最新競馬ニュース

【ズバリ!調教診断】AJCC2020 戸田厩舎のノヴェリスト産駒が絶好のデキ!昨秋のオールカマーの覇者も好気配!


ウマニティ


 3,299  3  0

【ズバリ!調教診断】AJCC2020 戸田厩舎のノヴェリスト産駒が絶好のデキ!昨秋のオールカマーの覇者も好気配! |競馬ニュース|ウマニティ

日曜日に行われるAJCCの出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


ウラヌスチャーム
22日に美浦Wで行われた併せ馬では、直線入り口でモタつくところを見せたものの、中盤から盛り返すと手応え優勢のままゴール。スピードに乗ったあとの走りは迫力があった。力を出せる状態にありそうだが、骨っぽい牡馬を相手に先んじるのは楽ではない。上位進出には道中の巧みな立ち回りが求められよう。

ラストドラフト
この中間は美浦Wで調整。22日の最終追い切りでは、単走ながらもリズミカルに首を使って小気味よいフットワークを披露した。ハツラツとした身のこなしは目を引くものがあり、前回よりもデキが上向いているのは明らか。首位争いを意識できる態勢とみる。

ミッキースワロー
昨年末から入念に乗り込み、22日に行われた美浦Wの追い切りでは、鞍上に促されるとグッとスピードに乗って、キレのある動きを披露した。ただ、序盤のバタバタとした走りをみるに、昨年の好調時と比べると物足りない面があるのも確か。過度の信頼を置くのは危険かもしれない。

マイネルフロスト
22日に美浦坂路でマイネルサーパスと併せ馬を実施。併入を果たした一方で、刻んだ時計は平凡そのもの。順調にレースを使える点は好感が持てるものの、約1年ぶりの実戦を叩いた効果は薄そう。前回よりも相手が一段と強化されるだけに、苦戦は免れそうにない。

スティッフェリオ
暮れの有馬記念を使ったあとは放牧に出すことなく栗東に在厩。いつも通りに坂路で調整を積み、22日の本追い切りでは前半から気持ちの入った走りで、昨秋の産経賞オールカマー(1着)時の最終追いと遜色ないパフォーマンスを示した。好気配。

クロスケ
1週前に美浦Wで負荷強めのメニューを消化。当週は同じくWコースで単走追いを施し、馬場の外めをリズム良く駆け抜けた。この馬なりの状態にはありそうだが、芝のレースに対応できるほどの軽さは感じられなかった。ダートでも勝ち切れない現状を鑑みると、芝の重賞では足りないだろう。

ルミナスウォリアー
22日に美浦Wで実施した3頭併せでは最内を進み、懸命に追われたものの外の2頭にに後れをとってしまった。年を重ねて、よりズブさが目につくようになっている。底上げは見込めそうになく、往時のパフォーマンスを望むのは厳しい。

グローブシアター
年末に帰栗後は、坂路とトラックを織り交ぜて念入りに調整。22日のCW追いでは、馬場の外めを最後までしっかりとした脚取りで走り切った。とはいえ、中間に刻んだ時計は総じて地味。次につながるレースができれば、というのが正直なところではないか。

ニシノデイジー
中間は熱心にケイコを積み、22日に美浦Wで実施した3頭併せでは、馬場の真ん中から追走し、直線に入ると楽に抜け出して僚馬を置き去りにした。前進気勢に満ちた走りからコンディションの良さが伝わってくる。自分の力を出し切れば、久々の重賞制覇も夢ではない。

ステイフーリッシュ
栗東坂路の1週前追いではビッシリ攻めたものの、重苦しい動きで新馬に併走遅れを喫してしまった。しかし、22日の坂路追いでは一転して4F52秒1のタイムを余力残しで記録。いい頃の素軽さが戻ってきている。このひと追いで気合が乗ってくれば、面白い存在になりそうだ。

ブラストワンピース
1月4日に美浦へ帰厩。1週前に美浦Wで6F79秒台の速い時計を出して強めの負荷をかけ、今週は5F68秒弱のタイムで息を整える程度の調整を施した。懸念された欧州遠征の疲れはうかがえず、迫力あふれるフォームは貫禄十分。動ける態勢とみていい。

サトノクロニクル
22日に栗東坂路で4F52秒4、終い2F24秒6-12秒1の好ラップをマーク。ブランクを感じさせない走りを披露した。その一方で、休養前はトラックでも速い攻めを施していたのに対し、今回は坂路のみの調整。実戦で息がもつかどうかの不安は募る。無事に完走することを主眼に置いたレースになるかもしれない。



ウマニティ重賞攻略チーム

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

3月1日()
中山記念 G2
阪急杯 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

2月23日()
フェブラリー G1
小倉大賞典 G3
2月22日()
ダイヤモンド G3
京都牝馬S G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
90,211万円
2 オジュウチョウサン 牡9
66,681万円
3 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
4 マカヒキ 牡7
56,210万円
5 キセキ 牡6
55,914万円
6 ワグネリアン 牡5
49,274万円
7 サートゥルナーリア 牡4
43,273万円
8 フィエールマン 牡5
42,004万円
9 サングレーザー 牡6
41,309万円
10 モズアスコット 牡6
41,171万円
» もっと見る

3歳
1 サリオス 牡3
11,145万円
2 コントレイル 牡3
11,127万円
3 レシステンシア 牝3
10,271万円
4 タイセイビジョン 牡3
8,586万円
5 マイラプソディ 牡3
6,216万円
6 サンクテュエール 牝3
5,746万円
7 ダーリントンホール 牡3
5,574万円
8 コルテジア 牡3
5,555万円
9 ミヤマザクラ 牝3
5,468万円
10 マイネルグリット 牡3
5,467万円
» もっと見る