今週の重賞レース

2022年1月30日( 根岸ステークス G3 シルクロードS G3

チャンピオンズカップ G1

日程:2020年12月6日() 15:30 中京/ダート1800m
ウマニティ会員登録(無料)



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 B タイム 着差 オッズ 人気 上がり
3F
通過順
1 6 11

チュウワウィザード

牡5 57.0 戸崎圭太  大久保龍 486(+3) 1.49.3 13.3 4 36.4 ⑧⑦⑤④
2 1 2

ゴールドドリーム

牡7 57.0 和田竜二  平田修 532(+2) 1.49.7 2 1/2 9.9 3 36.6 ⑪⑩⑧⑦
3 7 13

インティ

牡6 57.0 武豊  野中賢二 518(+7) 1.49.7 クビ 57.5 10 37.4 ②②①②
4 8 15

クリソベリル

牡4 57.0 川田将雅  音無秀孝 554(+12) 1.49.9 3/4 1.4 1 37.3 ⑦③③③
5 6 12

モズアスコット

牡6 57.0 横山武史  矢作芳人 492(+2) 1.50.0 3/4 67.9 11 36.4 ⑭⑭⑬⑫
6 4 7

カフェファラオ

牡3 56.0 C.ルメー  堀宣行 504(-6) 1.50.2 6.0 2 37.1 ⑩⑦⑧⑨
7 3 6

エアスピネル

牡7 57.0 福永祐一  笹田和秀 492(-2) 1.50.2 クビ 91.0 12 36.6 ⑬⑬⑬⑫
8 1 1

タイムフライヤー

牡5 57.0 藤岡佑介  松田国英 482(+6) 1.50.3 クビ 36.6 7 37.1 ⑧⑩⑩⑦
9 5 9

アルクトス

牡5 57.0 田辺裕信  栗田徹 544(+2) 1.50.3 ハナ 51.5 9 37.4 ④⑦⑤④
10 2 4

エアアルマス

牡5 57.0 松山弘平  池添学 494(-4) 1.50.4 1/2 38.9 8 38.1 ①①②①
11 3 5

クリンチャー

牡6 57.0 三浦皇成  宮本博 494(+4) 1.50.5 1/2 19.9 5 37.2 ⑪⑫⑫⑩
12 4 8

サンライズノヴァ

牡6 57.0 松若風馬  音無秀孝 534(+4) 1.50.9 2 1/2 22.9 6 37.0 ⑭⑮⑮⑮
13 5 10

アナザートゥルース

セ6 57.0 M.デムー  高木登 486(-7) 1.51.1 1 1/4 91.1 13 38.4 ③③③④
14 8 16

サトノティターン

牡7 57.0 藤岡康太  堀宣行 592(+8) B 1.51.6 546.9 16 37.8 ⑯⑮⑮⑮
15 2 3

メイショウワザシ

牡5 57.0 高倉稜  南井克巳 542(+6) 1.52.8 371.5 15 39.6 ④⑤⑩⑫
16 7 14

ヨシオ

牡7 57.0 亀田温心  森秀行 490(+4) 1.52.8 クビ 313.0 14 39.9 ④⑤⑤⑩
ラップタイム 12.7 - 11.1 - 12.7 - 12.0 - 11.8 - 12.0 - 12.1 - 12.0 - 12.9
前半 12.7 - 23.8 - 36.5 - 48.5 - 60.3
後半 60.8 - 49.0 - 37.0 - 24.9 - 12.9

■払戻金

単勝 11 1,330円 4番人気
複勝 11 320円 2番人気
2 390円 4番人気
13 1,490円 9番人気
枠連 1-6 3,040円 10番人気
馬連 2-11 4,010円 12番人気
ワイド 2-11 770円 6番人気
11-13 3,970円 34番人気
2-13 3,740円 33番人気
馬単 11-2 11,170円 27番人気
3連複 2-11-13 35,310円 82番人気
3連単 11-2-13 206,940円 391番人気

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:329,107人(01月26日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

馬場
予想

【チャンピオンズカップ2020予想】先行・差し互角!昨年の同時期とほぼ同様の馬場コンディション!

【チャンピオンズカップ2020予想】先行・差し互角!昨年の同時期とほぼ同様の馬場コンディション!

