最新競馬ニュース

【覆面記者の耳よりトーク】朝日杯FS

©サンケイスポーツ

 2,255

【覆面記者の耳よりトーク】朝日杯FS |競馬ニュース|ウマニティ

 今週の『覆面記者の耳よりトーク』は、朝日杯FSを徹底取材。先行&内有利の馬場状態を味方に逃げ切りを図るビアンフェを支持する声が多かった。重賞ウイナーのサリオスは初の長距離輸送が割引材料として挙がった。

 記者A 阪神JFは馬連1万円をズバリ的中。連勝で有馬記念ウイークにつなげたいところやな。

 記者B サリオスが断然の人気になりそうですが、X調教師は「阪神JFがまさにやったけど、何が起こるか分からんのが2歳戦。長距離輸送、多頭数は初めてで、絶対的な信頼は置けん」と懐疑的でした。

 記者C ビアンフェレシステンシアのような“圧逃劇”を期待しようやないか。V騎手は「今の阪神は本当に馬場がいい。今週も内と前が有利な傾向は変わらないよ」と。〔1〕枠(2)番と絶好枠を引いて、ここもすんなり先手が奪えそう。V舞台は整いました。

 記者D 2歳コースレコード決着の前走は2着やったけど、ビアンフェの走破時計も従来の記録を上回っていたからな。Q助手は「パワーアップした感じで、馬っぷりの良さに父キズナのDNAを感じるね」と絶賛やった。

 記者A 6番人気で2着に食い込んだマルターズディオサのようなヒモ穴候補はウイングレイテストや。Z厩務員は「前走は明らかにここを見据えた“前哨戦仕上げ”やったからな。長距離輸送を経てそれなりの結果を出した経験は大きいで」と猛プッシュやった。

 記者B タイセイビジョンには辛口ジャッジが続出でした。P助手が「前回もよく勝ったなというほどのイレ込みやった。重賞を勝ったのにルメールが続けて乗らんのは、そういうことやろ」と。V調教師も「テンションが上がらないように、攻め馬を加減しているのがどうか。まだ鍛えるべき時期やからな」と指摘していました。

 記者D 今週も一筋縄ではいかなさそうやな。馬連(2)-(6)(7)(3)(4)(8)(12)(13)(16)、3連単1頭軸マルチ(2)→(6)(7)(3)(4)(8)(12)(13)(16)で大もうけするでぇ!!



朝日杯FSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

1月26日()
AJCC G2
東海S G2

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

1月19日()
日経新春杯 G2
京成杯 G3
1月18日()
愛知杯 G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
90,211万円
2 スワーヴリチャード 牡6
89,132万円
3 オジュウチョウサン 牡9
66,681万円
4 マカヒキ 牡7
56,210万円
5 キセキ 牡6
55,914万円
6 ブラストワンピース 牡5
50,950万円
7 ワグネリアン 牡5
49,274万円
8 サートゥルナーリア 牡4
43,273万円
9 フィエールマン 牡5
42,004万円
10 サングレーザー 牡6
41,309万円
» もっと見る

3歳
1 サリオス 牡3
11,145万円
2 コントレイル 牡3
11,127万円
3 レシステンシア 牝3
10,271万円
4 タイセイビジョン 牡3
8,586万円
5 サンクテュエール 牝3
5,746万円
6 マイラプソディ 牡3
5,646万円
7 マイネルグリット 牡3
5,467万円
8 ビアンフェ 牡3
5,447万円
9 プリンスリターン 牡3
5,311万円
10 スマイルカナ 牝3
5,281万円
» もっと見る