最新競馬ニュース

【セレクトセール2019】初日は最後まで熱戦!マラコスタムブラダの2018に2億3000万円

ウマニティ

 102

 国内最大の競走馬競り市「セレクトセール」の初日(1歳馬)が8日、北海道苫小牧市のノーザンホースパークで行われた。239頭が上場(欠場7頭)され、222頭が落札。落札率は92.9%だった。“1億円ホース”こそ21頭(昨年は25頭)だったものの、落札総額は115億9056万円(税込み)を記録。初めて100億円を突破した昨年の104億4846万円を上回った。



 セールはこの日最後の上場馬となったマラコスタムブラダの2018(牡、父ハーツクライ)が(株)スリーエイチレーシングによって2億3000万円(税抜き※以下同)で落札されるなど最後の最後まで“熱戦”が繰り広げられた。最高落札馬となったのは「アドマイヤ」でおなじみの近藤利一氏が3億6000万円で競り落とした2015年のオークス秋華賞ミッキークイーンの全弟となるミュージカルウェイの2018(牡、父ディープインパクト)。



 また馬主名義が金子真人時を含めダービー歴代単独の4勝を誇る金子真人ホールディングス(株)が、2億6000万円で落札したGI2勝馬サトノクラウンの半弟となるジョコンダ2の2018(牡、父ディープインパクト)を筆頭にディープ産駒3頭を含む4頭の1億円を超える馬を落札すれば、“サトノ”の冠名で知られる(株)サトミホースカンパニーは、母がチリの年度代表馬にもなった実績をもつベルワトリングの2018(牡、父キングカメハメハ)を2億5000万円で落札している。また初年度産駒となった怪物牝馬アーモンドアイを輩出するなどして評価がうなぎ登りのロードカナロア産駒も1億円ホースが3頭誕生するなど大盛況。



 9日は当歳(0歳)部門が行われるが、これが初年度産駒となるキタサンブラックや米国の快速馬だったドレフォンの子が上場される予定となっており、セールのヒートアップが期待される。

 ナイス!(0
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

7月21日()
函館2歳S G3
中京記念 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

7月14日()
函館記念 G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
87,155万円
3 アーモンドアイ 牝4
74,871万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 アップトゥデイト 牡9
47,571万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
2 ロジャーバローズ 牡3
26,876万円
3 サートゥルナーリア 牡3
25,716万円
4 グランアレグリア 牝3
19,878万円
5 ダノンファンタジー 牝3
18,337万円
6 ダノンキングリー 牡3
17,411万円
7 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
8 ヴェロックス 牡3
16,304万円
9 クロノジェネシス 牝3
14,611万円
10 ニシノデイジー 牡3
11,910万円
» もっと見る