前年同時期の中京開催ならびに土曜日の中京ダートのレース結果、近年のチャンピオンズカップの結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。

週中の降雨はゼロ。週末の天候にも恵まれ、土曜日のダートコースは終日良馬場(JRA発表)でレースが行われた。ちなみに、土曜日5時30分時点の含水率はゴール前1.8%、4コーナー2.1%(JRA発表)。冬場らしく、かなりドライな状態にある。

とはいえ、ダート1800mで行われた準メイン・浜名湖特別(2勝クラス・牝馬限定)の勝ち時計は1分53秒7。牡馬混合で施行された前年の同レース(第2週目に開催)は1分53秒3の決着。昨年の同時期とほぼ同様のコンディション、つまりメンバーとペース次第では、高速決着もあり得る馬場とみてよさそうだ。

日曜日午後からの降水確率は0%。雨の心配はしなくてもよさそう。風に関しても予報を確認する限り、レースに影響を及ぼすほどのものではなさそうだ。従って、土曜日と同じような馬場コンディションになることが想定される。

枠順に関しては、真ん中より内(1~4枠あたり)がやや優位と判断したい。最初のコーナー進入までの距離がさほどないことに加え、各コーナーの角度がキツい形状ゆえに、ロス少なく回ってくる馬の利は大きいはずだ。脚質についてはペースにも左右されるが、基本的に先行・差し互角と捉えるべきだろう。

血統面については、直近5回のチャンピオンズカップの1~2着馬延べ10頭を検証すると、いずれも父あるいは母の父に国内芝のG1馬を輩出している種牡馬を配していた。砂に適したパワーだけではなく、芝向きの持続的な末脚の要素も必要ということである。

総合力を求められる最高峰のダート競走ということもあり、直近5回の1~2着馬で前走6着以下に敗れていたのは1頭のみ。その1頭を含む連対馬延べ10頭の前走の単勝人気はいずれも5番人気以内だった。血統面とセットで押さえておきたい傾向といえよう。

今回の出走メンバーで、血統面と先述した馬場傾向の要点(1~4枠)をともに満たしている馬は、①タイムフライヤー、⑤クリンチャー。両馬ともに単勝4番人気以下の伏兵で、配当妙味は十分にある。この2頭のうち、最低1頭は馬券に絡むという前提で、フォーメーションを組んでみるのも面白いかもしれない。

【馬場予想からの注目馬】
タイムフライヤー クリンチャー
プロ
予想

【チャンピオンズカップ2020予想】危険な人気馬はあの馬!? ダート最強タッグ!予想神「スガダイ」とダート神「nige」の注目馬大公開!

【チャンピオンズカップ2020予想】危険な人気馬はあの馬!? ダート最強タッグ!予想神「スガダイ」とダート神「nige」の注目馬大公開!

13開催連続プラス収支を達成した予想神『スガダイ』の重賞展望をお届け!
完全収支公開のガチンコ勝負を勝ち抜いた本気予想は必見です!

出演:スガダイ(予想神) nige(ダート神) 岡田大(ウマニティ編集長)

スガダイなどプロ予想家の予想を見る

調教
予想

【チャンピオンズカップ2020予想】昨年以上を窺わせるクリソベリルとチュウワウィザード-水曜追い切りチェック

【チャンピオンズカップ2020予想】昨年以上を窺わせるクリソベリルとチュウワウィザード-水曜追い切りチェック

日曜日に行われるチャンピオンズカップの登録馬の水曜追い切り(追い切り映像が確認できた馬に限る)について、1頭ずつシンプルに考察していきます。予想の際にお役立てください。なお、出走馬確定後に最終版記事を改めて掲載します。

※評価は上からA~D、F(判定不能)の5段階

アナザートゥルース【B】
美浦南W併走。推進力が上に逃げる完歩が目につくものの、首をしっかり使えているので、走り全体のリズムは悪くない。抜け出したあとも集中を切らすことなく、脚を伸ばしていた点は評価できる。いい仕上がり具合ではないか。

アルクトス【B】
美浦坂路併走。行きっぷり良く好タイムをマークした。少し前進気勢に過ぎる気もするが、脚さばきはスムーズ。前後のバランスもとれている。攻め巧者なので過度の評価はできないものの、雰囲気は決して悪くない。

インティ【C】
栗東CW併走。頭を低く保っている点はいいのだが、直線半ばで手前を替えてからは、集中力が途切れ気味。そのぶん、しまいの伸びを欠いてしまった。現状維持の範囲内という感が強く、勝ち負けまではどうか。

