最新競馬ニュース

【新潟2歳S】ウーマンズハート、男勝りの鬼脚で重賞初V


©サンケイスポーツ


 1,073  4  0

【新潟2歳S】ウーマンズハート、男勝りの鬼脚で重賞初V |競馬ニュース|ウマニティ

 新潟2歳Sは25日、新潟競馬場で16頭によって争われ、藤岡康騎乗で1番人気のウーマンズハートがメンバー最速の上がり3ハロン32秒8で差し切り、無傷の連勝で重賞初制覇。今後は阪神JF(12月8日、阪神、GI、芝1600メートル)が大目標となる。なお、ハーツクライは史上10頭目の産駒JRA全10場重賞制覇となった。

 女傑を思い起こさせる極上の切れ味だ。道中8番手を進んだ1番人気のウーマンズハートが真価を発揮。直線で内に切れ込む若さをのぞかせつつ、ラスト3ハロン32秒8の末脚で抜け出した。

 「この馬、やばいわ」。引き揚げてきた検量室前で、藤岡康騎手が興奮気味に語った。デビュー2戦目で舞い込んだ騎乗機会。冷静なリードで2週前のエルムS(モズアトラクション)に続く重賞Vに導き「いかにスムーズに外に出せるかだと思っていた。4コーナーの手応えの割にフラフラしてしまったけど、それでしっかり差し切るのだから能力、ポテンシャルは間違いない」と将来性に太鼓判を押した。

 衝撃の上がり3ハロン32秒0で差し切った新馬戦から、2戦続けて32秒台をマーク。追われるだけ伸びるその末脚は6年前、ラスト3ハロン32秒5の切れ味で圧巻のしんがりごぼう抜きを演じた、のちの桜花賞馬ハープスターと重なる部分もある。

 「本当に切れる。種馬がハーツクライだというのもあるのだろうね」と西浦調教師も感嘆の声をあげた。これまでテイエムオーシャン(2001年桜花賞などGI3勝)、カワカミプリンセス(06年オークスなどGI2勝)と名牝を管理してきた師の元へ、久々に舞い込んだ才媛。再来年の春に定年を迎えるだけに、ともに歩む1年半は蓄積したノウハウを発揮する時間となる。

 「放牧に出して阪神JF(12月8日、阪神、GI、芝1600メートル)を目標にやっていきたい」

 『女ごころ』というチャーミングな命名と裏腹な、男勝りの破壊力。越後に現れた夏の2歳女王が、令和の桜花賞戦線を引っ張る。 (内海裕介)

★25日新潟11R「新潟2歳S」の着順&払戻金はこちら

★全10場重賞制覇

 ウーマンズハートが新潟2歳Sを勝ち、ハーツクライはグレード制を導入した1984年以降では史上10頭目となる産駒JRA全10場重賞制覇を達成した。それまでの種牡馬9頭はノーザンテースト、サンデーサイレンス、トニービン、フジキセキ、キングカメハメハ、マンハッタンカフェ、クロフネ、ディープインパクト、シンボリクリスエス。

ウーマンズハート 父ハーツクライ、母レディオブパーシャ、母の父シャマーダル。鹿毛の牝2歳。栗東・西浦勝一厩舎所属。北海道日高町・ダーレー・ジャパン・ファーム有限会社の生産馬。馬主はゴドルフィン。戦績2戦2勝。獲得賞金3856万7000円。重賞は初勝利。新潟2歳Sは西浦勝一調教師、藤岡康太騎手ともに初勝利。馬名は「女心」。

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

3月1日()
中山記念 G2
阪急杯 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

2月23日()
フェブラリー G1
小倉大賞典 G3
2月22日()
ダイヤモンド G3
京都牝馬S G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
90,211万円
2 オジュウチョウサン 牡9
66,681万円
3 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
4 マカヒキ 牡7
56,210万円
5 キセキ 牡6
55,914万円
6 ワグネリアン 牡5
49,274万円
7 サートゥルナーリア 牡4
43,273万円
8 フィエールマン 牡5
42,004万円
9 サングレーザー 牡6
41,309万円
10 モズアスコット 牡6
41,171万円
» もっと見る

3歳
1 サリオス 牡3
11,145万円
2 コントレイル 牡3
11,127万円
3 レシステンシア 牝3
10,271万円
4 タイセイビジョン 牡3
8,586万円
5 マイラプソディ 牡3
6,216万円
6 サンクテュエール 牝3
5,746万円
7 ダーリントンホール 牡3
5,574万円
8 コルテジア 牡3
5,555万円
9 ミヤマザクラ 牝3
5,468万円
10 マイネルグリット 牡3
5,467万円
» もっと見る