最新競馬ニュース

【血統アナリシス】シンザン記念2020 ヨシダの半妹に注目!タフさを問われる競馬ならストロングリターン産駒にもチャンスあり!

ウマニティ

 3,351

【血統アナリシス】シンザン記念2020 ヨシダの半妹に注目!タフさを問われる競馬ならストロングリターン産駒にもチャンスあり! |競馬ニュース|ウマニティ

日曜日に行われるシンザン記念の出走馬について、血統的な舞台適性の有無を1頭ずつシンプルに考察していきます。予想の際にお役立てください。


サンクテュエール
父のディープインパクトは京都芝マイル重賞の活躍馬を多数輩出し、母のヒルダズパッションは米G1バレリーナSを含む重賞5勝馬。字面の配合については文句のつけようがない。全兄2頭は重賞に手が届いていないものの、半兄のヨシダは米G1を2勝。母系の底力と活力の面で劣ることはない。冬場の時計を要する馬場が課題になりそうだが、ヌレイエフとサドラーズウェルズのニアリークロスを擁する母の血統構成をみるに、あっさりこなしてしまう可能性もある。有力候補の1頭であることは間違いない。

ヴァルナ
父のエピファネイアは大箱コースのG1を2勝。母の半兄にあたるアルビレオは当レースと同時期に行われる、スポーツニッポン賞京都金杯で2着1回、3着1回と高い舞台適性を示した。そのあたりを鑑みると、京都内芝2000m→京都外芝1600mの舞台替わりはプラスに作用する可能性もある。3代母に英1000ギニー勝ち馬を擁する牝系についても筋が通っており、前走の大敗だけで見限れない面があるのは確か。あまりにも人気がないようなら、連下に加えてみるのも面白いかもしれない。

コルテジア
母は芝1400mで2勝、祖母は芝マイル以下で6勝というスピードに長けた牝系。その母方にジャングルポケットシンボリクリスエスを重ねて産まれたのが本馬である。マイルレンジの持続力勝負で能力を発揮するタイプだろう。その点、適度に上がりを要する冬の京都マイルは悪くない条件といえる。ただし、馬力優位の構成ゆえに、速い脚に欠けるのが難点。好結果を残すには、馬場悪化など上がりを要する状況、あるいは早めに仕掛けて後続に脚を使わせる展開利がほしい。

タガノビューティー
半兄にNHKマイルC2着のタガノブルグ、一族には愛G1勝ち馬がいる。父ヘニーヒューズの産駒には芝・ダ兼用型も多くみられることから、本馬は半兄同様の、芝でも能力を損なわないタイプだろう。反面、父ストームバード系の当該コース成績が芳しくないのは懸念材料。同じ父系のエーシントップが2013年の当レースを制しているものの、それを最後に父ノーザンダンサー系から勝ち馬が出ていないのも気になるところだ。バッサリとはいかないまでも、勝ち切れない場面は想定しておいたほうがいいだろう。

オーマイダーリン
母のラブームは現役時にフランスの中距離重賞を2勝。母父であるモンズーンは優れた底力を伝え、成功を収めている万能型。その母系にディープインパクトを重ねているのだから、潜在しているポテンシャルだけなら、ここに入ってもトップクラスに位置する。父と母父の本質を踏まえると、もう少し距離が延びたほうがいいのかもしれないが、展開利が多少なりともあったとはいえ、京都内回りのマイル戦を勝ち上がっているのは事実。3歳馬同士の争い、かつ直線の長い京都外回りなら好戦可能とみる。

プリンスリターン
父のストロングリターンは2018年の2着馬ツヅミモンを輩出。同馬と本馬は、ニジンスキーのインブリード、ならびにスタミナ型サンデーサイレンス系種牡馬を母父に持つ点でも共通する。近い親族にコレといった実績馬はいないが、本馬自身すでにG3の好走歴があり、朝日杯FSでも5着と健闘している。馬齢限定のG3ならば、大きな差はないものと考えたい。瞬発力勝負になると辛い面がある一方で、タフさを問われる展開と化せば争覇圏内まで視野に入る。無印にはできない存在だ。

ディモールト
母のオールザットジャズ福島牝馬Sで2勝、近親にはフロリダダービーの勝ち馬がいる筋の通った牝系の出自。母方に当レースの活躍血脈のひとつであるダンチヒを内包している点も好感が持てる。一発の魅力を秘めた構成ではあるが、父産駒の当該コース成績が奮わないのは心配材料。加えて、自己条件のダート戦で大敗を喫したレースぶりをみるに、1ハロンの距離延長+相手強化の芝重賞でパフォーマンスを上げてくることは考えづらい。今回は厳しい戦いが予想される。

カバジェーロ
父は2年連続で勝ち馬を輩出しているロードカナロアで、母父のダンスインザダークは当レースの好走血統のひとつ。字面の構成的に不安はない。その一方、祖母を基点とする親族の重賞好走歴を確認すると、祖母の小倉3歳S3着が最たる存在。ここに入ると活力不足の印象を受ける。さかのぼると、一族に仏G1勝ち馬がいるものの、マイル重賞で即通用の根拠には乏しい。父と母父の相性の良さを認めたうえで、連下の押さえまで、という評価にとどめておくのが妥当だろう。

ルーツドール
母はスーパークリークを輩出した父系に、ファバージ系×リュティエ系を重ねた、コテコテの欧州血統。一見すると鈍重な配合に映るが、その重さをジャスタウェイと交配することで解消。マイルでも対応可能のタイプに仕上がっている。欧州系で固められた母系をみるに、適度に力を要する冬場の京都芝コースは悪くないはず。伊G1勝ち馬の母を持ち、半兄にフィエールマンを擁するファミリーについても申し分がない。軽くは扱えない1頭だ。

ヒシタイザン
父は優れた持続力を武器に京都新聞杯を制したトーセンホマレボシ。その父にブライアンズタイム×ホワイトマズル配合の母を組み合わせているのだから、本馬が搭載しているスピードの持続力はかなりのもの。持続質の競馬になりがちなシンザン記念のレース質は歓迎のクチだろう。オークス馬のスマイルトゥモローを祖母に擁する母方の系譜も悪くなく、前走の敗戦を引きずることがなければ、チャンスはおおいにある。



ウマニティ重賞攻略チーム

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

2月2日()
根岸S G3
シルクロード G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

1月26日()
AJCC G2
東海S G2

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
90,211万円
2 スワーヴリチャード 牡6
89,132万円
3 オジュウチョウサン 牡9
66,681万円
4 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
5 マカヒキ 牡7
56,210万円
6 キセキ 牡6
55,914万円
7 ワグネリアン 牡5
49,274万円
8 サートゥルナーリア 牡4
43,273万円
9 フィエールマン 牡5
42,004万円
10 サングレーザー 牡6
41,309万円
» もっと見る

3歳
1 サリオス 牡3
11,145万円
2 コントレイル 牡3
11,127万円
3 レシステンシア 牝3
10,271万円
4 タイセイビジョン 牡3
8,586万円
5 サンクテュエール 牝3
5,746万円
6 マイラプソディ 牡3
5,646万円
7 マイネルグリット 牡3
5,467万円
8 ビアンフェ 牡3
5,447万円
9 プリンスリターン 牡3
5,311万円
10 スマイルカナ 牝3
5,281万円
» もっと見る