最新競馬ニュース

【紫苑S】パッシング、初重賞!秋のヒロイン名乗り

©サンケイスポーツ

 554

【紫苑S】パッシング、初重賞!秋のヒロイン名乗り |競馬ニュース|ウマニティ

 秋華賞トライアル紫苑S(芝2000メートル)が7日、中山競馬場で15頭によって争われ、戸崎騎乗で2番人気のパッシングスルーがゴール前の接戦をハナ差制して重賞初勝利を飾った。2着は6番人気のフェアリーポルカ。1番人気カレンブーケドールは1/2馬身差の3着で、この3頭が秋華賞(10月13日、京都、GI、芝2000メートル)の優先出走権を獲得した。

 これぞ競馬のだいご味とばかり、ゴール前は手に汗握る大接戦となった秋の中山の開幕重賞。写真判定の末、2番人気のパッシングスルーにハナ差で初重賞の凱歌が上がった。

 「ゴールしてすぐは勝っていると思ったけど、スロー(VTR)を見直すともう、ヒヤヒヤものでしたね」

 殊勲の戸崎騎手がこう振り返った炎天下の激戦。最後にモノを言ったのは人馬の勢いだった。夏の新潟リーディングを獲得して気分よく秋を迎えた鞍上と、圧巻Vの福島戦からプラス8キロと一段とパワーアップした姿を見せたパートナー。大外(15)番枠から正攻法で押し切って、堂々のオークス2着馬狩りだ。

 「スタートが良くて終始手応え良く運べたし、僕が仕掛けどころさえ間違えなければ…と思っていました。本当に乗りやすいし、牝馬にしてはパワーもある。GIでも期待されていいと思います」。コンビ2戦2勝の鞍上が最高級の言葉で愛馬をたたえた。

 管理する黒岩調教師は2016年エルムSリッカルド)以来の重賞V。「今回は思い描いたようにここに向かうことができたし、今日は自信を持って臨めました」と表彰台で満面の笑みを浮かべた。調教をしっかりとこなしながら精神面にも余裕が出て、「今日も落ち着きがあった」とトレーナーは胸を張る。

 最高の形で秋華賞の優先出走権を獲得したパッシングスルー。「今後のことは(ノーザンファーム)天栄に放牧に出してから考えたい」と黒岩師は明言を避けたが、大舞台が視界に浮かび上がってくる見事な秋の好発進となった。 (内海裕介)

パッシングスルー 父ルーラーシップ、母マイティースルー、母の父クロフネ。鹿毛の牝3歳。美浦・黒岩陽一厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)キャロットファーム。戦績5戦3勝。獲得賞金6352万5000円。重賞初勝利。紫苑S黒岩陽一調教師が初勝利、戸崎騎手は2016年のビッシュに次いで2勝目。馬名は「抜き去る」(ライバルを華麗にかわすシーンをイメージして)。



★7日中山11R「紫苑S」の着順&払戻金はこちら

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

1月26日()
AJCC G2
東海S G2

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

1月19日()
日経新春杯 G2
京成杯 G3
1月18日()
愛知杯 G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
90,211万円
2 スワーヴリチャード 牡6
89,132万円
3 リスグラシュー 牝6
88,738万円
4 オジュウチョウサン 牡9
66,681万円
5 マカヒキ 牡7
56,210万円
6 キセキ 牡6
55,914万円
7 ブラストワンピース 牡5
50,950万円
8 ワグネリアン 牡5
49,274万円
9 サートゥルナーリア 牡4
43,273万円
10 フィエールマン 牡5
42,004万円
» もっと見る

3歳
1 サリオス 牡3
11,145万円
2 コントレイル 牡3
11,127万円
3 レシステンシア 牝3
10,271万円
4 タイセイビジョン 牡3
8,586万円
5 サンクテュエール 牝3
5,746万円
6 マイラプソディ 牡3
5,646万円
7 マイネルグリット 牡3
5,467万円
8 ビアンフェ 牡3
5,447万円
9 プリンスリターン 牡3
5,311万円
10 スマイルカナ 牝3
5,281万円
» もっと見る