会員登録はこちら
福島牝馬ステークス G3   日程:2015年4月25日() 15:25 福島/芝1800m

レース結果

福島牝馬ステークス G3

2015年4月25日() 福島/芝1800m/16頭

本賞金:3,700万 1,500万 930万 560万 370万


レコード:1分45秒3
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 3 6

スイートサルサ

牝5 54.0 田中勝春  菊川正達 468(0) 1.46.0 7.4 3
2 6 12

リラヴァティ

牝4 53.0 丸山元気  石坂正 450(-12) 1.46.0 クビ 15.2 9
3 1 1

メイショウスザンナ

牝6 54.0 松田大作  高橋義忠 472(+14) 1.46.1 3/4 69.9 13
ラップタイム 12.3 - 10.8 - 11.5 - 12.2 - 12.0 - 11.8 - 11.7 - 11.7 - 12.0
前半 12.3 - 23.1 - 34.6 - 46.8 - 58.8
後半 59.2 - 47.2 - 35.4 - 23.7 - 12.0

■払戻金

単勝 6 740円 3番人気
複勝 6 330円 3番人気
12 510円 10番人気
1 1,860円 14番人気
枠連 3-6 1,520円 6番人気
馬連 6-12 6,490円 29番人気
ワイド 6-12 2,120円 28番人気
1-6 9,530円 73番人気
1-12 16,700円 93番人気
馬単 6-12 11,670円 51番人気
3連複 1-6-12 153,060円 304番人気
3連単 6-12-1 599,360円 1,485番人気

福島牝馬ステークスのニュース&コラム

【福島牝馬S】サルサ、8度目挑戦で重賞初制覇
 第12回福島牝馬ステークス(25日、福島11R、GIII、4歳上牝馬オープン国際(指)、別定、芝1800メートル、1着本賞金3700万円、1着馬にヴィクトリアマイルの優先出走権=出走16頭)中団を進んだ田中勝春騎乗の3番人気スイートサルサが、先に抜け出した9番人気リラヴァティをかわしてクビ差で重賞初制覇を飾り、ヴィクトリアマイル(5月17日、東京、GI、芝1600メートル)の優先出走権を獲得した。タイムは福島開催でのレースレコードとなる1分46秒0(良)。1番人気パワースポットは7着に敗れた。 6着までが0秒2、約1馬身差というハンデ戦並みの大接戦を制したのは、3番人気スイートサルサだった。よどみない流れのなか、これまでよりも前となる中団の外で追走。3コーナーから徐々に差を詰め、2番手から抜け出していたリラヴァティをゴール寸前で捕らえ、8度目の挑戦で重賞初制覇を飾った。 タイム1分46秒0(良)は2012年オールザットジャズの記録を0秒1更新する福島開催でのレースレコード。田中勝騎手はしてやったりの表情でレースを振り返った。 「展開に左右される馬だけど、いつもよりスタートが良かったことで、いいポジションで運べたんだ。右回りは初勝利になるけど、問題ないと思っていたからね。どこかで重賞は勝てると思っていた馬。それだけにうれしいね」 賞金面で除外の可能性があったヴィクトリアマイルへも晴れて出走が可能になった。昨年のオークス馬ヌーヴォレコルトなど強敵は多いが、「東京の長い直線はいいからね」と田中勝騎手。勢いは侮れない。 ◆丸山騎手(リラヴァティ2着) 「直線で抜け出してからソラを使って(気を抜いて)しまって…。逃げ馬がもう少し粘ってくれればよかったですね」 ◆松田騎手(メイショウスザンナ3着) 「ハミを工夫したおかげで、道中はうなるような走り。この感じなら重賞でも通用していいですよ。距離も大丈夫」 ◆菊沢師(パワースポット7着) 「硬い馬場で内が有利だったし、展開も向きませんでした」 ◆藤岡康騎手(ブランネージュ11着) 「直線でゴチャついてしまって…」★25日福島11R「福島牝馬ステークス」の着順&払戻金はこちら■スイートサルサ 父デュランダル、母スイートハビタット、母の父グランドロッジ。栗毛の牝5歳。美浦・菊川正達厩舎所属。北海道日高町・シンボリ牧場の生産馬。馬主もシンボリ牧場。戦績16戦5勝。獲得賞金1億3514万2000円。重賞初勝利。福島牝馬Sは、菊川正達調教師、田中勝春騎手ともに初勝利。馬名の意味は「冠名+サルサ(ダンスの一種)」。
2015年4月26日() 05:02