エアアルマス【B】
栗東坂路単走。序盤の走りこそ地味だったが、鞍上に促されたあとの伸び脚には光るものがあった。実戦を叩いて、調子が上向いているのは間違いない。あとは、他馬がいる場合に落ち着きを保てるか否か。そのあたりが焦点となろう。

エアスピネル【C】
栗東坂路併走。四肢の可動域が狭く、リズムに乗り切れない走り。加速ラップを刻んだとはいえ、元来稽古駆けする馬とすれば、物足りなさを感じてしまう。一変を望むのは難しいかもしれない。

クリソベリル【
栗東坂路併走。追走遅れの形になったものの、追い抜くことが目的の調整ではないうえに、先行していたのは末脚自慢のサンライズノヴァ。深刻に捉える必要はない。昨年の同時期と比べて、楽に時計を出せるようになっているし、威圧感も増している。優に合格点だろう。

クリンチャー【B】
栗東坂路単走。序盤こそモタモタしていたものの、中盤以降は小気味の良い脚運びを見せた。やや気負い気味ではあるが、いい頃の躍動感ある走りが戻りつつあり、状態は着実に上昇している。軽んじて扱えない1頭といえよう。

ゴールドドリーム【B】
栗東坂路単走。序盤としまいに手前の切り替えでスムーズさを欠いたが、道中のステップは軽快で活気も十分。ブレの少ないフォームで駆ける姿は見映えがする。順調とみてよさそうだ。

サトノギャロス【D】
栗東坂路単走。体の向きが安定しないし、右前肢の着地ポイントもバラつき気味。鞍上の仕掛けに対する反応も薄いというよりは、嫌がっているように映る。本来のデキにあるとは言い難く、今回は割引が必要だろう。

サトノティターン【D】
美浦南W併走。鞍上の合図に対する反応が鈍く、しまいにかけての伸びは今ひとつ。力むことなく走れている点は評価できるが、もう少し覇気を出してほしいのも確か。良化途上の感は否めず、今回は様子見が正解のように思える。

サンライズノヴァ【B】
栗東坂路併走。ほぼ馬任せの軽めの内容ながら、一定のリズムを保って駆け抜けた。見た目は地味だが、追いかけてくるクリソベリルに馬体を寄せられても、気負うことなく走る姿から、折り合い面の心配はしなくてもよさそう。及第点の仕上がりと判断したい。

タイムフライヤー【B】
栗東CW単走。少し前肢の出が窮屈に映るものの、促されてからの反応はスムーズで、最後まで集中力を切らすことなく走り抜いた。稽古映えするタイプなので過大評価はしづらいが、漂う気配は上質の部類。侮れない存在だ。

チュウワウィザード【
栗東坂路併走。中盤から一定のリズムを保ち、持続的に脚を伸ばしていた点は高く評価できる。最後はやや体勢不利の形となったが、これは相手を褒めるべきだろう。少なくとも前年(4着)の最終追い時より雰囲気はいい。

デュードヴァン【D】
美浦南W併走。僚馬が気になるのか、頭が相手のほうに向く場面が多く、フォームが崩れがち。鞍上の仕掛けに対する反応も薄く、モチベーションが不足しているように映る。G1で対等に争うには、もう少し時間が必要かもしれない。

モズアスコット【B】
栗東坂路単走。息を整える程度の内容ながら、気負うところなく制御の利いた走りを見せた。やや頭の位置は高いものの、回転鋭い脚さばきは健在だし、前後左右のバランスもとれている。現状の力を出せる態勢とみたい。

【調教予想からの注目馬】
クリソベリル チュウワウィザード

追い切りニュース

追い切りニュースをもっと見る

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:329,107人(01月26日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

