最新競馬ニュース

【東西現場記者走る】コントラ、鞍上は絶好調レーン


©サンケイスポーツ


 2,079  1  0

【東西現場記者走る】コントラ、鞍上は絶好調レーン |競馬ニュース|ウマニティ

 牝馬クラシック2冠目のオークスで、GI連載『東西現場記者走る』を担当するのは、皐月賞○◎に続く“連載連勝”に燃える東京サンスポの千葉智春記者(34)。美浦トレセンでの5日目は、フラワーC快勝のコントラチェックに注目した。陣営は状態面、舞台適性に太鼓判。逃げて全3勝だが、予想される番手の競馬にも自信をのぞかせた。

 金曜朝はコントラチェックを追った。連載初日に取り上げたラヴズオンリーユーと同じく、オークスで【3・3・3・22】のディープインパクト産駒で、連対した6頭に該当する前走連対馬。水曜の栗東、木曜の美浦と、レーン騎手の取材にあたるたび、マークの度合いも高まった。この日は開門直後に坂路4ハロン61秒9-14秒2をマーク。追い切り後にしてはラストが速い気もしたが、楽な感じで雰囲気はいい。

 調教終わりに厩舎を訪ねると、調整役の千島助手もデキの良さを伝えた。「変わりなく順調。(時計を)速めようと思っていた最後は思っていた以上に出ました。どちらかといえばピッチ走法で、乗っている感覚より速い時計が出てしまうんです」。気負うことなく自然体。改めてスピード能力の高さを感じた。

 半姉バウンスシャッセ(父ゼンノロブロイ)は2014年オークスで3着。16年愛知杯を制した後、藤沢和調教師は「ジャパンCで楽しみ」と話していて、この母系に東京芝2400メートル適性を見込んでいる。舞台については千島助手も「左回りは初めてだけれど、気にならない。前回より落ち着いているし、自分のリズムでいければ距離も心配ない」と後押しした。

 ただ、全3勝が逃げ。この舞台での逃げ切りは難しいといわれるうえ、最内(1)番枠に逃げ宣言のジョディーが入ったことで好位が濃厚だ。その点には、同助手から有益な話を得た。「この馬は兄姉で一番軽い。逃げて勝っているのが不思議なくらい。ためて切れそうです」。控えての瞬発力、他馬次第で動けるスピードがあるのは頼もしい。

 初コンビのレーン騎手については「返し馬から実に丁寧。それが馬との信頼を生むのかも」と技術と姿勢を賞賛。「クラシックの王道を走っている馬たちがいるし、挑戦者の気持ち。自分のリズムでいって、どれだけやれるか」と期待を込めた。土曜輸送で馬を落ち着かせる配慮も藤沢流。態勢は万全と感じた。

 午後には、金曜輸送のラヴズオンリーユーのために東京競馬場へ。リラックスムードを見届けたが、この馬については矢作調教師に「腸内環境に関する数値が、輸送翌日に一番下がる」と聞いた。カイバ食いはどうなるか…。名門厩舎の仕上げに注目しながら、結論の時も近づく。 (千葉智春)

 ナイス!(1
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

6月7日()
安田記念 G1
6月6日()
鳴尾記念 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

5月31日()
日本ダービー G1
目黒記念 G2
5月30日()
葵ステークス 重賞

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
101,093万円
2 オジュウチョウサン 牡9
77,453万円
3 フィエールマン 牡5
57,306万円
4 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
5 ラッキーライラック 牝5
56,552万円
6 マカヒキ 牡7
56,210万円
7 キセキ 牡6
55,914万円
8 ワグネリアン 牡5
50,624万円
9 サートゥルナーリア 牡4
50,059万円
10 インディチャンプ 牡5
43,167万円
» もっと見る

3歳
1 デアリングタクト 牝3
29,389万円
2 コントレイル 牡3
24,590万円
3 レシステンシア 牝3
20,813万円
4 ラウダシオン 牡3
17,541万円
5 サリオス 牡3
16,249万円
6 タイセイビジョン 牡3
14,031万円
7 ウインマリリン 牝3
12,321万円
8 オーソリティ 牡3
9,951万円
9 マルターズディオサ 牝3
9,736万円
10 ガロアクリーク 牡3
9,475万円
» もっと見る