最新競馬ニュース

【オークス】阪神JF馬のスタミナを信頼ダノンファンタジー

SANSPO.COM

 1,923

 主演女優賞を再び-。2歳で頂点に立ったダノンファンタジーが、クラシック2冠目の舞台で女王の座へ返り咲く。

 桜花賞で1番人気に推されたにもかかわらず、4着に敗れたことで株が急落。だが、その前走は勝ったグランアレグリアを早めに追わざるを得なかった分、ゴール前で勢いが鈍っただけ。

 そんなきつい展開のなかで2、3着馬とタイム差なしなら負けてなお強し。そもそもが阪神JFを制したメンバー中ただ1頭のGI馬。桜花賞馬が不在なら格上だ。

 人気落ちの理由は、2400メートルの不安もそのひとつだろう。ただ、過去に2歳女王が3歳春、東京芝12Fを攻略した例は多々ある。

 阪神JFが芝外回りマイルで行われるようになった06年以降、その勝ち馬からトールポピーブエナビスタアパパネソウルスターリングと4頭のオークス馬が出た。ウオッカにいたってはダービーを勝っている。

 2歳の幼い牝馬にとって外回りマイルで行われるGIは過酷で、想像以上のスタミナが要求される。ちなみに阪神JFチューリップ賞を両方制した馬は、オークス&ダービーで【3・0・1・0】という信頼度の高さ。スピード、スタミナだけでなく、早熟ではないことも証明されている。

 当然、折り合い面はポイントになるが、「丁寧に、力まずにリズム良くいけるよう、日々取り組んできた。ここまで順調で体調も良さそう。いつものファンタジーだなという感じ」と中内田調教師。心身がきっちり整ったと判断できる。

 東京コースはデビュー戦で経験(2着)。6戦中5戦で川田騎手とコンビを組み、いい関係を築いているのも12Fの長丁場では心強い。樫のエンディングは、ファンタジーが女王の座を取り戻すシーンで決まりだ。

 “究極の3連単”は1着にファンタジー、2着と3着にクロノジェネシスを固定した12点で勝負する。(夕刊フジ)



オークスの枠順はこちら

 ナイス!(1
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

7月21日()
函館2歳S G3
中京記念 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

7月14日()
函館記念 G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
87,155万円
3 アーモンドアイ 牝4
74,871万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 アップトゥデイト 牡9
47,571万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
2 ロジャーバローズ 牡3
26,876万円
3 サートゥルナーリア 牡3
25,716万円
4 グランアレグリア 牝3
19,878万円
5 ダノンファンタジー 牝3
18,337万円
6 ダノンキングリー 牡3
17,411万円
7 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
8 ヴェロックス 牡3
16,304万円
9 クロノジェネシス 牝3
14,611万円
10 ニシノデイジー 牡3
11,910万円
» もっと見る