厩舎
の話

【チャンピオンズカップ2020予想】チュウワウィザード「速い時計への対応がカギ」 ゴールドドリーム「坂路でさすがの動き」

【チャンピオンズカップ2020予想】チュウワウィザード「速い時計への対応がカギ」 ゴールドドリーム「坂路でさすがの動き」

 アナザートゥルース・デムーロ騎手「調教は右回りでモタれたが、レースは左回りだからOK」

 アルクトス・栗田調教師「馬は良くなっている。クリソベリルがいるのでどれだけやれるか」

 インティ・野中調教師「馬体の張りはいいし、柔らかみもある。前向きさが戻ってくれれば」

 エアアルマス池添学調教師「上々の動き。メンバーが強くなるので、うまく立ち回りたい」

 エアスピネル・笹田調教師「使って状態は上向き。直線の長い中京に替わるのもいい」

 クリンチャー・宮本調教師「後続に脚を使わせるような、スタミナを生かした競馬ができれば」

 ゴールドドリーム・平田調教師「コース替わりはいい。坂路での追い切りもさすがの動き」

 サトノティターン・堀調教師「最終追い切りの反応は悪くなかったが、いいころにはもう一歩」

 サンライズノヴァ・松若騎手「距離は延びても大丈夫。長くいい脚を使えるところを生かす」

 タイムフライヤー・松田調教師「描いたとおりの動きだった。前走を1走して良化している」

 チュウワウィザード・大久保調教師「いい時計でデキは上々。速い時計への対応がカギ」

 メイショウワザシ・南井調教師「単走でしまいを伸ばした。状態は申し分ない。相手が強いので自分の競馬をするだけ」

 モズアスコット・玉井助手「カッとしなくなった。コーナー4つの9Fにどう対応するか」

 ヨシオ・日高助手「ジャパンCからの連闘になるが状態は変わりない。ダートでどこまで」(夕刊フジ)

★チャンピオンズCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

データ
予想

【チャンピオンズカップ2020予想】クリソベリル筆頭に、全5頭が条件オールクリア

【馬齢】

名称がチャンピオンズカップに変わり、場所も中京に移った2014年以降の3着以内延べ18頭の馬齢をみると、3歳から7歳までの範囲。ただし、7歳馬の最高着順は3着止まり、3歳の好走はJpn1で優勝経験があった馬に限られる。その点には注意したい。

【所属】

2014年以降、栗東所属馬の【4.5.5.59】に対し、美浦所属馬は【2.1.1.13】。連対率、複勝率ともに後者が上回っている。だが、後者の好走は前走が重賞1着、もしくはG1・Jpn1で3着以内だった馬のみ。相応の戦歴がない関東馬は割引が必要となる。

【前走使用レース】

2014年以降の3着以内延べ18頭の前走使用レースを大まかに分けると、JBC諸競走、南部杯、日本テレビ盃、JRA・G3競走の4パターンに限定される。これ以外のステップで臨んだ馬は、複勝圏に達していない。

【前走人気】

前走の人気については、G1・Jpn1であれば5番人気、それ以外の場合は4番人気がボーダーライン。2014年以降、この条件を満たしていなかった馬は、例外なく4着以下に敗れている。

【距離実績】

2014年以降の3着以内延べ18頭のうち、13頭にダート1800m以上のG1・Jpn1で3着以内の経験があり、残りの5頭にはダート1800m以上の重賞で連対歴があった。ダート重賞の良績が1800m未満の距離に偏っている馬は、疑ってかかるべきだろう。

【データ予想からの注目馬】
上記5項目で減点がないのは、インティエアアルマスクリソベリルクリンチャーチュウワウィザードの5頭。最上位にはクリソベリルを推す。前年覇者という舞台相性の良さもさることながら、国内8戦8勝の成績も高く評価できる。帰国初戦の帝王賞、続く前走のJBCクラシックを強い内容で制した、同馬の能力を素直に信頼したい。

2、3番手にはチュウワウィザードクリンチャーの順でピックアップ。インティは、近6回連対ゼロの前走8着以下敗退馬に該当。チャンピオンズカップで苦戦傾向にある、父ボールドルーラー系のエアアルマスも強調しづらい印象を受ける。

<注目馬>
クリソベリル チュウワウィザード クリンチャー

このレースの傾向やデータをもっと見る

U指数
予想

【チャンピオンズカップ2020予想】マイナス要素が見当たらないクリソベリルを中心視!

U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

このレースは、結果がU指数に反映されない地方交流重賞を中心に使われている馬や、古馬と対戦経験の少ない3歳馬など、高い指数の出にくい馬の出走が多く、指数通りになかなか決まってくれない。U指数泣かせの重賞としては、一二を争うレベルだろう。昨年も16位のクリソベリルが1着となり、改めて指数とマッチしないことが示された。

ただし、システム上指数が伸びていないだけで、能力的に通用することはファンも理解しており、馬券に絡む指数下位の馬はたいていが上位人気。過去5年間において二桁順位かつ二桁人気で3着以内に入ったのは、2015年1着のサンビスタ(13位、12番人気)1頭しかいない。いくら指数が機能しないといっても、無謀な穴狙いは避けるべきだろう。