 391

【福島牝馬S】スイートサルサが重賞初制覇!
 25日の福島11Rで行われた第12回福島牝馬ステークス(4歳上牝馬オープン、GIII、芝1800メートル、16頭立て、1着賞金=3700万円、1着馬にヴィクトリアマイルの優先出走権)は、田中勝春騎手騎乗の3番人気スイートサルサ(5歳、美浦・菊川正達厩舎)がゴール前で差し切り、重賞初制覇を果たした。タイムは1分46秒0(良)。 出走取消明けのハンデを乗り越えて、待ちに待った重賞タイトルをつかんだ。オッズが示す通りの混戦を最後に制したのは、5歳馬スイートサルサ。早くから重賞で好走していた素質馬が、1000万下からリスタートして、ようやくタイトルホルダーの仲間入りを果たした。 レースはペイシャフェリスが先手を取り、リラヴァティが2番手。ミナレット、シャイニーガールなどが好位に続き、人気を分け合ったブランネージュは中団、パワースポットは最後方からレースを進めた。先行争いは意外に激しくならず、ペイシャフェリスが先頭のまま4コーナーを迎える。満を持して2番手から抜け出すリラヴァティと、外から手応え良く進出してきたスイートサルサがゴール前では抜け出して、2頭の争い。最後はスイートサルサがねじ伏せる形で、クビ差先着した。2着は格上挑戦だった9番人気のリラヴァティ。3/4馬身差の3着には、大外から追い込んだ13番人気の伏兵メイショウスザンナが入っている。 スイートサルサは、父デュランダル、母スイートハビタット、母の父Grand Lodgeという血統。北海道日高町・シンボリ牧場の生産馬で、シンボリ牧場の所有馬。通算成績は16戦5勝。重賞初勝利。菊川正達調教師、田中勝春騎手ともに福島牝馬S初勝利。 田中勝騎手は「いつもよりスタートが良くて、いいポジションで運べた。どこかで重賞は勝てると思っていた馬。それだけにうれしいね」と10度目の騎乗でつかんだ重賞タイトルに笑顔を見せていた。★25日福島11R「福島牝馬ステークス」の着順&払戻金はこちら
2015年4月25日() 15:36

 394

【福島牝馬S】入線速報(福島競馬場)
福島11R・福島牝馬ステークスGIII(1回福島競馬場5日目 福島競馬場 芝・右 1800m サラ系4歳以上オープン・牝・別定)は、1番手6番スイートサルサ、2番手12番リラヴァティ、3番手1番メイショウスザンナで入線しています。 ※上記は確定前情報です。正確な情報につきましては、今後JRA(日本中央競馬会)から発表される確定情報をお待ちください。 着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。
2015年4月25日() 15:29

 227

【福島牝馬S】フィロパトール虎視眈々
 フィロパトールは福島で【3・1・2・3】の好成績。昨年の当レースは最低人気ながら0秒1差3着と見せ場たっぷりだった。「去年の牝馬Sは正直恵まれた感じだったけど、秋の福島記念は位置取りが悪かったのに4着。やっぱり福島が合うんだね。今週の追い切りはとても追いつかないようなところから併入した。叩き良化型でも力の出せる仕上がりだよ」と、武藤調教師は十八番コースでの重賞Vに意欲。★福島牝馬ステークスの枠順はこちら
2015年4月24日(金) 11:32

 455

福島牝馬ステークスのニュースをもっと見る >

【福島牝馬S】パワースポット、重賞初Vへ感触◎
 重賞6度目の挑戦で初制覇を目指すパワースポットは、坂路で4ハロン57秒1-14秒1を馬なりでマーク。リベルタンゴ(3歳500万下)の外で併入した。若駒に胸を貸す形で余裕の手応え。追えばいくらでも伸びそうな感触だった。 「キャリア豊富な馬なので、直前は体調を整える程度でいいでしょう。いつも自分の力を出し切る馬ですし、直線で前(進路)があいてくれれば」と菊沢調教師。末脚勝負の馬で展開次第の面はあるが、まとめて差し切るだけの切れ味は秘めている。★福島牝馬ステークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2015年4月23日(木) 05:03

