最新競馬ニュース

【宝塚記念】レイデオロ、ルメール「差し切る」断言追い!

SANSPO.COM

 4,678

 中央競馬の上半期を締めくくる宝塚記念に出走するレイデオロ(美浦・藤沢和雄厩舎、牡5歳)の追い切りが19日、茨城・美浦トレセンで行われた。ウッド(W)コースで軽快な脚取りを見せてパートナーと併入し、騎乗したクリストフ・ルメール騎手(40)も好感触。3月のドバイシーマクラシック6着以来となるが、きっちり態勢は整った。

 照りつける熱い日差しの下、涼しげに駆け抜けた。前走のドバイシーマクラシック6着から雪辱を期すレイデオロが、Wコースで悠々と併入し、サマーグランプリの主役をアピール。2週続けて追い切りに駆けつけたルメール騎手の口も滑らかだ。

 「すごくいい追い切りでした。リラックスしていたし、直線の入りもいい反応。先週よりもパワーアップしています。コンディションはバッチリ」

 トレクァルティスタ(8歳3勝クラス)を1~2馬身追走し、軽快な脚取りで折り合いもピタリ。直線で内から併せると、手綱をしごかれる相手を尻目に、楽に馬体を並べた。4ハロン53秒5-38秒9-12秒6と時計は軽めでも、乗り込みは十分。見届けた藤沢和調教師も開口一番「いい動き。順調だね。落ち着いていて、いい感じだよ」と白い歯を見せた。

 前走のドバイシーマクラシックは勝ち馬から12馬身差の大敗。ただ、押し出されるように逃げて折り合いを欠き、力を出し切れなかった。鞍上も「昨年(4着)も今年もエキサイトしていました。夜の競馬はあまり好きじゃないようだし、前に行く競馬も良くなかったです」と、不慣れなナイターに不完全燃焼の思いだ。

 その点、今回は普段から落ち着いた姿が目につく。中間の放牧中に体の毛を刈り、熱をこもりにくくするなど、暑熱対策で精神面も安定。「大人になりました。競馬の日もリラックスできると思うし、もう少し後ろから競馬をしたい」。爽やかな毛並みの愛馬と同様、先週に母国フランスでオークス(ディアヌ賞・カルティエム13着)に騎乗してリフレッシュした主戦は「行けてうれしかったです。結果は残念だったけれど、また日本で大きなレースを勝ちたい」と末脚全開に腕をぶす。

 舞台は初めての阪神内回り。直線が短く、仕掛けどころが鍵となるが、ルメール騎手は「今回はキセキがいるので、いい(速い)ペースになりそう。スタミナがあるし、差し切る自信はあります」ときっぱり。今回はメンバーのGI馬6頭中、5頭を占める5歳勢の頂上決戦ともいえる。同世代の頂点を極めたダービー馬レイデオロが、貫禄の走りで上半期を締めくくる。 (千葉智春)

★藤沢和&ルメール

 藤沢和調教師とルメール騎手は過去にGI20戦でコンビを組み、ソウルスターリング(2016年阪神JF、17年オークス)、レイデオロ(17年ダービー、18年天皇賞・秋)、グランアレグリア(19年桜花賞)の3頭で5勝を挙げている。2着4回、3着3回で、勝率25%、連対率45%、複勝率60%という驚異的な成績。どちらも宝塚記念は未勝利だが、コンビで挑むのは初めて。念願の宝塚記念制覇の期待が高まる。

★宝塚記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

7月21日()
中京記念 G3
函館2歳S G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

7月14日()
函館記念 G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
87,155万円
3 アーモンドアイ 牝4
74,871万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 アップトゥデイト 牡9
47,571万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
2 ロジャーバローズ 牡3
26,876万円
3 サートゥルナーリア 牡3
25,716万円
4 グランアレグリア 牝3
19,878万円
5 ダノンファンタジー 牝3
18,337万円
6 ダノンキングリー 牡3
17,411万円
7 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
8 ヴェロックス 牡3
16,304万円
9 クロノジェネシス 牝3
14,611万円
10 ニシノデイジー 牡3
11,910万円
» もっと見る