会員登録はこちら
ヴィクトリアマイル G1   日程:2018年5月13日() 15:40 東京/芝1600m

レース結果

ヴィクトリアマイル G1

2018年5月13日() 東京/芝1600m/18頭

本賞金:10,500万 4,200万 2,600万 1,600万 1,050万


レコード:1分31秒3
天候:
馬場:稍重



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 2 4

ジュールポレール

牝5 55.0 幸英明  西園正都 460(-6) 1.32.3 19.4 8
2 8 16

リスグラシュー

牝4 55.0 武豊  矢作芳人 450(-2) 1.32.3 ハナ 4.3 1
3 3 6

レッドアヴァンセ

牝5 55.0 北村友一  音無秀孝 448(+4) 1.32.3 クビ 12.1 7
ラップタイム 12.4 - 11.3 - 11.5 - 11.6 - 11.5 - 11.1 - 11.2 - 11.7
前半 12.4 - 23.7 - 35.2 - 46.8 - 58.3
後半 57.1 - 45.5 - 34.0 - 22.9 - 11.7

■払戻金

単勝 4 1,940円 8番人気
複勝 4 400円 7番人気
16 170円 1番人気
6 350円 5番人気
枠連 2-8 2,780円 12番人気
馬連 4-16 4,090円 17番人気
ワイド 4-16 1,320円 14番人気
4-6 1,330円 15番人気
6-16 870円 5番人気
馬単 4-16 11,730円 41番人気
3連複 4-6-16 8,850円 23番人気
3連単 4-16-6 63,640円 193番人気

ヴィクトリアマイルの馬場予想

2回東京1~3週および土曜日の東京芝のレース結果、近年のヴィクトリアマイルの結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。


火曜日午後から水曜日にかけて、まとまった雨が降ったにもかかわらず、A→Bコース変更週ということもあってか、土曜日の芝の状態は絶好。終日、内~中を通る馬に有利な状況と化していた。ただし、完全前有利の馬場というわけではない。展開ひとつで差し馬も間に合うフラットな馬場ととらえたほうがベターだ。

ただし、日曜日は昼過ぎから雨予報。内めで競馬を進める先行~差し優位の傾向が続く半面、降雨が早まるようであれば流れ次第で待機勢の台頭も十分に考えられる。コース取りや枠順についても同様で、降雨の度合い次第では、外めを回る馬、あるいは外枠の馬に対するケアが必要になってくる。いずれにしても、柔軟なスタンスで臨んだほうがいいだろう。

ヴィクトリアマイルが行われる芝1600mについては、好位~中団からの差しが有利とみる。一方で、A→Bコース変更週の馬場を利した先行勢の大駆けがちょくちょくあるのも当レースの特徴のひとつ。好位~前めで運べそうな馬のチェックは忘れないようにしたい。

近年のヴィクトリアマイルの好走馬を振り返ると、血統的には父ヘイロー系が断然の存在。なかでも、父サンデーサイレンス系が強く、パワー&スピード型のノーザンダンサー系あるいはミスプロ系を併せ持つ馬の好走例が多い。ほかでは、キングマンボ系やダンチヒ系の奮闘も目立ち、該当馬への警戒は怠れない。

一方、2回東京の芝1600mの結果を検証すると、ヘイロー系×ミスプロ系(逆もあり)の活躍が顕著。先週のNHKマイルCでは、ディープインパクト×ミスプロ系の配合馬が優勝。土曜日に行われた芝1600m戦でもステイゴールド×ミスプロ系が勝ち上がっている。他系統も悪くはないが、スピード馬場ではサンデーサイレンス系×ミスプロ系(逆もあり)が幅を利かせるのが東京芝コースの大きな特徴。ゆえに、同配合の馬が連軸に適しているのではないだろうか。

今回の出走馬で条件を満たしているのは、①レッツゴードンキ、⑪アドマイヤリード、⑫エテルナミノル、⑮デアレガーロ、⑯リスグラシューの5頭。ただし、マンハッタンカフェ産駒は当レースにおいて3着以内ゼロの大不振。よって、⑮を除いた4頭を狙いどころとして推奨したい。



ウマニティ重賞攻略チーム

プロ予想家のヴィクトリアマイル予想動画

13開催連続プラス収支を達成した予想神『スガダイ』の重賞展望をお届け!
完全収支公開のガチンコ勝負を勝ち抜いた本気予想は必見です!

