最新競馬ニュース

【関屋記念】夏に強いステイ産駒!ソーグリッタリング

SANSPO.COM

 993

 夏バテ知らずの血統&鞍上が、越後路で輝きを放つ。ソーグリッタリングが重賞初Vへまっしぐらだ。

 ステイゴールド産駒といえば、蒸し暑い時季に調子を上げることで知られている。産駒の通算月別連対率を調べると、16%を超えているのは5~9月で夏場にピタリと合致する。8月の声を聞いた先週はリナーテがUHB賞を勝って存在感を示した。本馬も昨年7月の中京・長久手特別を制しており、暑さに強いところを見せている。

 そして、鞍上の浜中はそれに輪をかけた“夏男”だ。8月に月別で自身最多の120勝をあげ、連対率28・1%も月別1位のハイアベレージ。先週は小倉で2勝をあげ、現役19人目のJRA通算1000勝まであと“3”と迫っている。コンビ【1・1・1・0】と好相性の相棒で臨む関屋記念でのメモリアルVは十二分にありそうだ。

 六甲S→都大路Sとリステッドを連勝して臨んだ前走・エプソムCは1番人気3着。しかし、前半1000メートル通過63秒9の超スローでは、上がり3F32秒8で伸びても0秒3差まで詰め寄るのが精いっぱいだった。今回は1F短縮のうえに逃げ馬がそろい、「条件は悪くないし、距離適性も高いと思う。うまく差し脚を生かせれば」と鞍上は腕まくりだ。

 7日のCWコースは4F54秒0とごく軽めだったが、「オーバーワークにならないように気をつけた。最後まで集中できていたし、最近の暑さにも辛抱して状態はいい。平坦コースも合う印象」と、兼武助手は好感触を伝える。自慢の決め手にモノをいわせて、今度こそ“金メダル”をつかみ取る。

 “究極の3連単”はソーグリッタリングを1着に固定。新潟2戦2勝のケイデンスコール、同じステイゴールド産駒のミエノサクシードを2着に据えた12点で狙い撃ちだ。(夕刊フジ)



関屋記念の枠順はこちら 調教タイムも掲載

 ナイス!(0
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

8月25日()
キーンランド G3
新潟2歳S G3
8月24日()
新潟ジャンプ G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

8月18日()
札幌記念 G2
北九州記念 G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
87,155万円
3 アーモンドアイ 牝4
74,871万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 ブラストワンピース 牡4
50,950万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
2 サートゥルナーリア 牡3
25,716万円
3 グランアレグリア 牝3
19,878万円
4 ダノンファンタジー 牝3
18,337万円
5 ダノンキングリー 牡3
17,411万円
6 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
7 ヴェロックス 牡3
16,304万円
8 クロノジェネシス 牝3
14,611万円
9 ニシノデイジー 牡3
11,910万円
10 ディアンドル 牝3
11,523万円
» もっと見る