会員登録はこちら
エルムステークス G3   日程:2017年8月13日() 15:25 札幌/ダート1700m

レース結果

エルムステークス G3

2017年8月13日() 札幌/ダート1700m/14頭

本賞金:3,600万 1,400万 900万 540万 360万


レコード:1分41秒7
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 2 2

ロンドンタウン

牡4 57.0 岩田康誠  牧田和弥 510(-14) R1.40.9 12.2 4
2 3 4

テイエムジンソク

牡5 56.0 古川吉洋  木原一良 496(+4) 1.41.0 1/2 1.5 1
3 3 3

ドリームキラリ

牡5 56.0 三浦皇成  矢作芳人 478(0) 1.41.0 ハナ 38.3 8
ラップタイム 6.8-10.6-11.8-12.3-11.9-11.6-11.7-11.8-12.4
前半 6.8-17.4-29.2-41.5-53.4
後半 59.4-47.5-35.9-24.2-12.4

■払戻金

単勝 2 1,220円 4番人気
複勝 2 250円 4番人気
4 110円 1番人気
3 550円 9番人気
枠連 2-3 850円 3番人気
馬連 2-4 850円 4番人気
ワイド 2-4 410円 4番人気
2-3 3,570円 33番人気
3-4 1,160円 13番人気
馬単 2-4 2,900円 10番人気
3連複 2-3-4 7,760円 28番人気
3連単 2-4-3 63,650円 179番人気

エルムステークスのニュース&コラム

【エルムS】ロンドン旋風!圧巻Rで超高速決着制す
 第22回エルムステークス(13日、札幌11R、GIII、3歳上オープン国際(指)、別定、ダ1700メートル、1着本賞金3600万円=出走14頭)岩田康誠騎乗で4番人気のロンドンタウンが、好位追走から差し切ってJRA重賞初勝利。タイム1分40秒9(重)は、従来の記録を0秒8塗り替えるダート1700メートルのJRAレコード。今後は選出された韓国GIコリアカップ(9月10日、ソウル競馬場、ダ1800メートル)に向かう。1番人気のテイエムジンソクは2着に敗れた。 巻き返しを期した北都決戦で、ロンドンタウンが堂々のJRAレコードVだ。初コンビでJRA重賞初勝利に導いた岩田騎手は、涼しい顔で振り返る。 「いい枠(〔2〕枠(2)番)からすごくスムーズに運べた。直線まで手綱を持っていたので、届くんじゃないかなと思って必死に追いました」 道中は好位のイン。勝負どころでペースが速くなっても、手応えに余裕があった。断然の1番人気に支持されたテイエムジンソクをピタリとマークして直線に向くと、強敵の外に持ち出してスパート開始。馬体を併せる間もなく一気にかわし、トップゴールで駆け抜けた。脚抜きのいい重馬場での超高速決着を制し、勝ち時計1分40秒9は圧巻の新記録だ。 前走の平安Sは12着に敗れたが、ここに目標を定めて乗り込んできた。初めての北海道への長距離輸送もこなし、馬体重は前走から14キロ減の510キロ。きっちり仕上げてきた陣営の仕事と、このレース単独1位の5勝目を挙げた鞍上の好プレーが見事にかみ合った。牧田調教師は「うまくロスなく乗ってくれました。体も細い感じはなく、スッキリしてみえた」と満足げにうなずいた。 今後は13日朝に選出の知らせが届いたコリアカップに挑戦(鞍上は未定)。その先はチャンピオンズカップ(12月3日、中京、GI、ダ1800メートル)での頂点奪取をにらむ。岩田騎手は「素直でスピードがあって賢い。どんなレースもできそうで先が楽しみですね」と高評価を与えた。 北の大地でひと皮むけたロンドンタウンが、今度は世界に飛び出してその名をとどろかせる。 (川端亮平)★13日札幌11R「エルムステークス」の着順&払戻金はこちら★サンスポe-shopで黒色木製枠付き写真パネルを発売します!
2017年8月14日(月) 05:02

 1,370

【エルムS】テイエムジンソク、直線で差され2着
 第22回エルムステークス(13日、札幌11R、GIII、3歳上オープン国際(指)、別定、ダ1700メートル、1着本賞金3600万円=出走14頭)3連勝中で単勝1.5倍の断然人気に支持されたテイエムジンソクは半馬身差の2着に敗れた。道中は逃げるドリームキラリの2番手。直線で満を持して並びかけたが、そこから抵抗にあい、最後は直後にいたロンドンタウンに外から差された。 「うまく内にふたをして競馬できたんだけどなあ。あれで差されるか」と古川騎手は悔しそうに振り返った。それでもレコード決着の0秒1差。「この時計で差されたんだから仕方ない。この馬自身も時計は詰めているんだから」と、重賞でも戦える手応えを感じ取っていた。★13日札幌11R「エルムステークス」の着順&払戻金はこちら
2017年8月14日(月) 05:01

