最新競馬ニュース

【京成杯】“出世レース”エリカ賞で快記録Vヒュッゲ


©サンケイスポーツ


 1,093  0  0

【京成杯】“出世レース”エリカ賞で快記録Vヒュッゲ |競馬ニュース|ウマニティ

 勝算ありの関東遠征を狙い撃つ。西の常勝軍団が送り込む◎ヒュッゲで2週連続的中だ。

 栗東の名門・友道厩舎は昨年の2歳戦において、【12・8・5・15】連対率5割と驚異的な成績をマーク。ラインアップの充実ぶりはアドマイヤマーズ香港マイルなどGI3勝)、ワールドプレミア菊花賞)を擁した昨年の3歳世代と比較しても見劣りしない。精鋭ぞろいのなかから、指揮官が舞台適性を見込んで京成杯へ差し向けてきたのがこの馬だ。

 「小回りでコーナー4つのコースが合っているからね。いかにも皐月賞向きのタイプだと思う。ここでいい競馬をするようなら本番も楽しみ」

 後方から進んだ初戦こそ6着に終わったが、そのあとは逃げて連勝。特に前走・エリカ賞は“レースレコード”の2分0秒6(良)で走破した。エリカ賞といえば、歴代の勝ち馬からキングカメハメハなど7頭のGIホースが誕生している出世レース。そこでの快記録Vは高い資質の証明に他ならない。前5年で4コーナー3番手以内につけた馬が3勝しているだけに、先行力は大きな武器になるはずだ。

 15日の坂路は余裕残しで古馬に2馬身先着。「動きに余裕があったし、体調は良さそう」と和田騎手は好感触を伝える。前走でハナを切った馬が他に2頭いるだけに兼ね合いが気になるところだが、「自分のペースで行ければハナにはこだわらない。中山も合うと思う」と大きく構えている。馬名の意味はデンマーク語で「居心地のよい雰囲気」。ちょうど3カ月後の第1冠を見据えて、中山芝2000メートルを自分の“庭”にする。

 “究極の3連単”はヒュッゲを1着に固定。注目のスカイグルーヴはキャリアの浅さと牝馬苦戦のレース傾向から▲にとどめる。2、3着には同じくハイレベルなエリカ賞組の〇ディアスティマを置いた計10点で勝負だ!(夕刊フジ)



京成杯の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

 ナイス!(0
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

2月23日()
フェブラリー G1
小倉大賞典 G3
2月22日()
ダイヤモンド G3
京都牝馬S G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

2月16日()
京都記念 G2
共同通信杯 G3
2月15日()
クイーンC G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
90,211万円
2 オジュウチョウサン 牡9
66,681万円
3 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
4 マカヒキ 牡7
56,210万円
5 キセキ 牡6
55,914万円
6 ワグネリアン 牡5
49,274万円
7 サートゥルナーリア 牡4
43,273万円
8 フィエールマン 牡5
42,004万円
9 サングレーザー 牡6
41,309万円
10 ゴールドドリーム 牡7
40,700万円
» もっと見る

3歳
1 サリオス 牡3
11,145万円
2 コントレイル 牡3
11,127万円
3 レシステンシア 牝3
10,271万円
4 タイセイビジョン 牡3
8,586万円
5 マイラプソディ 牡3
6,216万円
6 サンクテュエール 牝3
5,746万円
7 ダーリントンホール 牡3
5,574万円
8 コルテジア 牡3
5,555万円
9 ミヤマザクラ 牝3
5,468万円
10 マイネルグリット 牡3
5,467万円
» もっと見る