会員登録はこちら
福島牝馬ステークス G3   日程:2014年4月26日() 15:25 福島/芝1800m

レース結果

福島牝馬ステークス G3

2014年4月26日() 福島/芝1800m/16頭

本賞金:3,700万 1,500万 930万 560万 370万


レコード:1分45秒3
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 3 6

ケイアイエレガント

牝5 54.0 吉田豊  尾形充弘 518(-8) 1.47.0 9.0 5
2 4 7

キャトルフィーユ

牝5 54.0 後藤浩輝  角居勝彦 462(-4) 1.47.0 クビ 4.7 2
3 7 14

フィロパトール

牝5 53.0 津村明秀  武藤善則 468(+8) 1.47.2 123.9 16
ラップタイム 12.7 - 10.8 - 12.0 - 12.5 - 12.0 - 11.8 - 11.7 - 11.3 - 12.2
前半 12.7 - 23.5 - 35.5 - 48.0 - 60.0
後半 59.0 - 47.0 - 35.2 - 23.5 - 12.2

■払戻金

単勝 6 900円 5番人気
複勝 6 290円 4番人気
7 180円 2番人気
14 2,660円 16番人気
枠連 3-4 1,430円 6番人気
馬連 6-7 1,440円 3番人気
ワイド 6-7 520円 2番人気
6-14 9,610円 79番人気
7-14 6,970円 64番人気
馬単 6-7 3,470円 10番人気
3連複 6-7-14 45,330円 127番人気
3連単 6-7-14 238,230円 663番人気

福島牝馬ステークスのニュース&コラム

【福島牝馬S】外から強襲!ケイアイエレガント重賞初V
 第11回福島牝馬ステークス(26日、福島11R、4歳上オープン牝馬国際(指)、別定、芝1800メートル、1着本賞金3700万円 =出走16頭)果敢にハナを奪った吉田豊騎乗の5番人気ケイアイエレガントが、直線に入ると二の脚を使って外から強襲したキャトルフィーユをクビ差で退けて重賞初勝利。ヴィクトリアマイル(5月18日、東京、GI、芝1600メートル)の優先出走権を手にした。タイム1分47秒0(良)。1番人気アロマティコは見せ場なく10着に敗れた。 ◆吉田豊騎手(ケイアイエレガント1着) 「理想通りのペースで逃げることができた。直線で横に馬が並んで、もうひと伸びできた」 ◆後藤騎手(キャトルフィーユ2着) 「3~4コーナーにかけておかれてしまう。あそこでスーっと並んでいければ違うのですが…」 ◆津村騎手(フィロパトール3着) 「勝った馬の地力が上。競馬センスが良くて、小回りも向いている」ケイアイエレガント 父キングカメハメハ、母ポストパレード、母の父エーピーインディ。黒鹿毛の牝5歳。美浦・尾形充弘厩舎所属。北海道新ひだか町・松田牧場の生産馬。馬主は亀田和弘氏。戦績25戦6勝。獲得賞金は1億2736万4000円。重賞初勝利。福島牝馬Sは尾形充弘調教師、吉田豊騎手ともに初勝利。
2014年4月27日() 05:02

 316

【福島牝馬S】ケイアイエレガント重賞初V
 26日の福島11Rで行われた第11回福島牝馬ステークス(4歳上牝馬オープン、GIII、芝1800メートル、16頭立て、1着賞金=3700万円、1着馬にヴィクトリアマイルの優先出走権)は、吉田豊騎手騎乗の5番人気ケイアイエレガント(5歳、美浦・尾形充弘厩舎)が逃げ切り、重賞初制覇を果たした。タイムは1分47秒0(良)。 5歳春を迎えての充実ぶりは本物だ。今年に入って1600万下勝ち、中山牝馬S2着と成績を残していたケイアイエレガントが堂々の逃げ切り勝ち。メンバー最重量の518キロという馬体で、みちのくの牝馬重賞を制した。 レースは内のセキショウ、外のフィロパトールが好スタートを切るが、吉田豊騎手が気合をつけてケイアイエレガントを強気に先行させる。フィロパトールが2番手に続いて、3番手以下をやや離す形。人気のアロマティコは今回も後方からの競馬となった。マイペースに持ち込んだケイアイエレガントは直線に向いても脚いろが鈍らず、後続を突き放す。好位から懸命に追いすがるキャトルフィーユの追撃をクビ差退けて重賞初V。ヴィクトリアマイル(5月18日、東京、GI、芝1600メートル)の優先出走権を獲得した。2着は2番人気のキャトルフィーユ。中山牝馬Sの1、2着が入れ替わる決着となった。2着から1馬身差の3着には、しんがり16番人気のフィロパトールが入り、3連単は23万円台の波乱となっている。 ケイアイエレガントは、父キングカメハメハ、母ポストパレード、母の父A.P.Indyという血統。北海道新ひだか町・松田牧場の生産馬で、亀田和弘氏の所有馬。通算成績は25戦6勝。重賞初勝利。尾形充弘調教師、吉田豊騎手ともに福島牝馬S初勝利。 吉田豊騎手は「逃げる馬がいたら行かせて、かぶされないようにと思ったのですが、理想通りのペースで逃げることができました。逃げているとフワフワするので、直線で横に馬が並んでくれて、もうひと伸びできました。ペースが楽だったのが良かったですね」と一昨年の阪神C(サンカルロ)以来となる重賞Vに笑みを浮かべていた。★26日福島11R「福島牝馬S」の着順・払戻金はこちら
2014年4月26日() 15:41