 1,294

【エルムS】レースを終えて…関係者談話
 ◆丹内騎手(コスモカナディアン4着) 「この時計に対応できたのは収穫。内をロスなく運べたのが大きかった」 ◆横山和騎手(ショウナンアポロン5着) 「調教がもうひとつだったので、思い切った競馬をしたけど、うまくはまってくれました」 ◆黛騎手(リッカルド6着) 「前走より状態はよかったし、速い時計でも頑張っています」 ◆ルメール騎手(ピオネロ7着) 「前の馬がバテて下がってきて、直線に向いたら先頭は15馬身ぐらい前にいた」 ◆石川倭騎手(オヤコダカ8着) 「スタートで少し挟まれてしまったし、周りも速かった」 ◆勝浦騎手(モンドクラッセ10着) 「もまれてはいないけどね。初めて乗るのでなんともいえません」 ◆四位騎手(メイショウスミトモ11着) 「3~4コーナーで外へいったら、他馬が下がってきてさらに外を回ることになってしまった」 ◆幸騎手(クリノスターオー12着) 「周りが速すぎて対応できなかった。もっと時計のかかるパサパサの馬場の方がいい」 ◆坂井騎手(リーゼントロック13着) 「道中の雰囲気はよかったけど、さすがに時計が速すぎた」★13日札幌11R「エルムステークス」の着順&払戻金はこちら
2017年8月14日(月) 05:01

 1,318

【エルムS】ドリームキラリ、皇成重賞復帰戦で3着
 第22回エルムステークス(13日、札幌11R、GIII、3歳上オープン国際(指)、別定、ダ1700メートル、1着本賞金3600万円=出走14頭)前日にけがから1年ぶりに復帰した三浦騎手が騎乗したドリームキラリは、見せ場たっぷりの3着に健闘した。果敢に逃げてペースを作り、直線もテイエムジンソクとの叩き合いを演じた。 三浦騎手は「早めにテイエムに並ばれたけど、ゴールまでよく踏ん張ってくれました。これがきっかけになって今後につながれば」とたたえた。 この日の1Rをトランプで勝利し、復帰週に3勝の活躍。「昨年乗れなかったエルムS(同日の7Rで落馬)にも乗れて3着。よかったと思います。来週からまた競馬のサイクルが始まりますからね。頑張ります」と笑顔で競馬場を後にした。★13日札幌11R「エルムステークス」の着順&払戻金はこちら
2017年8月14日(月) 05:01

 1,146

エルムステークスのニュースをもっと見る >

【エルムS】メイショウスミトモ快走12秒3
 メイショウスミトモは昨夏に阿蘇S→ラジオ日本賞とOP特別を連勝。札幌も【1・1・0・1】と良績が残っている。 古川騎手(レースは四位騎手)を背に、函館Wコースへ。来週の札幌記念に出走するタマモベストプレイを先導し、直線で差を詰めてきた僚馬を寄せつけることなく、ラスト1F12秒3でゴール板を駆け抜けた。 「輸送で10キロくらい減ることを見越して調整している。しまい重点にいい動きだった」と南井助手。続けて「調子自体は悪くないのに前走はハミを取ってくれなかった。そのあたりがどうか」と課題をあげていた。(夕刊フジ)★エルムSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年8月10日(木) 11:01

