会員登録はこちら
阪神カップ G2   日程:2021年12月25日()  阪神/芝1400m

阪神カップの歴史と概要


2017年の優勝馬イスラボニータ

スプリンターとマイラーのトップクラスが一堂に会することを目的に、2006年につくられた芝1400mのG2で、フサイチリシャールが勝った第1回(2006年)から質の高いメンバーが顔をそろえている。第4~5回(2009~2010年)は高松宮記念2年連続勝利のキンシャサノキセキが、第6~7回(2011~2012年)は“阪神千四の鬼”サンカルロが、そして第8~9回(2013~2014年)は日豪G1馬となるリアルインパクトが、それぞれ連覇を達成。第12回(2017年)はここが引退レースとなった皐月賞馬のイスラボニータが、圧巻のレコードタイムのオマケ付きで有終の美を飾った。

歴代優勝馬

1986年以降の優勝馬を掲載しています。優勝馬の馬齢は2000年以前も現行表記と統一しています。

回数 開催日 優勝馬 性齢 勝ち
タイム
騎手 調教師 レース
結果
第15回
2020年12月26日
阪神 芝1400m
ダノンファンタジー 牝4 1:19.7 藤岡佑介 中内田充 全着順を
見る
第14回
2019年12月21日
阪神 芝1400m
グランアレグリア 牝3 1:19.4 C.ルメール 藤沢和雄 全着順を
見る
第13回
2018年12月22日
阪神 芝1400m
ダイアナヘイロー 牝5 1:21.1 菱田裕二 大根田裕 全着順を
見る
第12回
2017年12月23日
阪神 芝1400m
イスラボニータ 牡6 1:19.5 C.ルメール 栗田博憲 全着順を
見る
第11回
2016年12月24日
阪神 芝1400m
シュウジ 牡3 1:21.9 川田将雅 須貝尚介 全着順を
見る
第10回
2015年12月26日
阪神 芝1400m
ロサギガンティア 牡4 1:21.4 M.デムーロ 藤沢和雄 全着順を
見る
第9回
2014年12月27日
阪神 芝1400m
リアルインパクト 牡6 1:20.7 W.ビュイック 堀宣行 全着順を
見る
第8回
2013年12月23日
阪神 芝1400m
リアルインパクト 牡5 1:21.4 R.ムーア 堀宣行 全着順を
見る
第7回
2012年12月24日
阪神 芝1400m
サンカルロ 牡6 1:21.0 吉田豊 大久保洋 全着順を
見る
第6回
2011年12月17日
阪神 芝1400m
サンカルロ 牡5 1:20.5 吉田豊 大久保洋 全着順を
見る
第5回
2010年12月18日
阪神 芝1400m
キンシャサノキセキ 牡7 1:20.3 C.スミヨン 堀宣行 全着順を
見る
第4回
2009年12月20日
阪神 芝1400m
キンシャサノキセキ 牡6 1:20.4 M.デムーロ 堀宣行 全着順を
見る
第3回
2008年12月21日
阪神 芝1400m
マルカフェニックス 牡4 1:21.6 福永祐一 松永昌博 全着順を
見る
第2回
2007年12月16日
阪神 芝1400m
スズカフェニックス 牡5 1:20.6 武豊 橋田満 全着順を
見る
第1回
2006年12月17日
阪神 芝1400m
フサイチリシャール 牡3 1:20.6 福永祐一 松田国英 全着順を
見る

歴史と位置付け

短距離競走体系のさらなる充実を図るため、スプリンターとマイラー双方が一堂に会して激突する新たな魅力を持つレースとして2006年に創設。舞台は阪神芝1400mで、格付けはG2。その狙い通り、第1回から質量ともに充実したメンバーがそろう傾向にあり、毎年のように名勝負が展開されている。G2ながらに定量で行われることから、札幌記念とともに「スーパーG2」とも呼ばれることも。

開催時期

創設時より12月中旬~下旬に開催。第7~8回(2012~2013年)は、有馬記念の翌日に「その年最後のJRA重賞」として開催された。

競走条件

3歳以上馬が出走可能。負担重量規定は定量。斤量は3歳56kg、4歳以上57kg(それぞれ牝馬は2kg減)。コースは阪神芝1400m。地方競馬所属馬、外国産馬、外国調教馬ともに創設時から出走可能となっている。

年表

2006年レース創設。格付けはG2。阪神芝1400mで第1回施行
2012年有馬記念の翌日に、その年最後のJRA重賞として施行
2013年有馬記念の翌日に、その年最後のJRA重賞として施行
会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2021年9月26日(
産経賞オールカマー  G2
神戸新聞杯  G2

競馬番組表

2021年9月25日(
4回中山6日目
5回中京6日目
2021年9月26日(
4回中山7日目
5回中京7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 クロノジェネシス 牝5
102,623万円
2 グランアレグリア 牝5
90,189万円
3 コントレイル 牡4
83,051万円
4 オジュウチョウサン 牡10
78,846万円
5 キセキ 牡7
68,426万円
6 インディチャンプ 牡6
59,504万円
7 ブラストワンピース 牡6
58,942万円
8 ダノンスマッシュ 牡6
58,435万円
9 マカヒキ 牡8
56,210万円
10 ワグネリアン 牡6
51,244万円
» もっと見る

3歳
1 ソダシ 牝3
33,714万円
2 シャフリヤール 牡3
28,209万円
3 エフフォーリア 牡3
27,992万円
4 ユーバーレーベン 牝3
19,636万円
5 シュネルマイスター 牡3
18,181万円
6 ステラヴェローチェ 牡3
15,816万円
7 タイトルホルダー 牡3
13,738万円
8 グレナディアガーズ 牡3
13,140万円
9 ヨカヨカ 牝3
12,711万円
10 ダノンザキッド 牡3
12,555万円
» もっと見る