最新競馬ニュース

【北九州記念】藤岡康、アンヴァルで主役演じる

SANSPO.COM

 819

 サマースプリントシリーズ第4戦・北九州記念で、藤岡康太騎手(30)=栗・フリー=が先週のエルムSに続く重賞連勝に挑む。騎乗馬アンヴァルは、父・藤岡健一調教師(58)=栗東=の管理馬。父子タッグで主役を演じてみせる。

 北の大地で得た勢いそのままに、小倉でもひと暴れだ。先週、エルムSモズアトラクションで制した藤岡康騎手が、今週の北九州記念で2週連続重賞Vを狙う。

 「チャンスのある馬が回ってきましたし、相手は強いですが頑張りたいですね」

 手綱をにぎるアンヴァルは、昨年5月の葵S(6着)以来の再タッグで3度目の騎乗。デビュー3戦目の500万下戦(現1勝クラス)では勝利に導いている。「以前に乗った当時から“いい馬だな”と思っていました。調教の時計を調べても力をつけている印象があります。久々に乗れることは楽しみですね」と気合が入る。

 同馬を管理するのは父の藤岡調教師。勝てば昨年のダービー卿CT(ヒーズインラブ)に続く、2度目の父子重賞制覇になる。「特別、意識があるわけではないですが、やっぱり父の管理馬では頑張りたいなという気持ちはあります」と語れば、父も「あいつ自身、先週に重賞を勝っていい流れできているし、流れに乗っていい騎乗をしてほしい」と期待をかける。

 アンヴァルは前走のバーデンバーデンCで小差の2着。近5走は掲示板を確保と、芝1200メートル戦で安定した走りを見せている。「メンバーはそろっている印象ですが、チャンスはある馬だと思っています」と鞍上。デビュー13年目のジョッキーが、真夏の競馬を熱く盛り上げる。 (山口大輝)

北九州記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

★同期・浜中に「いい刺激」

 藤岡康騎手にとって、JRA通算1000勝に王手をかける浜中騎手は同期であり、よきライバルだ。「(浜中騎手は)過去にリーディングを取ったこともある。1000勝も間近で、悔しい気持ちもあるし、いい刺激にもなっています」と語る。自身もこれまで547勝を積み上げてきた。「だいぶ差をつけられましたし、頑張らないといけませんね。レースを離れれば仲はいいですし、“自分も頑張らないと”と思えるジョッキーです」と互いに切磋琢磨して技術向上を目指す。

藤岡 康太(ふじおか・こうた) 1988(昭和63)年12月19日生まれ、30歳。滋賀県出身。2007年に騎手免許を取得し、3月3日に中京で初騎乗初勝利。09年NHKマイルC(ジョーカプチーノ)でGI初制覇。父・健一はJRA調教師、兄・佑介はJRA騎手。JRA通算7635戦547勝(15日現在)で、重賞はGI1勝を含む18勝。

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

8月25日()
キーンランド G3
新潟2歳S G3
8月24日()
新潟ジャンプ G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

8月18日()
札幌記念 G2
北九州記念 G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
87,155万円
3 アーモンドアイ 牝4
74,871万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 ブラストワンピース 牡4
50,950万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
2 サートゥルナーリア 牡3
25,716万円
3 グランアレグリア 牝3
19,878万円
4 ダノンファンタジー 牝3
18,337万円
5 ダノンキングリー 牡3
17,411万円
6 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
7 ヴェロックス 牡3
16,304万円
8 クロノジェネシス 牝3
14,611万円
9 ニシノデイジー 牡3
11,910万円
10 ディアンドル 牝3
11,523万円
» もっと見る