 302

【福島牝馬S】追って一言
 ◆アルマディヴァン・高橋文師 「急激に力を付けてきた。動きがよく、状態は今までで一番かな。ロスなく、末脚を生かせれば」 ◆ウエスタンメルシー・奥村武師 「調教の動きがレースに直結するタイプ。相手は強いが、動きがよかったので楽しみです」 ◆オメガハートロック・橋本助手 「状態はよくなっていますし、中山で走っているのでコース形態の似た福島でも問題ないでしょう」 ◆グレイスフラワー・宗像師 「追ってからの反応が良かった。ひと叩きの効果は十分。小回りは問題なく、差はない」 ◆ケイティバローズ・角田師 「予定より少し速くなったが、実戦をイメージした追い切りができた。今回も後ろからの競馬。展開が向けば」 ◆シャイニーガール・湯窪師 「ここ2走は牡馬相手でもあり、自分からやめている感じ。牝馬同士で変わり身を期待」 ◆スイートサルサ・菊川師 「動きはいいし、前走を取り消した影響はない。福島で決め手が生かせれば」 ◆バーバラ・小崎師 「短距離で頭打ちなので、この舞台へ。距離はやってみないと分からない。行く馬がいなければハナに行ってもいい」 ◆フィロパトール・武藤師 「体が絞れてきました。本質的に叩いてよくなるタイプですが、得意の福島なら」 ◆ブランネージュ・藤岡師 「前走は久々で良化途上。使って確実によくなっている。この舞台もいいと思うので、期待しています」 ◆ペイシャフェリス・高市師 「追い切りは、さすがという動き。急がせることなく前に付けられれば」 ◆マイネグレヴィル・和田道師「しまいの反応がよく、状態はいい。福島は勝っており、好相性。ひと雨欲しい」 ◆ミナレット・大和田師「動きはまずまず。ゲートに課題があり、上手にスタートを切りたい。スムーズな競馬ができれば」★福島牝馬ステークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2015年4月23日(木) 05:03

 520

福島牝馬ステークス過去10年の結果

2014年4月26日() 福島競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
2013年4月20日() 福島競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
2012年4月21日() 福島競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
1着 オールザットジャズ 藤岡佑介 1:46.1 3.0倍 102.4
2着 コスモネモシン 丹内祐次 1 1/4 6.9倍 101.1
3着 アカンサス 武豊 1/2 6.8倍 100.4

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

福島牝馬ステークスの歴史と概要


2012、13年の優勝馬オールザットジャズ

ヴィクトリアマイルにつながる芝1800mの牝馬限定重賞。ローカル開催ということもあり出走馬の顔ぶれは例年地味だが、第7回(2010年)には2年前の桜花賞馬・レジネッタが参戦。その桜花賞ぶりとなる久々の勝利を挙げた。第9~10回(2012~2013年)はオールザットジャズが連覇。このレースの勝ち馬が本番で好走したのは第6回(2009年)のブラボーデイジーヴィクトリアマイルは11番人気2着)のみだが、第12回(2015年)5着のミナレットが本番で18番人気3着、第14回(2017年)4着のデンコウアンジュが本番で11番人気2着と、近年は負けた馬が巻き返して超大穴をあける例が目立っている。

歴史と概要をもっと見る >

福島牝馬ステークスの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年10月20日(
富士ステークス G3
2018年10月21日(
菊花賞 G1

競馬番組表

2018年10月20日(
3回新潟3日目
4回東京6日目
4回京都6日目
2018年10月21日(
3回新潟4日目
4回東京7日目
4回京都7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
88,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
86,512万円
3 レイデオロ 牡4
58,278万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 サトノクラウン 牡6
48,604万円
6 マカヒキ 牡5
48,298万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 ファインニードル 牡5
47,828万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
41,720万円
2 ワグネリアン 牡3
36,086万円
3 エポカドーロ 牡3
27,016万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
17,668万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 ステルヴィオ 牡3
16,395万円
8 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
9 リリーノーブル 牝3
13,810万円
10 ラブカンプー 牝3
13,756万円
» もっと見る