最新競馬ニュース

【府中牝馬S】レース展望


©サンケイスポーツ


 1,658  5  0

【府中牝馬S】レース展望 |競馬ニュース|ウマニティ

 東京では3日間開催最終日の14日に府中牝馬S(GII、芝1800メートル)が行われる。1着馬にエリザベス女王杯(11月10日、京都、GI、芝2200メートル)の優先出走権が与えられる重要な一戦で、2016年の優勝馬クイーンズリング、昨年2着のリスグラシューは本番を制覇しているが、今年はマイラータイプの有力馬が目立つ。

 プリモシーン(美浦・木村哲也厩舎、4歳)は今年の3戦はいずれもマイル戦で、勝てないまでもダービー卿チャレンジT2着、ヴィクトリアマイル2着、中京記念3着と安定。200メートルの延長がポイントになるが、大崩れすることはなさそうだ。

 一昨年の阪神ジュベナイルフィリーズ優勝馬ラッキーライラック(栗東・松永幹夫厩舎、4歳)はチューリップ賞を最後に勝ち星がないが、今年の3戦は不利があったサンケイスポーツ杯阪神牝馬S(8着)以外は中山記念2着、ヴィクトリアマイル4着と堅実に走っている。ベストはマイルという印象だが、オークスでも3着と上位に入っているだけに1800メートルなら信頼できる。

 クロコスミア(栗東・西浦勝一厩舎、6歳)は一昨年のこのレースを逃げ切っている。控える競馬もできるタイプとはいえ、先手を取る競馬がベストの印象。米GIベルモントオークス(芝2000メートル)で逃げて4着に善戦しているジョディー(美浦・戸田博文厩舎、3歳)あたりとの兼ね合いが鍵になるが、チャンスは十分ある。

 ディメンシオン(栗東・藤原英昭厩舎、5歳)は前走の京成杯AHで2着。芝1800メートルは【2・1・0・0】と実績があり、今回は牝馬同士と条件が好転する。立ち回りが器用なので位置取りに注文が付かないのは強み。道悪は鬼なので、雨で馬場が渋ればさらに評価が上がる。

 実績では阪神JFオークスとGI2勝のソウルスターリング(美浦・藤沢和雄厩舎、5歳)が最上位。3歳秋以降、スランプに陥り、今回はエプソムCを左前肢跛行で取り消して以来のレースになるが、休養で心身ともにリフレッシュできていれば侮れない。

 安定感は欠くが、フラワーCローズSと重賞2勝のカンタービレ(栗東・角居勝彦厩舎、4歳)、昨年の3着馬で今年の中山牝馬Sを制したフロンテアクイーン(美浦・国枝栄厩舎、6歳)も勝っても不思議はない存在。マーメイドS3着、クイーンS2着と重賞で好走を続けているスカーレットカラー(栗東・高橋亮厩舎、4歳)、京成杯オータムH2着のディメンシオン(栗東・藤原英昭厩舎、5歳)、マーメイドS2着のレッドランディーニ(栗東・石坂正厩舎、4歳)なども上位を狙える。



府中牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

5月31日()
日本ダービー G1
目黒記念 G2
5月30日()
葵ステークス 重賞

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

5月24日()
オークス G1
5月23日()
平安S G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
101,093万円
2 オジュウチョウサン 牡9
77,453万円
3 フィエールマン 牡5
57,306万円
4 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
5 ラッキーライラック 牝5
56,552万円
6 マカヒキ 牡7
56,210万円
7 キセキ 牡6
55,914万円
8 ワグネリアン 牡5
50,624万円
9 サートゥルナーリア 牡4
50,059万円
10 インディチャンプ 牡5
43,167万円
» もっと見る

3歳
1 デアリングタクト 牝3
29,389万円
2 コントレイル 牡3
24,590万円
3 レシステンシア 牝3
20,813万円
4 ラウダシオン 牡3
17,541万円
5 サリオス 牡3
16,249万円
6 タイセイビジョン 牡3
14,031万円
7 ウインマリリン 牝3
12,321万円
8 オーソリティ 牡3
9,951万円
9 マルターズディオサ 牝3
9,736万円
10 ガロアクリーク 牡3
9,475万円
» もっと見る