ヴィクトリアマイル-厩舎の話

 ◆アドマイヤリード・須貝師 「ひ弱さが消えた。(優勝した)去年よりデキはいい」

 ◆エテルナミノル・本田師 「状態は変わらず。好位でレースをしたいので課題はゲート」

 ◆カワキタエンカ・浜田師 「スイッチが入らないよう調整。自分のリズムで走らせたい」

 ◆クインズミラーグロ・野中師 「ゲート練習も消化。動きや馬体の張りは前走よりもいい」

 ◆ジュールポレール・西園師 「上がりだけでもいい動き。調子は上がっている」

 ◆デアレガーロ・大竹師 「東京は以前にイレ込んだが、精神面の成長した今なら違う」

 ◆ミスパンテール・昆師 「馬任せでいい動きだった。長距離輸送や左回りも大丈夫」

 ◆メイズオブオナー・藤原英師 「ここを目標にやって状態はいい。ポテンシャルは高いよ」

 ◆ラビットラン・前川助手 「川田騎手が乗って好感触。長く脚を使えるような形なら」

 ◆リエノテソーロ・吉田隼騎手 「単走でやった。近走も力は出し切っていると思うが…」

 ◆レッツゴードンキ・梅田師 「ソフトな仕上げ。行きたがるところもなく折り合っている」

 ◆レッドアヴァンセ・北村友騎手 「ラストの反応は良かった。左回りの1600メートルもいい」

 ◆レーヌミノル・本田師 「使うたびに動きは良化。マイルに戻すことにも心配はない」

 ◆ワントゥワン・藤岡佑騎手 「状態はとてもいいですね。左回りの方が成績もいい」



ヴィクトリアマイルの枠順はこちら 調教タイムも掲載

ヴィクトリアマイルのニュース&コラム

プロ予想家の的中情報


ヴィクトリアマイルの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

5月13日 15:38更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv114 
170円 170円
Lv113 
1,320円 1,320円
Lv112 
170円 1,700円
Lv110 
8,850円 88,500円
Lv109 
350円 28,000円

的中情報をもっと見る >

ヴィクトリアマイル過去10年の結果

2017年5月14日() 東京競馬場/芝1600m 天候: 馬場:稍重
2016年5月15日() 東京競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
2015年5月17日() 東京競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 ストレイトガール 戸崎圭太 1:31.9 14.1倍 104.1
2着 ケイアイエレガント 吉田豊 アタマ 47.4倍 104.1
3着 ミナレット 江田照男 1 3/4 291.8倍⑱ 101.8

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

ヴィクトリアマイルのデータ分析とレース傾向

コース図東京芝1600m

春のマイル女王決定戦であるヴィクトリアマイル。2013~2014年のヴィルシーナ、2016~2017年のストレイトガール(2015年3着で3年連続馬券圏内)と、2頭が連覇を達成。ほか、ウオッカ、ブエナビスタ、ホエールキャプチャなども複数回好走している。リピーターの出現率が高いレースであり、過去に当レースで好走経験があれば、それだけで有力な軸馬候補となる。年齢別では2008年以降、6勝を含む13連対の4歳勢が圧倒的に有利。連対を外した年は2015年の一度だけで、「リピーターVS4歳勢」の構図が強い一戦となっている。舞台となる東京1600mは長い直線が大きな特徴。半面、高速馬場になることも多く、その場合はスピードとキレのある瞬発力を併せ持つ馬が台頭する。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

