最新競馬ニュース

【秋華賞】道悪巧者ダムゼルが波乱呼ぶ


©サンケイスポーツ


 2,411  2  0

【秋華賞】道悪巧者ダムゼルが波乱呼ぶ |競馬ニュース|ウマニティ

 今年の秋華賞は、台風19号の接近が混戦模様に拍車をかけている。週末の京都競馬場(京都市伏見区)周辺は、土曜から日曜の朝まで雨予報。道悪必至の状況で浮上するのが、サトノダムゼルだ。3戦3勝とキャリアは浅いが、重馬場で2勝を挙げる道悪巧者。ディープ産駒の良血が波乱を巻き起こす。

 桜花賞馬、オークス馬不在のメンバー構成のうえ、週末には台風19号が列島接近と、文字通り風雲急を告げる秋華賞。馬場悪化が避けられそうにないなか、デビュー3連勝の素質馬サトノダムゼルが2006年カワカミプリンセス以来史上2頭目の無敗制覇を狙う。

 キャリア3戦のうち2戦が重馬場という“雨女”だ。6月23日の遅いデビュー戦で経験馬相手に快勝。前走・白井特別は上がり最速の末脚で、先に抜け出していた2着馬をゴール前で捕らえた。鞍上のM・デムーロ騎手が「まだ余裕があった」と振り返るように、着差以上の強さだった。

 森助手は「本質的には良馬場がいい」と前置きしつつ、「気性が前向きなので道悪でも走れているのでは。走らせると気持ちが入る」と分析。鞍上も「真面目な馬で競馬がどんどん上手になっている」と証言する。他の馬が音を上げるような厳しいシチュエーションは、持ち前の強靱(きょうじん)なメンタルを生かすのにもってこいだ。

 追い切り翌日の10日は、厩舎周辺で1時間の引き運動を消化。「カイ食いが少し落ちていますけど、落ち着きがありますし、馬体もいいです」と森助手。父はディープインパクトで、ケンタッキーダービー&ドバイワールドC勝ちのアニマルキングダムを半兄に持つ、世界的な良血馬。秋華賞史上最少のデビュー4戦目でのVをかなえる下地は十分だ。泥だらけのど根性娘が、亡き父に没後初のGI制覇を届ける。 (漆山貴禎)

秋華賞の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

関連キーワード

 ナイス!(2
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

5月31日()
日本ダービー G1
目黒記念 G2
5月30日()
葵ステークス 重賞

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

5月24日()
オークス G1
5月23日()
平安S G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
101,093万円
2 オジュウチョウサン 牡9
77,453万円
3 フィエールマン 牡5
57,306万円
4 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
5 ラッキーライラック 牝5
56,552万円
6 マカヒキ 牡7
56,210万円
7 キセキ 牡6
55,914万円
8 ワグネリアン 牡5
50,624万円
9 サートゥルナーリア 牡4
50,059万円
10 インディチャンプ 牡5
43,167万円
» もっと見る

3歳
1 デアリングタクト 牝3
29,389万円
2 コントレイル 牡3
24,590万円
3 レシステンシア 牝3
20,813万円
4 ラウダシオン 牡3
17,541万円
5 サリオス 牡3
16,249万円
6 タイセイビジョン 牡3
14,031万円
7 ウインマリリン 牝3
12,321万円
8 オーソリティ 牡3
9,951万円
9 マルターズディオサ 牝3
9,736万円
10 ガロアクリーク 牡3
9,475万円
» もっと見る