圧倒。今週の坂路追いでは、4F52秒1、ラスト2F24秒4-12秒0の好ラップでマークした。攻め巧者なので過度の評価はできないが、中間の調整は順調そのもの。いい状態でレースを迎えられるのではないか。

マイネルクラース
22日に美浦Wで併せ馬を実施したが、直線でステッキが数発入るなど重苦しい動き。ニシノデイジーに後れをとったのはともかく、3歳未勝利馬に手応えで劣勢だったのはいただけない。変わり身に乏しく、苦戦は免れそうにない。

メイショウウタゲ
中3週で続戦できることは好材料の反面、栗東坂路で刻んだ時計は総じて地味。最終追いでは首を横に振る仕草を見せるなど、走ること自体に嫌気をさしているように映る。現状維持が精一杯の感は否めず、今回は見送りが正解だろう。

ロードアルペジオ
中1週のタイトなローテーションながら、栗東坂路で行われた今週の本追い切りでは、肩ステッキを数発入れるハードな内容を消化した。しかし、思いのほか進みが悪く、待つような素振りを見せていた僚馬に追走遅れを喫する始末。復調にはもう少し時間が必要かもしれない。

ビルジキール
22日に栗東坂路で4F52秒5を計時。少しレース間隔があいたことで攻めを強化してきた。頭の高い走りで集中力を欠いているように映るが、それはいつものこと。自身のパフォーマンスはきっちりと示している。昇級かつ初の古馬重賞挑戦だけに楽観視はできないものの、穴として一考の余地はありそうだ。

ヒストリーメイカー
この中間に栗東坂路で刻んだ時計は地味だが、好タイムをバンバン叩くタイプではなく、1週前に4F53秒7を記録していれば及第点。この馬なりに良い状態をキープしている。あとは、重賞の濃いメンツを相手に回し、自分のリズムで走れるかどうか。その点に尽きる。

インティ
今週の本追い切りは栗東坂路で施し、4F51秒8を計時した一方で、終い1Fは12秒9と少し要してしまった。好走時は12秒台前半に収めていることが多いだけに、気がかりな材料ではある。いい時と比べて登坂する姿も迫力を欠いており、思わぬ凡走も頭に入れておきたいところだ。

キングズガード
最終追いは栗東CWで併せ馬を実施。前回の最終追い時よりも6Fタイムを3秒ほど詰めてきた。老いてますます盛んなその健脚ぶりには驚かされる。重心を低く保ち集中して走る姿は目を引くものがあり、明け9歳という年齢だけで見限るのは早計。警戒を怠れない1頭といえよう。

ヴェンジェンス
1週前に栗東坂路で4F52秒6の時計をマーク。当週は終いにかけて軽く仕掛ける程度の内容にとどめたが、この馬なりの前進気勢は感じたし、ストライドもしっかりと伸びており、いい状態をキープしている印象。みやこS時のように注文が叶えば、末脚爆発のシーンも十分にあり得る。

ヒロブレイブ
1月13日のすばるSから中1週ということもあって、速い時計は出さず軽めの調整。上昇度に乏しく、相手強化の重賞で好結果を見込めるかどうかについては、おおいに疑問。ましてや不振続きの近走。劣勢は否めないだろう。



ウマニティ重賞攻略チーム

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

6月7日()
安田記念 G1
6月6日()
鳴尾記念 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

5月31日()
日本ダービー G1
目黒記念 G2
5月30日()
葵ステークス 重賞

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
101,093万円
2 オジュウチョウサン 牡9
77,453万円
3 フィエールマン 牡5
57,306万円
4 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
5 ラッキーライラック 牝5
56,552万円
6 マカヒキ 牡7
56,210万円
7 キセキ 牡6
55,914万円
8 ワグネリアン 牡5
50,624万円
9 サートゥルナーリア 牡4
50,059万円
10 インディチャンプ 牡5
43,167万円
» もっと見る

3歳
1 コントレイル 牡3
47,260万円
2 デアリングタクト 牝3
29,389万円
3 サリオス 牡3
25,012万円
4 レシステンシア 牝3
20,813万円
5 ラウダシオン 牡3
17,541万円
6 タイセイビジョン 牡3
14,031万円
7 ヴェルトライゼンデ 牡3
12,845万円
8 ウインマリリン 牝3
12,321万円
9 オーソリティ 牡3
9,951万円
10 マルターズディオサ 牝3
9,736万円
» もっと見る