 1,698

【エルムS】快速ジンソクぐんぐん加速!豪快12秒3
 エルムステークスの追い切りが9日、札幌、函館の両競馬場で行われた。3連勝中のテイエムジンソクは札幌ダートで一杯に追われ、文句なしのデキをアピール。調教評価は最上位の『S』となった。また、けがで戦列を離れていた三浦皇成騎手(27)=美・鹿戸=はドリームキラリの追い切りに騎乗。復帰ウイークの重賞挑戦に意欲を燃やした。 豪快に砂煙を巻き上げて、テイエムジンソクがぐんぐん加速する。これが3連勝中の脚力だ。絶好の動きで重賞取りへ、猛アピールを見せた。 「しまいはしっかりやりましたが、いい動きでしたね」 騎乗した武英技術調教師が汗をぬぐって笑みを浮かべた。馬場入りに少しうるさいしぐさをみせたが、「あれぐらい、この馬のテンションからしたら“10のうちの1”ぐらい」と武英師。ダートコースに出てからは、スムーズな走りを披露した。誘導するカフジナイサー(500万下)を3秒以上追走し、最後まで併せ馬にはならなかったが、5ハロン65秒9、3ハロン37秒6-12秒3をマーク。最後はムチを入れられると、はじけるように駆け抜けた。 「前に馬がいるとむきになるので、きょうは馬がいてもリラックスできるか見たかった」 武英師は折り合い面にも合格点を与えた。休み明けの東大路Sを勝ち、大沼S、マリーンSと圧勝につぐ圧勝だが、武英師は「大沼SからエルムS(に直行)では間隔があきすぎるので、前走は強い調教をしないまま使った。それを考えれば、今回の方がきっちりやっていますからね」と、目標のレースに抜かりのない仕上げを強調する。 勝ちきれなかった馬が目覚めたような3連勝。「心肺機能や筋肉の付き方が変わったわけじゃなく、気性が激しくて真っすぐ走れなかった。それを、休養前まで乗っていた竹之下騎手が教え込んでくれていたのが、ようやく実になってきた」と変身の理由を分析した。 芦毛の馬体と、他馬を寄せ付けない走りは父クロフネをほうふつさせる。「この馬の強みはどんな競馬もできること。行く馬が多ければ控えることもできる。3連勝は馬が自信をつけているのかも」と武英師。勝てば勝つほど強くなるテイエムジンソクが、重賞ウイナーへ、さらにその先の大きな舞台へ、飛躍する準備が整った。 (柴田章利)★エルムSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年8月10日(木) 05:05

 1,582

【エルムS】ドリームキラリ馬なり12秒2
 昨年札幌の落馬事故以来、1年ぶりに復帰する三浦騎手が、ドリームキラリの追い切りに騎乗した。ダートコースで同じエルムSに出走するリーゼントロックと併せ馬。直線は外に持ち出すと、5ハロン68秒6-12秒2を馬なりでマークして併入したが、一杯の相手に手応えで上回っていた。 三浦騎手は「この時期はいつも札幌にいたので、しっくりきますね」と久々の競馬場での騎乗に笑みを浮かべた。騎乗馬の動きも「使ってきている馬なのでバリバリとはやらなかったけど、相手がきたぶん動く感じ。手応え良く気持ちが乗ったまま追えたのでよかったと思う」と手応えを感じ取っていた。★エルムSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年8月10日(木) 05:04

 1,568

【エルムS】ピオネロ好反応12秒2
 マーキュリーC2着のピオネロは、ダートコースで単走。気合乗り満点で6ハロン81秒4、最後も一杯に追われて1ハロン12秒2の好反応を見せた。大渡助手は「ブリンカーを着けたことで、レースが近いことが分かったみたい。戦闘モードに入りました」と笑顔。惜しいレースが続くだけに、「なんとか勝たせてあげたい。ジリっぽいので展開の助けがあれば」とハイペースを願っていた。★エルムSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年8月10日(木) 05:04

 1,491

エルムステークスの直前追い切り情報をもっと見る >

まだコラムはありません。
予想家コラムは
レース開催週の月曜日より順次公開されます

エルムステークスの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

8月13日 15:24更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv123 
63,650円 190,950円
Lv120 
1,220円 24,400円
Lv112 
7,760円 7,760円
Lv110 
850円 25,500円
Lv109 
850円 8,500円

的中情報をもっと見る >

エルムステークス過去10年の結果

2016年8月14日() 札幌競馬場/ダ1700m 天候: 馬場:
1着 リッカルド 黛弘人 1:43.5 28.5倍 103.0
2着 クリノスターオー 幸英明 クビ 7.5倍 103.0
3着 モンドクラッセ 柴山雄一 1 1/2 2.3倍 101.6
2015年8月16日() 札幌競馬場/ダ1700m 天候: 馬場:稍重
2014年7月27日() 札幌競馬場/ダ1700m 天候: 馬場:不良

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

エルムステークスの歴史と概要


2012、2014年の優勝馬ローマンレジェンド

夏の北海道シリーズ唯一のダート重賞で、秋のビッグレースを目標にする実力馬と、勢いのある上がり馬があいまみえる。「シーサイドステークス」として函館で開催された第1回(1996年)は、のちにドバイにも遠征するキョウトシチーが勝利。第8回(2003年)には前年のJBCクラシック勝ち馬アドマイヤドンが参戦し、力の違いを見せつけた。第9~10回(2004~2005年)はパーソナルラッシュが連覇。第17回(2012年)、第19回(2014年)はローマンレジェンドが隔年でV2を達成している。

歴史と概要をもっと見る >

エルムステークスの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年7月22日(
トヨタ賞中京記念 G3
函館2歳ステークス G3

競馬番組表

2018年7月21日(
2回函館5日目
2回福島7日目
3回中京7日目
2018年7月22日(
2回函館6日目
2回福島8日目
3回中京8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る