最新競馬ニュース

【AJCC】20年始動戦ブラストGI馬の威厳示す!


©サンケイスポーツ


 1,389  1  0

【AJCC】20年始動戦ブラストGI馬の威厳示す! |競馬ニュース|ウマニティ

 今週は冬の中山を締めくくるGII「第61回AJCC」(26日)が行われる。注目はブラストワンピース。GI馬の肩書は今年のメンバーでは明らかに格上といっていい。昨秋の凱旋門賞11着以来だけに仕上がりがポイントになるが、’18有馬記念馬の威厳を示したいところだ。

 苦杯をなめたパリロンシャンから3カ月以上が過ぎ、いよいよブラストワンピースが伝統の中山GIIで再始動。一昨年のGPホースが気持ちを新たにリスタートだ。

 アウェーは想像以上に厳しかった。日の丸を背負って挑んだ凱旋門賞はブービー11着。「スタートして間もなく手応えがなくなった」と大竹調教師が振り返るように、独特のタフな重馬場に対応できずに消耗。欧州勢に歯が立たなかった。

 激戦の影響は残り、帰国後は疲労回復に手間取った。陣営は心身のショックを取り除くことを優先し、連覇がかかる有馬記念をパス。復帰を年明けに定め、1月4日に美浦に帰厩した。

 丹念に乗り込まれ、16日のWコースでは7馬身先行したマサノアッレーグラに半馬身先着。馬なりの1勝クラスを引き離せなかったのは、「帰厩時が過去最高の560キロ台。まだ腹回りに余裕がある。このひと追いで変わってくれないと」。それでもマークした6F79秒6はこの日の一番時計だからさすがGI馬だ。

 ただ、AJCCはGI馬に優しくない。99年スペシャルウィーク以来勝っておらず、15年ゴールドシップ(7着)も、昨年のフィエールマン(2着)も敗れた。ブラストはスカッと五輪イヤーをV発進で決められるか。まずは今週の最終追いで、本来のダイナミックな走りを取り戻したい。(夕刊フジ)

★アメリカJCCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

 ナイス!(1
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

3月1日()
中山記念 G2
阪急杯 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

2月23日()
フェブラリー G1
小倉大賞典 G3
2月22日()
ダイヤモンド G3
京都牝馬S G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
90,211万円
2 オジュウチョウサン 牡9
66,681万円
3 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
4 マカヒキ 牡7
56,210万円
5 キセキ 牡6
55,914万円
6 ワグネリアン 牡5
49,274万円
7 サートゥルナーリア 牡4
43,273万円
8 フィエールマン 牡5
42,004万円
9 サングレーザー 牡6
41,309万円
10 モズアスコット 牡6
41,171万円
» もっと見る

3歳
1 サリオス 牡3
11,145万円
2 コントレイル 牡3
11,127万円
3 レシステンシア 牝3
10,271万円
4 タイセイビジョン 牡3
8,586万円
5 マイラプソディ 牡3
6,216万円
6 サンクテュエール 牝3
5,746万円
7 ダーリントンホール 牡3
5,574万円
8 コルテジア 牡3
5,555万円
9 ミヤマザクラ 牝3
5,468万円
10 マイネルグリット 牡3
5,467万円
» もっと見る