最新競馬ニュース

【馬場の有利不利、教えます!】関屋記念 芝および路盤の状態は良好!高速上がりに対する適応力が重要!

ウマニティ

 1,576

2回新潟1~2週ならびに土曜日の新潟芝のレース結果、近年の関屋記念の結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。


中間の雨量はゼロ。土曜日も天候に恵まれ、芝および路盤の状態は良好。終日、速い上がりを出せる馬に有利な状況と化していた。ただし、前有利のコンディションというわけではなく、内に進路をとった逃げ・先行勢は苦戦。中~外めからスムーズに運んだ馬、あるいは内から中~外めへ上手にスイッチした馬の好走頻度が高まっている。

日曜日午後からの降水確率はゼロ。土曜日の傾向を踏襲する可能性は高い。仕掛けるタイミングや進路取りが肝なので、枠順自体を過度に意識する必要はない。それよりも高速上がりに対する適応力のほうが重要だ。となれば、頼りになるのは近走で速い上がりを刻んだ経験のある馬。そのなかでも、近2走内に上がり3ハロン32~33秒台前半を刻み、なおかつ馬券に絡んでいる馬が優位とみる。

血統面については、2回新潟開催における芝1600mの結果を検証する限り、サンデーサイレンス系の主流系統産駒が好調。ほかでは、スピード型またはパワー型のノーザンダンサー系種牡馬を父もしくは母父に持つ馬や、父キングマンボ系の好走例が多い。いずれにせよ、瞬発力より持続力に優れたタイプの活躍が顕著。その点には注意を払いたい。

近年の関屋記念を振り返ると、父あるいは母父にノーザンダンサー系種牡馬を配した馬が攻勢。ほか、サンデーサイレンス系の主流どころや、父キングマンボ系も堅調に走っている。とりわけ、6月以降に出走歴のある馬の上位進出例が多く、条件を満たす馬には相応の警戒が必要だ。

直近の新潟開催および近年の当レースの傾向を合わせて考えると、ノーザンダンサー系種牡馬を父もしくは母父に持つ馬、サンデーサイレンス系の主流系統産駒、父キングマンボ系の3パターンを評価すべき。そのなかでも、6月以降に出走歴のある馬を重視したい。

今回の出走馬で、血統面と先述した馬場傾向(近2走内に高速上がりかつ3着以内の経験)の要点を満たしているのは、⑤サラキア、⑥ソーグリッタリング、⑩ロシュフォール。当欄では、この3頭を注目株として推奨する。



ウマニティ重賞攻略チーム

 ナイス!(1
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

12月8日()
阪神JF G1
カペラS G3
12月7日()
中日新聞杯 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

12月1日()
チャンピオン G1
11月30日()
ステイヤーズ G2
チャレンジC G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 アーモンドアイ 牝4
90,211万円
3 スワーヴリチャード 牡5
89,132万円
4 レイデオロ 牡5
88,155万円
5 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 マカヒキ 牡6
56,210万円
8 キセキ 牡5
52,914万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 ブラストワンピース 牡4
50,950万円
» もっと見る

3歳
1 サートゥルナーリア 牡3
31,176万円
2 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
3 クロノジェネシス 牝3
26,043万円
4 カレンブーケドール 牝3
25,685万円
5 ダノンキングリー 牡3
25,281万円
6 ダノンファンタジー 牝3
23,621万円
7 ヴェロックス 牡3
21,907万円
8 ラヴズオンリーユー 牝3
19,950万円
9 グランアレグリア 牝3
19,878万円
10 ワールドプレミア 牡3
19,473万円
» もっと見る