 498

【福島牝馬S】ミッドサマー2年ぶり美酒だ
 長らくスランプに陥っていたミッドサマーフェアが、ここ3走で(3)(4)(3)着と復調急を告げている。「阪神牝馬Sを回避して正解。状態がさらに上向いてきた」と、小島太調教師はニンマリ。23日の追い切りはラスト1F14秒1と時計を要したが、「悪い馬場にノメっていたので加減しただけ。立ち回り次第で福島もこなせる。先々に向けて賞金を加算したいね」。12年サンスポ賞フローラS以来、2年ぶりの美酒を味わいたい。★福島牝馬Sの枠順はこちら
2014年4月25日(金) 13:31

 605

【福島牝馬S】厩舎の話
 ◆アグネスワルツ・宮本師 「今の福島なら逃げられるでしょう」 ◆アロマティコ・佐々木師 「デキは最高。あとは展開だけ」 ◆ウインプリメーラ・大久保龍師 「速い持ち時計があるので楽しみ」 ◆キャトルフィーユ・角居師 「使い減りしなくなったのが大きい」 ◆クラウンロゼ・天間師 「いい頃の状態に戻りつつある」 ◆ケイアイエレガント・尾形充師 「乗りやすいコースではないが、状態は文句なし」 ◆サトノジュピター・橋本助手 「状態は安定。ここでもヒケは取らない」 ◆サンシャイン・藤岡師 「使って良化。変わり身はある」 ◆セキショウ・杉浦師 「ピリッとしない」 ◆トーセンアルニカ・木村師 「前走の敗因がつかめていない」 ◆トーセンベニザクラ・加藤征師 「競馬に注文がつかないし、好枠でスムーズなら」 ◆フィロパトール・武藤師 「体調は万全。立ち回りひとつ」 ◆フロアクラフト・西園師 「体調は申し分ない。格上挑戦でも差はない」 ◆ミッドサマーフェア・小島太師 「阪神牝馬Sを自重して、よくなっている」 ◆ミヤコマンハッタン・土田師 「2番手からでも競馬はできる」 ◆レイカーラ・橋本助手 「前走も前がさばけたら(結果は)違っていた。牝馬同士なら」★福島牝馬Sの枠順はこちら
2014年4月25日(金) 05:02

 764

福島牝馬ステークスのニュースをもっと見る >

【福島牝馬S】キャトルフィーユ3頭併せ最先着
 中山牝馬S2着キャトルフィーユは、CWコースで3頭併せ。先行した2頭を追いかけ、ゴールでは楽に先着した。時計は馬なりで6ハロン84秒8-12秒2だった。 「いい動きでした。休み明けを叩いた上積みが見込めます。最近は使い減りしなくなったのが大きい。チャンスはあるでしょう」。角居調教師は重賞初Vの期待をかけている。
2014年4月24日(木) 05:06