ヴィクトリアマイルステップレース

2018年4月22日() 京都競馬場/芝1600m
天候: 馬場:
1着 5 サングレーザー 福永祐一 1:31.3 6.8倍 108.1
2着 9 モズアスコット C.ルメール 1 1/4 3.5倍 106.6
3着 4 エアスピネル 武豊 1/2 2.9倍 105.9
4着 2 ガリバルディ 和田竜二 152.6倍⑪ 102.1
5着 3 ベルキャニオン 藤岡佑介 クビ 113.0倍⑩ 101.3
2018年4月21日() 福島競馬場/芝1800m
天候: 馬場:
1着 7 キンショーユキヒメ 秋山真一郎 1:46.8 16.3倍 102.2
2着 4 カワキタエンカ 池添謙一 クビ 2.8倍 102.2
3着 12 デンコウアンジュ 蛯名正義 クビ 7.7倍 101.5
4着 5 トーセンビクトリー 田辺裕信 2 1/2 3.9倍 98.9
5着 3 レイホーロマンス 岩崎翼 3/4 5.7倍 98.2
2018年4月7日() 阪神競馬場/芝1600m
天候: 馬場:
1着 11 ミスパンテール 横山典弘 1:34.8 8.4倍 101.9
2着 10 レッドアヴァンセ 北村友一 アタマ 55.6倍 101.9
3着 3 リスグラシュー 武豊 クビ 2.4倍 101.9
4着 2 アドマイヤリード M.デムーロ クビ 6.6倍 101.2
5着 1 ジュールポレール 幸英明 1/2 12.0倍 100.4
2018年3月10日() 中山競馬場/芝1800m
天候: 馬場:稍重
1着 14 カワキタエンカ 池添謙一 1:49.0 8.2倍 101.1
2着 6 フロンテアクイーン 北村宏司 1/2 5.5倍 100.5
3着 10 レイホーロマンス 岩崎翼 1 1/2 18.8倍 99.2
4着 2 トーセンビクトリー 田辺裕信 アタマ 6.6倍 99.2
5着 12 ブラックオニキス 松岡正海 クビ 77.8倍 98.5

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

ヴィクトリアマイルの歴史と概要


2015、16年の優勝馬ストレイトガール

4歳以上牝馬の春の女王を決める一戦である。かつては古馬牝馬にとっての春の大目標がなかったが、このレースが誕生したことにより状況が一変。ローテーションの核ができあがった。記念すべき第1回(2006年)は、2年前の桜花賞ダンスインザムードがそのとき以来の勝利を挙げ復活。第4回(2009年)はウオッカ、第5回(2010年)はブエナビスタと、歴史的名牝に数えられる馬たちが力の違いを示し、第6回(2011年)は前年に“牝馬3冠”を獲得したアパパネが貫禄勝ち。G1の看板に恥じないレースに成長していった。リピーターが多いのも特徴で、第8~9回(2013~2014年)はヴィルシーナが、第10~11回(2015~2016年)はストレイトガールが、それぞれ連覇を達成。また、第2回(2007年)1着のコイウタ(12番人気)、第4回(2009年)2着のブラボーデイジー(11番人気)、第5回(2010年)3着のニシノブルームーン(11番人気)、第8回(2013年)2着のホエールキャプチャ(12番人気)、第9回(2014年)1着のヴィルシーナ(11番人気)、第10回(2015年)2着のケイアイエレガント(12番人気)、3着のミナレット(18番人気)、第12回(2017年)2着のデンコウアンジュ(11番人気)と、毎年のように2桁人気の伏兵が馬券に絡んでおり、「とにかく荒れるレース」と広く認知されている。

▼2014年はヴィルシーナが逃げ切って史上初の連覇を達成した。

歴史と概要をもっと見る >

ヴィクトリアマイルの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2021年5月8日(
京都新聞杯  G2
2021年5月9日(
新潟大賞典  G3
NHKマイルカップ  G1

競馬番組表

2021年5月8日(
2回新潟1日目
2回東京5日目
3回中京1日目
2021年5月9日(
2回新潟2日目
2回東京6日目
3回中京2日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 クロノジェネシス 牝5
87,342万円
2 コントレイル 牡4
83,051万円
3 オジュウチョウサン 牡10
78,846万円
4 グランアレグリア 牝5
74,022万円
5 キセキ 牡7
66,926万円
6 ダノンスマッシュ 牡6
58,435万円
7 インディチャンプ 牡6
57,504万円
8 ブラストワンピース 牡6
57,236万円
9 マカヒキ 牡8
56,210万円
10 ワグネリアン 牡6
51,244万円
» もっと見る

3歳
1 ソダシ 牝3
26,623万円
2 エフフォーリア 牡3
19,215万円
3 タイトルホルダー 牡3
13,738万円
4 ダノンザキッド 牡3
12,555万円
5 メイケイエール 牝3
11,465万円
6 ステラヴェローチェ 牡3
10,428万円
7 ワンダフルタウン 牡3
10,086万円
8 バスラットレオン 牡3
9,791万円
9 グレナディアガーズ 牡3
9,498万円
10 サトノレイナス 牝3
9,338万円
» もっと見る