まずは、前年覇者で2位の評価を受けている国内無敗のクリソベリル(101.7)に注目。そして、ダートではまだ伸びしろがありそうな4位タイのエアスピネル(101.2)、ダート路線転向後は大きく崩れていない4位タイのクリンチャー(101.2)を押さえておく。また、指数の低い3歳馬の好走が頻繁に見られるレースなので、12位のカフェファラオ(98.2)も警戒しておきたい。

出走予定馬のU指数をチェックする

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:329,107人(01月26日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

血統
予想

【チャンピオンズカップ2020予想】芝G1勝ち馬を出した種牡馬の産駒が活躍、例外ゴールドアリュールは母の父Nureyevに注目

【チャンピオンズカップ2020予想】芝G1勝ち馬を出した種牡馬の産駒が活躍、例外ゴールドアリュールは母の父Nureyevに注目

ダートのチャンピオンを決める戦いではあるが、過去の優勝馬の種牡馬を並べてみると、キングカメハメハ、スズカマンボ、フレンチデピュティ、ゴールドアリュール(2回)、シンボリクリスエス、と5頭のうち4頭が芝のG1ウィナーを出しており、非該当のゴールドアリュールにおいても延べ3頭の産駒が芝G3勝ち、自身は02年日本ダービー5着の実績を持っていた。

なお、2勝を挙げるゴールドアリュールは母の父NureyevがSadler's WellsやFairy Kingの叔父にあたる血統で、この血脈はKingmambo(ホッコータルマエ、サンビスタ、クリソベリル)やジャングルポケット(アウォーディ)、Northern Afleet(インティ)の母の父としても本競走で存在感を放っている。

クリソベリルは、父ゴールドアリュール×母クリソプレーズ(母の父エルコンドルパサー)。クリソライトの全弟、マリアライト、リアファルの半弟にあたり、叔父に06年ジャパンCダートを制したアロンダイトがいる血統。本馬は昨年の勝ち馬でもあり、国内では8戦8勝といまだに底を見せていない。前々で立ち回れる先行力、瞬時に抜け出す加速力、しっかり最後まで脚を使える持続力、昨年のJRA賞最優秀ダートホースに違わぬ実力の持ち主だ。

タイムフライヤーは、父ハーツクライ×母タイムトラベリング(母の父ブライアンズタイム)。04年ジャパンCダートなどダートグレード競走を9勝したタイムパラドックスの甥で、サクラローレルやエピセアローム、カポーティスターが出たBold Ladyに遡る牝系。本馬は母系の血統を考慮すれば、ワンターンよりもコーナー4回、休み明けよりも叩き2戦目でパフォーマンスを上げる可能性が高く、前走よりも条件は好転するはず。古馬になってもう一皮むけるあたりに父の成長力も垣間見える。

チュウワウィザードは、父キングカメハメハ×母チュウワブロッサム(母の父デュランダル)。アイアンテーラーの甥で、同い年のいとこに18年チャンピオンズC-G1などダートグレード競走を5勝したルヴァンスレーヴがいる血統。本馬は浦和競馬場で開催された19年JBCクラシックでJpn1初制覇を飾っていたように、器用に立ち回れる機動力が最大の武器と言えるだろう。昨年のチャンピオンズC-G1ではポジション取りに失敗したことを敗因に挙げており、それでいて4着なのだから一線級の力は示せていた。

(文・シンヤカズヒロ)

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

ステップ
レース

【チャンピオンズカップ2020予想】前哨戦での各馬のパフォーマンス&U指数評価は?

