最新競馬ニュース

【ズバリ!調教診断】オークス 桜花賞3着馬が好感触!3戦無敗のアノ馬は前回以上のデキ!

ウマニティ

 5,918

日曜日に行われるオークスの出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


ジョディー
この中間はいつもどおりコースで調整。1週前、今週とポリトラックでマズマズの反応を示し、ともに併走同入を果たした。ただ、前回の中間時と比べて、終いの伸びが鈍い印象。頭を低く保っている点はいいのだが、走りやすいトラックの割に脚さばきがスローに映る。強調材料に乏しく、相手強化のG1では手が出ない。

クロノジェネシス
栗東CWで実施した1週前追いでは、長めから僚馬を追いかけ、余力を残したまま優勢のかたちでゴール。同じくCWで行われた今週の併せ馬では、キッチリと追走先着を果たした。やや行きたがる面を見せているが、それはいつものこと。折り合いはついているし、ゴール前で軽く促されると、さらに脚を伸ばしている。テンションを維持できれば、好レースを期待できるのではないか。

コントラチェック
テンションが上がりやすいタイプということもあり、この中間は折り合いに重点を置いた内容に終始。その甲斐あって、南Wで実施した今週の併せ馬では抜群の反応を示し、大きく先行していた僚馬を楽々とキャッチ。これまでと比べて、道中の雰囲気は格段に良くなっている。メンタル的に、かなり大人びてきた印象。力を出せる状態と判断したい。

シェーングランツ
乗り込み量を重視する厩舎にしては、中5週の割に時計を出した本数は少なめ。加えて、1週前追いは坂路で流す程度、今週の併せ馬は3Fから緩めと、折り合いに専念する内容に終始している。藤沢流と言ってしまえばそれまでだが……。いずれにせよ、東京芝2400mのG1へ臨むにあたり、大きな不安材料であることは確か。ここは様子見がベターかもしれない。

エールヴォア
栗東CWで実施した1週前追いは、伸びそうで伸びないジリ脚で最後は併走馬にアオられる心許ない内容。一方、坂路で行われた今週の本追い切りでは、急かすところなく楽な手応えのまま、ラスト2F24秒6-12秒3のラップを記録。ストライドをしっかりと伸ばしたフォームが目を引いた。1週前と今週の追い切りをみるに、現状は気分良く自分のリズムで追走できれば、といった印象。ゆえに、距離延長がプラスに作用する可能性もある。軽んじて扱えない1頭だ。

アクアミラビリス
1週前に栗東坂路で、4F自己ベストを馬なりでマーク。ラストまでしっかり脚を伸ばし、併走馬を圧倒した。今週のCW追いは単走で行われたが、半マイルあたりからピッチを上げ、4F52秒台、ラスト1F11秒台半ばのラップを記録。鞍上の合図に対する反応が鋭く、四肢も大きく使えている。デキに不安はなく、あとは馬体をキープできるかどうかが、キーポイントになりそうだ。

シャドウディーヴァ
南Wで実施した1週前追いではジョッキー騎乗とはいえ、4F50秒ソコソコの好タイムを記録。同じく南Wで行われた今週の本追い切りでも、余力残しで及第点の時計をマークした。頭の位置はやや高めだが、力強い脚取りは目を引くものがある。前回の最終追い切り時と比べて、反応が鋭くなっている点も好感度が高い。好ムード。

ダノンファンタジー
テンション面を考慮して、1週前は坂路で軽めの調整を施し、12日に左回りのCWで実質的な本追い切りを消化。15日の坂路追いでは、序盤こそ行く気を出していたものの、中盤から落ち着きを取り戻し、そのままフィニッシュ。折り合い面は前回よりも楽になっている印象を受ける。あとは、レースまで気持ちの高ぶりを抑えることができるかどうか。それが最大の焦点となる。

ウインゼノビア
間隔が詰まるものの、この中間は意欲的に長めの追い切りを消化。南Wで実施した1週前追いでは、5F66秒台、ラスト1F12秒台前半のタイムを余力残しで計時。今週のウッド追いでも、マズマズのラップをマークした。ただ、こじんまりとした走りで、迫力という面では今ひとつ。手前がスムーズに切り替わらない点も気になるところ。良化途上の感は否めず、今回は割引が必要だろう。

カレンブーケドール
中2週もあってか、1週前は速い時計を出さず、12日に南Wで15-15程度の併せ馬を消化。同じく南Wで実施した今週の本追い切りでは、馬場の内めを通ったとはいえ、及第点のタイムを余力残しで記録した。派手なパフォーマンスを示しているわけではない一方、これと言った悪い点も見当たらない。一応の態勢は整っているのではないか。

