最新競馬ニュース

【ユニコーンS】最適条件で全開!ヴァイトブリック

SANSPO.COM

 745

 世代最初のJRAダート重賞にして、過去4年の優勝馬のうち3頭がのちに古馬GIを制覇という登竜門。トップ通過を果たすのは、最適条件で能力全開が望める(3)ヴァイトブリックだ。

 京都の新馬戦で11馬身差、中山の1勝クラスも3馬身差とダート9Fで圧巻の連勝。続く東京のヒヤシンスSは2着に敗れたが、勝ち馬オーヴァルエースにマークされた展開のアヤによるもので、3着デルマルーヴル(全日本2歳優駿2着)、4着マスターフェンサー(ベルモントS5着)には2馬身半差以上をつけた。園田の前走・兵庫CSも5馬身差離されたものの、しっかり2着を確保。異なる条件下で勝ち負けに加わる安定感は、力の証明だ。

 今回は2走前と同じ東京マイル。近3走で騎乗した戸崎騎手は、「(1870メートルの)前走は少しテンションが高かった気もするし、距離もギリギリに感じた。今回は一番条件がいいと思う」とコース替わりを歓迎している。13年ベストウォーリア、17年サンライズノヴァで制した砂の名手の言葉だけに心強い。

 絶好の舞台に向けて、最終追いも3頭併せで負荷をかけて態勢万全。和田郎調教師も、「ここに全力投球です」と自信のデキで送り出す。

 予想される雨馬場も味方になる。叔父にランフォルセダイオライト記念など重賞4勝)などダートの猛者がいるほか、近親には不良馬場で日本ダービーを制したロジユニヴァース、重馬場で秋華賞を制したディアドラとパワーを備えた芝GI馬が連なる。脚抜きのいいダートでスピード勝負も望むところだ。

 シンボリクリスエス産駒としても過去5年の当レースで【1・0・2・1】。昨年のルヴァンスレーヴに続く産駒の連覇を飾って、ダート王への飛躍へとつなげる。

 “究極の3連単”はヴァイトを1着に固定。青竜S2着馬で、舞台2走目の上積みが見込めるデアフルーグを2、3着に据えた12点で勝負する。(夕刊フジ)

ユニコーンSの枠順はこちら 調教タイムも掲載

 ナイス!(0
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

7月21日()
中京記念 G3
函館2歳S G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

7月14日()
函館記念 G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
87,155万円
3 アーモンドアイ 牝4
74,871万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 アップトゥデイト 牡9
47,571万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
2 ロジャーバローズ 牡3
26,876万円
3 サートゥルナーリア 牡3
25,716万円
4 グランアレグリア 牝3
19,878万円
5 ダノンファンタジー 牝3
18,337万円
6 ダノンキングリー 牡3
17,411万円
7 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
8 ヴェロックス 牡3
16,304万円
9 クロノジェネシス 牝3
14,611万円
10 ニシノデイジー 牡3
11,910万円
» もっと見る