最新競馬ニュース

【京成杯AH】トロワゼトワル、世界レコードで初タイトル!

SANSPO.COM

 906

 サマーマイルシリーズ最終戦の京成杯AHが8日、フルゲート16頭によって争われ、先手を取った横山典騎乗の4番人気トロワゼトワルが世界レコードの1分30秒3で圧勝した。5番人気ディメンシオンが3馬身半差の2着。1番人気グルーヴィットは11着と大敗した。

 産経賞セントウルSから10分後。中山でも、圧巻のレコード劇が演じられた。逃げ切ったトロワゼトワルの勝ち時計は1分30秒3。ノームコアが今年のヴィクトリアMで樹立した記録を0秒2更新する世界レコードで、驚異の重賞初制覇だ。

 「この馬の持ち味を生かすには、この乗り方が合っていると思ってね。思い切って行きました」

 真夏のような暑さに、汗をぬぐう横山典騎手。3ハロン通過33秒3、1000メートル通過55秒4の猛ペースでは、他馬はついていけない。ハンデ52キロの4歳牝馬はセーフティーリードを保ったまま、ラスト3ハロンを34秒9でまとめて後続を振り切った。

 「見ている人は“速いな”と思ったかもしれないけど、前のレースを見ても速かったからね。追って切れるタイプじゃないし、52キロが効きましたね。レコードは馬場造園課の努力の結果。素晴らしい馬場ですよ」と、してやったりの“ノリスマイル”で振り返った。

 この結果には、安田隆調教師もびっくり。「道中はすごい、すごい、すごい、ちょっと怖いな、と思うぐらいのペース。オープンで大きなことは言えなかったけど、前走後はここを目標に万全の状態だったし、もっと“吹けば”よかった」と苦笑いだ。今後については「1400メートルか1600メートルでしょう」と話すに留めたが、1200メートル通過1分6秒8は、この日のセントウルSと0秒1差。スプリンターズSでも通用する時計だ。

 「次は斤量も増えるだろうし、もう少し良くなるといいね」と鞍上もさらなる成長を期待。中山から飛び出したスピードスターの今後の路線に注目だ。 (柴田章利)

★8日中山11R「京成杯AH」の着順&払戻金はこちら

トロワゼトワル 父ロードカナロア、母セコンドピアット、母の父ハーツクライ。鹿毛の牝4歳。栗東・安田隆行厩舎所属。北海道千歳市・社台ファームの生産馬。馬主は(有)社台レースホース。戦績14戦5勝。獲得賞金1億2118万7000円。重賞は初勝利。京成杯AHは安田隆行調教師が初勝利、横山典弘騎手は1998年シンコウスプレンダ、2001年ゼンノエルシド、11年フィフスペトル、12年レオアクティブに次いで5勝目。馬名は「三ツ星(仏語)」。

 ナイス!(2
 コメント(1

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

georgeYama
9月9日(月) 13:22

現場で観ていましたが、抜け出してからは終始涼しげに、一頭だけが秋競馬してるようでした、典さんも会心でしょう、天晴れ!

ナイス! (0)

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

9月16日(月)
セントライト G2
9月15日()
ローズS G2
9月14日()
阪神ジャンプ G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

9月8日()
セントウルS G2
京成杯AH G3
9月7日()
紫苑S G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
87,155万円
3 アーモンドアイ 牝4
74,871万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 ブラストワンピース 牡4
50,950万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
2 サートゥルナーリア 牡3
25,716万円
3 グランアレグリア 牝3
19,878万円
4 ダノンファンタジー 牝3
18,337万円
5 ダノンキングリー 牡3
17,411万円
6 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
7 ヴェロックス 牡3
16,304万円
8 クロノジェネシス 牝3
14,611万円
9 ファンタジスト 牡3
13,439万円
10 ニシノデイジー 牡3
11,910万円
» もっと見る