シゲルピンクダイヤ
栗東坂路で行われた1週前追い切りでは、終いをしっかり攻めて併走馬を圧倒&後傾ラップを記録。今週の坂路追いでは、馬場の荒れた時間帯にもかかわらず、ラスト2F24秒9-12秒3の好ラップを悠々とマークした。脚元に不安があるため、2走前と前走は馬なり主体の調整。それだけに、1週前追いで強い攻めを行った点は高く評価できる。上位争い可能のデキとジャッジしたい。

ウィクトーリア
短期放牧から美浦に戻ってきたのが先週の水曜日とあって、前走後の初時計は11日と遅め。とはいえ、南Wで実施した最終追いでは馬場の外めを回り、4F51秒台、ラスト1F12秒台のタイムを馬なりでマーク。道中はしっかりと折り合いをつけ、終いに軽く促されると反応良く併走馬をパス、ゴール後は突き放した。乗り出しが遅い点は気になるものの、気配自体は決して悪くない。いい状態をキープしているのではないか。

ラヴズオンリーユー
1週前に栗東CWで実施した併せ馬では、パートナーのエントシャイデンを一蹴。6F81秒ソコソコ、ラスト1F11秒半ばの好タイムをマークした。今週の坂路追いは反応を確かめる程度の内容ながら、キレのある動きを披露。推進力が上に逃げ加減に映るものの、掛かることなく集中して走れている点は好感が持てる。前回以上のデキとみていい。

フェアリーポルカ
連続の中3週、かつ再東上ということもあってか、この中間は単走追いオンリーの調整。とはいえ、1週前、今週と栗東CWで長めから均整のとれたラップを記録しており、体調面の不安はなさそう。内にモタれる面も見られず、むしろ走り自体は良くなっている印象。この状態を維持できれば、上位進出のチャンスは十分にある。

ノーワン
栗東坂路で実施した1週前追いでは、ビッシリと攻めて及第点のタイムを記録&併走馬を圧倒。同じく坂路で行われた今週の併せ馬でも、安定感のある走りを見せた。切れ味こそ感じないものの、脚勢を落とすことなく最後まで気を抜かずに走っている点は好印象。鞍上の合図に対する反応も悪くない。上々の仕上がりではないか。

ビーチサンバ
この中間は、いつもと同様に栗東坂路と栗東CWを併用して入念な乗り込み。1週前のCW追いでは、ポポカテペトルに先着。単走で行われた今週のウッド追いでも、マズマズの反応を見せた。緩めの内容でも適度な活気があり、コントロールも利いている。気配の良さを実戦で活かせるようなら、前進あってもおかしくない。

メイショウショウブ
栗東CWで行われた1週前追い切りでは、序盤から攻めて及第点以上のタイムをマーク。今週の坂路追いでは、馬場の荒れた時間帯にもかかわらず、ラスト2F24秒1-12秒0の好ラップを記録した。手前を替える際に完歩が乱れるシーンもあったが、立て直したあとの走りは至ってスムーズ。鞍上の制御もしっかり利いている。仕上がり順調。

フィリアプーラ
1週前、今週と南Wで長めからマズマズの時計を記録。ただ、フットワークに力感がなく、そのぶん一完歩ごとの進みが悪いように映る。僚馬と併せた際には自ら競りに行くような姿勢を見せているように、復調しつつあるのは確かだが……。いずれにせよ、大きな変わり身を感じるまでには至らない。今回は苦しい戦いになるのではないか。



ウマニティ重賞攻略チーム

 コメント(1

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

georgeYama
5月18日() 22:29

6枠!新たな歴史を作ってくれ~

ナイス! (0)

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

7月28日()
クイーンS G3
アイビスSD G3
7月27日()
小倉サマーJ G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

7月21日()
中京記念 G3
函館2歳S G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
87,155万円
3 アーモンドアイ 牝4
74,871万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 アップトゥデイト 牡9
47,571万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
2 ロジャーバローズ 牡3
26,876万円
3 サートゥルナーリア 牡3
25,716万円
4 グランアレグリア 牝3
19,878万円
5 ダノンファンタジー 牝3
18,337万円
6 ダノンキングリー 牡3
17,411万円
7 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
8 ヴェロックス 牡3
16,304万円
9 クロノジェネシス 牝3
14,611万円
10 ニシノデイジー 牡3
11,910万円
» もっと見る