最新競馬ニュース

【有馬記念】WORLD WIDEなアーモンド包囲網!


©サンケイスポーツ


 2,075  4  0

【有馬記念】WORLD WIDEなアーモンド包囲網! |競馬ニュース|ウマニティ

 22日に行われる有馬記念(中山競馬場、GI、芝2500メートル)は昨年まで、外国人騎手が9年連続で3着以内の活躍を演じている。今年の注目はGI2勝馬サートゥルナーリアに騎乗するクリストフ・スミヨン騎手(38)=ベルギー出身、フランス拠点=と、ジャパンC優勝スワーヴリチャードのオイシン・マーフィー騎手(24)=アイルランド出身、英国拠点。ともに前走で騎乗しパートナーの特徴を把握しており、年末の大一番に闘志を燃やしている。

◆スミヨン、サートゥルで挑む3度目の正直

 “三度目の正直”を果たすときがきた。スミヨン騎手は過去2度、有馬記念に参戦して2010年ブエナビスタで2着、12年スカイディグニティで5着。10年は猛烈な追い込みを見せたが、先行策から巧みに抜け出したヴィクトワールピサにハナ差、及ばなかった。

 「有馬記念は一番強い馬が勝つビッグレース。気が抜けないレースだよ。ジャパンCと同じで、レース当日は歓喜にあふれているよ」

 コンビを組む今年の皐月賞サートゥルナーリアは「これまでに乗った馬のなかで最高クラス」とほれ込む素質馬だ。中山芝2500メートルはトリッキーなコースで知られるが、過去の騎乗で熟知。勝利へのプランは、でき上がっている。

 「(スタートからコーナーが近いから)最初にスピードに乗る必要がある。日本の他のレースとは違うね。いいコンディションでないといけないし、スピード、スタミナも必要。馬場状態も合っていないといけない。右回りも得意にしていないとね」

 サートゥルナーリアは右回りで5戦5勝。ホープフルS皐月賞と中山で走った2戦でGIを制しているコース巧者だ。

 「長い距離だけど、ポジションを取りに行かないといけないレース。とても難しいトラックで器用さが必要だけど、サートゥルナーリアには大丈夫じゃないかな」

 11日に滋賀県・栗東トレセンのCWコース(ウッドチップ)で行った1週前追い切りに騎乗し、5ハロン69秒6-11秒6をマーク。「前回と同じくらい、非常にいい状態。ポテンシャルは高いから、ちゃんと走ってくれればね」と好仕上がりを確認した。

 前走の天皇賞・秋はゲート入り前にテンションが上がり、全能力を発揮できず。アーモンドアイに及ばず6着に敗退したが、ラッキーライラックエリザベス女王杯を制すなど、この秋の日本でも手腕を存分に見せつけている世界の名手は、相棒の底力を信じている。

◆マーフィー、スワーヴと挑むGI連覇

 ジャパンCに続くGI連覇を成し遂げたい。マーフィー騎手は、スワーヴリチャードと挑むグランプリに意欲満々だ。

 「彼(スワーヴリチャード)自身が、大きいレースを勝ったことを実感しているようですね。すごいメンバーが集まりましたが、感触では、有馬でもいい競馬をしてくれると思っています」

 前走のジャパンCは(5)番枠から内にこだわり、直線では最内から力強く抜け出してV。初めての騎乗ながらパートナーを巧みに導いた。JRAでのGIも初制覇となり、思い出深い1勝だ。

 12日の1週前追い切りは自ら手綱を取り、滋賀県・栗東トレセンの坂路で4ハロン50秒1-12秒2の好時計をマーク。「すごく良かった。あの時計で楽に動けていたし、もう一段階ギアがあって、いつでも入れられる感じがありました」と好感触。信頼は、揺るがない。

 直線が長くて広い東京芝2400メートルから、小回りでコーナーが6回の中山芝2500メートルへ舞台は替わるが、心配は無用。「右回りのGI(昨年の大阪杯)を勝っているし、馬のバランスがいい。中山コースはトリッキーだけど、心配していません」と胸を張る。

 初めて短期免許を取得して臨んだ昨年の有馬記念は、ミッキーロケットで4着。24歳の“若き天才”が2度目のグランプリで大輪を咲かせようとしている。

◆ムーア、キセキとコンビ

 キセキのライアン・ムーア騎手(36)は英国を拠点に活躍。23歳で英国リーディングを取るなど、早くから才能を発揮して、世界的な名声を得ていた。2010年に英国馬スノーフェアリーエリザベス女王杯を制したのが、JRA・GI初制覇。その年に短期免許を取得。以降、欧州がオフシーズンの秋に来日している。現在もアイルランドの名門A・オブライエン厩舎の主戦騎手として世界中の大レースに騎乗。先週の朝日杯FSサリオスで勝ったばかりだが、日本でもジェンティルドンナジャパンCモーリスでのGI2勝など、その手腕はファンも周知のところだ。

◆レーン、リスと頂点へ

 リスグラシューのダミアン・レーン騎手(25)はオーストラリアが拠点。日本から移籍したブレイブスマッシュやトーセンスターダムに騎乗するなど、日本競馬との縁もある。本人も日本競馬に関心が高く、今年の春に初めて短期免許を取得すると、重賞6勝の大活躍。ヴィクトリアマイルノームコアで、宝塚記念リスグラシューで勝ち、短期免許を取得した外国人騎手として初めて、来日初年度にGI制覇の偉業を達成した。

★止められないのが名手ルメール&アーモンド

 アーモンドアイに騎乗するクリストフ・ルメール騎手(40)は、フランスで実績を積み2002年から短期免許で来日。05年の有馬記念ではハーツクライとのコンビで当時無敗のディープインパクトを破った。15年にJRAの騎手免許を取得。昨年はJRA年間215勝の新記録を樹立し2年連続のリーディングジョッキーに輝いた。アーモンドアイは17日、茨城県・美浦トレセンのWコースで軽めの調整。ルメール騎手は、18日の追い切りに騎乗予定。

有馬記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

4月12日()
桜花賞 G1
4月11日()
NZT G2
阪神牝馬S G2

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

4月5日()
大阪杯 G1
4月4日()
ダービーCT G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
90,211万円
2 オジュウチョウサン 牡9
70,813万円
3 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
4 ラッキーライラック 牝5
56,552万円
5 マカヒキ 牡7
56,210万円
6 キセキ 牡6
55,914万円
7 ワグネリアン 牡5
50,624万円
8 サートゥルナーリア 牡4
50,059万円
9 フィエールマン 牡5
42,004万円
10 サングレーザー 牡6
41,309万円
» もっと見る

3歳
1 レシステンシア 牝3
11,585万円
2 サリオス 牡3
11,145万円
3 コントレイル 牡3
11,127万円
4 マルターズディオサ 牝3
9,736万円
5 タイセイビジョン 牡3
8,586万円
6 ヴェルトライゼンデ 牡3
7,463万円
7 サトノフラッグ 牡3
6,708万円
8 ラウダシオン 牡3
6,654万円
9 ワーケア 牡3
6,454万円
10 エーポス 牝3
6,438万円
» もっと見る