最新競馬ニュース

【函館記念】レッドローゼス、強烈激走デモ

SANSPO.COM

 1,842

 重賞舞台での素質開花は、目の前だ。福島民報杯快勝のレッドローゼスが、函館Wコースで実戦さながらのスパーリングで堂々先着。蛯名騎手も、確かな手応えに深くうなずいた。

 「けいこで動く相手に頑張りましたね。少し余裕があり、重い感じがあったけど、このひと追いで仕上がるでしょう」

 ベルクワイア(3歳未勝利)を5馬身ほど追走してスタート。4コーナーで内から併せると、直線では他厩舎の馬も内、外にひしめいてまるで実戦のよう。そんななか、ゴール前で仕掛けられると“馬群”を割ってグイッと伸び、僚馬に1馬身半先着。5ハロン65秒5-12秒2の好時計で、調教評価は最高の『S』だ。

 オープン昇級初戦だった大阪城Sこそ4着に敗れたが、続く前走を快勝。ハイペースを中団で構え、後方から早めに進出したクレッシェンドラヴに呼応するように動いて4コーナーで先団を射程に入れると、一旦は抜け出したクレッシェンドをゴール前で半馬身差し切った。国枝調教師は「展開に恵まれた部分があった」と振り返るが、2着に下した相手が続く七夕賞で2着に好走したように、重賞初参戦でも通用する力を示した。

 中間は放牧に出て、6月12日に函館競馬場へ。もともと使い詰めになるとガタッとくる馬で、3カ月ぶりでも仕上がりに不足はない。「リフレッシュして、いい感じ。函館は初めてだけど洋芝でも勝っているしね」。札幌芝2000メートルで2戦1勝2着1回の実績があり、トレーナーは初舞台にも自信を見せる。

 「ハンデは1キロ重い感じ。週末は雨だけど、あまり降らないでほしい」と蛯名騎手が56キロと天候を懸念するのも状態面に好感触を抱くからこそ。

 「大事に使ってきて、良くなってきた。GIを使っているそれなりのメンバー相手だし、チャレンジャーの気持ちで、いい競馬ができれば」

 全21戦中17戦でコンビを組む主戦とともに、真っ向勝負を挑む。 (千葉智春)

函館記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

7月21日()
函館2歳S G3
中京記念 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

7月14日()
函館記念 G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
87,155万円
3 アーモンドアイ 牝4
74,871万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 アップトゥデイト 牡9
47,571万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
2 ロジャーバローズ 牡3
26,876万円
3 サートゥルナーリア 牡3
25,716万円
4 グランアレグリア 牝3
19,878万円
5 ダノンファンタジー 牝3
18,337万円
6 ダノンキングリー 牡3
17,411万円
7 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
8 ヴェロックス 牡3
16,304万円
9 クロノジェネシス 牝3
14,611万円
10 ニシノデイジー 牡3
11,910万円
» もっと見る