2020年11月14日() 東京/ダ1600m
天候:晴 馬場:
東京中日S杯武蔵野S2020
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 6 サンライズノヴァ 松若風馬 1:35.0 5.1 3 35.4 102.9
2 12 ソリストサンダー 北村宏司 1:35.1 3/4 54.9 11 35.6 102.4
3 7 エアスピネル 三浦皇成 1:35.3 1 1/4 18.0 8 36.1 101.4
4 8 ワンダーリーデル 横山典弘 1:35.4 1/2 10.5 5 35.6 100.9
5 11 タイムフライヤー C.ルメール 1:35.4 アタマ 2.8 1 36.1 100.9
2020年11月8日() 阪神/ダ1800m
天候:晴 馬場:
みやこステークス2020
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 6 クリンチャー 川田将雅 1:49.9 3.4 1 37.3 105.6
2 7 ヒストリーメイカー 北村友一 1:50.4 7.9 4 37.6 103.5
3 8 エイコーン 高倉稜 1:51.1 56.9 9 37.7 100.5
4 10 エアアルマス 松山弘平 1:51.2 3/4 3.9 3 38.7 100.1
5 2 マグナレガーロ 浜中俊 1:51.4 1 1/4 18.2 7 38.6 99.3
2020年10月3日() 中京/ダ1900m
天候:曇 馬場:
シリウスステークス2020
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 15 カフェファラオ C.ルメール 1:57.8 1.7 1 36.9 99.5
2 2 サクラアリュール 藤岡康太 1:57.9 3/4 40.5 7 37.0 99.1
3 3 エイコーン 高倉稜 1:58.1 1 1/4 56.3 9 37.0 98.3
4 9 ダノンスプレンダー 川田将雅 1:58.3 1 1/2 8.4 3 37.0 97.5
5 6 メイショウワザシ 浜中俊 1:58.4 1/2 15.1 6 37.7 97.1
過去10年の結果

【チャンピオンズカップ2020予想】過去のレース結果と結果U指数をチェック!

2019年12月1日() 中京/ダ1800m
天候:晴 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 5 クリソベリル 川田将雅 1:48.5 4.4 2 35.4 108.1
2 11 ゴールドドリーム C.ルメール 1:48.5 クビ 3.5 1 35.4 108.1
3 4 インティ 武豊 1:48.7 1 1/4 4.7 3 35.9 107.3
4 3 チュウワウィザード 福永祐一 1:48.8 1/2 6.7 5 35.5 106.9
5 12 キングズガード 秋山真一郎 1:49.1 1 3/4 181.9 13 35.0 105.6
2018年12月2日() 中京/ダ1800m
天候:晴 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 2 ルヴァンスレーヴ M.デムーロ 1:50.1 1.9 1 35.6 105.2
2 12 ウェスタールンド 藤岡佑介 1:50.5 2 1/2 32.1 8 34.4 103.5
3 9 サンライズソア J.モレイラ 1:50.5 クビ 8.2 3 35.9 103.5
4 1 アンジュデジール 横山典弘 1:50.7 1 1/4 40.1 9 36.5 102.7
5 11 オメガパフューム C.デムーロ 1:51.1 2 1/2 9.2 4 36.0 101.0
2017年12月3日() 中京/ダ1800m
天候:晴 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 9 ゴールドドリーム R.ムーア 1:50.1 13.0 8 35.2 105.8
2 13 テイエムジンソク 古川吉洋 1:50.1 クビ 4.8 1 36.1 105.8
3 1 コパノリッキー 田辺裕信 1:50.2 クビ 13.2 9 36.3 105.4
4 2 ケイティブレイブ 福永祐一 1:50.4 1 1/4 6.6 3 36.2 104.5
5 11 アウォーディー 武豊 1:50.5 1/2 7.3 4 36.1 104.1

過去10年の結果をもっと見る

歴史と
概要

【チャンピオンズカップ2020予想】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

2001年の優勝馬クロフネ
2001年の優勝馬クロフネ

砂の走りに覚えのある強者が初冬の尾張で覇を競う。レース名称がジャパンカップダート時代の第2回(2001年)はクロフネが衝撃のマクリを見せて圧勝。世界最高峰のダート競走・ドバイワールドカップ制覇に向けて夢が広がったが、屈腱炎を患い、結果的にこのレースがラストランとなった。第6回(2005年)、「砂のディープインパクト」の異名そのままに、3歳にして古馬を力でねじ伏せたのはカネヒキリ。その後は故障に見舞われ、2年4カ月もの休養を余儀なくされるも、前哨戦を一叩きされて臨んだ第9回(2008年)は3~4コーナーで内に潜り込んで直線入口で壁をさばく「大人なレース」で快勝。「復活」どころか、挫折を経てさらなる成長を遂げていることを見せつけた。第11、12回(2010、2011年)はトランセンドが2年連続の逃げ切りを見せて連覇を達成。トランセンドはのちにドバイワールドカップでも逃げの手に出て2着に粘り、勝ち馬ヴィクトワールピサと日本調教馬によるワンツーフィニッシュ。クロフネで見た夢の結実を演出した。

▼2011年はトランセンドが2年連続の逃げ切りを見せて連覇を達成。

歴史と概要をもっと見る

チャンピオンズカップ特集 バックナンバー

トップへ