 389

【福島牝馬S】追って一言
 ◆アグネスワルツ・宮本師 「休み明けを叩いてよくなっている。前走は馬場が悪くてテンに行けなかった。今の福島なら逃げられるでしょう」 ◆アロマティコ・佐々木師 「先週、坂路で自己最高タイムが出たので馬なりで控えめ。デキは最高。あとは展開だけ」 ◆クラウンロゼ・天間師 「前走はいい雰囲気だったが直線の坂がこたえたみたい。いいころの状態に戻りつつある」 ◆ケイアイエレガント・尾形充師 「時計のかかる坂路で53秒台なら上等。乗りやすいコースではないが状態は文句なし」 ◆サトノジュピター・橋本助手 「長い休養から復帰して状態は安定。ここでもヒケは取らない」 ◆サンシャイン・藤岡師 「使って良化。前走は休み明けと馬場の悪い内を通らされたのが敗因。変わり身はある」 ◆セキショウ・杉浦師 「ピリッとせず、いい感触はなにもない」 ◆トーセンアルニカ・木村師 「前走の敗因がつかめていない。体重が増えているのはプラス」 ◆トーセンベニザクラ・加藤征師 「状態は非常にいい。前走は外枠がすべて。以前ほど競馬に注文がつかないし、好枠でスムーズなら」 ◆フィロパトール・武藤師 「体調は万全。ここ2戦は厳しい展開。福島は乗りやすいコースで立ち回りひとつ」 ◆フロアクラフト・西園師 「長距離輸送もあるので上がり重点。体調は申し分ない。格上挑戦でも差はないと思う」 ◆ミッドサマーフェア・小島太師 「仕上がりはいい。サンスポ杯阪神牝馬Sを自重して、よくなっている」 ◆ミヤコマンハッタン・土田師 「しまいは時計がかかったけど、状態はいい。2番手でも競馬はできる」 ◆リラコサージュ・藤原英師 「動きは悪くない。ただ、休み明けの分がどうか。ぶざまな競馬はしないと思うけど」 ◆レイカーラ・橋本助手 「引き続き好調。前走も前がさばけたら(結果は)違っていた。牝馬同士なら」
2014年4月24日(木) 05:06

 677

【福島牝馬S】アロマティコ、坂路で猛時計!
 《栗東》 中山牝馬S4着アロマティコ(佐々木、牝5)が坂路で猛調教。単走で一杯に追い切り、4ハロン51秒8-12秒6の好時計をマークした。「自己最高タイムだよ。ほんと具合がいい。来週は上がりだけでいい。あとは運。末脚がはまるかどうか」。佐々木調教師は展開次第とみている。
2014年4月17日(木) 05:02

 440

福島牝馬ステークス過去10年の結果

2013年4月20日() 福島競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
2012年4月21日() 福島競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
1着 オールザットジャズ 藤岡佑介 1:46.1 3.0倍 102.4
2着 コスモネモシン 丹内祐次 1 1/4 6.9倍 101.1
3着 アカンサス 武豊 1/2 6.8倍 100.4
2011年4月23日() 新潟競馬場/芝1800m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

福島牝馬ステークスの歴史と概要


2012、13年の優勝馬オールザットジャズ

ヴィクトリアマイルにつながる芝1800mの牝馬限定重賞。ローカル開催ということもあり出走馬の顔ぶれは例年地味だが、第7回(2010年)には2年前の桜花賞馬・レジネッタが参戦。その桜花賞ぶりとなる久々の勝利を挙げた。第9~10回(2012~2013年)はオールザットジャズが連覇。このレースの勝ち馬が本番で好走したのは第6回(2009年)のブラボーデイジーヴィクトリアマイルは11番人気2着)のみだが、第12回(2015年)5着のミナレットが本番で18番人気3着、第14回(2017年)4着のデンコウアンジュが本番で11番人気2着と、近年は負けた馬が巻き返して超大穴をあける例が目立っている。

歴史と概要をもっと見る >

福島牝馬ステークスの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年10月20日(
富士ステークス G3
2018年10月21日(
菊花賞 G1

競馬番組表

2018年10月20日(
3回新潟3日目
4回東京6日目
4回京都6日目
2018年10月21日(
3回新潟4日目
4回東京7日目
4回京都7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
88,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
86,512万円
3 レイデオロ 牡4
58,278万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 サトノクラウン 牡6
48,604万円
6 マカヒキ 牡5
48,298万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 ファインニードル 牡5
47,828万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
41,720万円
2 ワグネリアン 牡3
36,086万円
3 エポカドーロ 牡3
27,016万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
17,668万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 ステルヴィオ 牡3
16,395万円
8 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
9 リリーノーブル 牝3
13,810万円
10 ラブカンプー 牝3
13,756万円
» もっと見る