会員登録はこちら
函館スプリントS G3   日程:2015年6月21日() 15:25 函館/芝1200m

レース結果

函館スプリントS G3

2015年6月21日() 函館/芝1200m/16頭

本賞金:3,800万 1,500万 950万 570万 380万


レコード:1分08秒0
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 5 9

ティーハーフ

牡5 56.0 国分優作  西浦勝一 454(-6) 1.08.3 6.3 4
2 8 16

アースソニック

牡6 56.0 丸田恭介  中竹和也 490(-10) 1.08.7 2 1/2 78.7 14
3 7 13

レンイングランド

牡3 52.0 菱田裕二  矢作芳人 500(-8) 1.08.7 ハナ 52.0 12
ラップタイム 11.7 - 10.3 - 11.0 - 11.6 - 11.8 - 11.9
前半 11.7 - 22.0 - 33.0 - 44.6 - 56.4
後半 56.6 - 46.3 - 35.3 - 23.7 - 11.9

■払戻金

単勝 9 630円 4番人気
複勝 9 250円 4番人気
16 1,380円 13番人気
13 1,310円 12番人気
枠連 5-8 5,250円 16番人気
馬連 9-16 19,550円 49番人気
ワイド 9-16 5,090円 49番人気
9-13 4,790円 46番人気
13-16 21,460円 102番人気
馬単 9-16 29,240円 81番人気
3連複 9-13-16 200,320円 323番人気
3連単 9-16-13 944,140円 1,572番人気

函館スプリントSのニュース&コラム

【古馬次走報】ノンコノユメ、ジャパンダートダービーへ
 ★ユニコーンS快勝のノンコノユメ(美・加藤征、牡3)は、登録のあるジャパンダートダービー(7月8日、大井、交流GI、ダ2000メートル)へ。「間隔が微妙に短いので状態次第」と加藤征師。3着のアルタイル(美・手塚、牡3)、6着イーデンホール(美・尾関、牡3)は、レパードS(8月9日、新潟、GIII、ダ1800メートル)を目指す。 ★英リステッドレースのウォルファートンHに挑戦して10着に敗れたスーパームーン(美・藤沢和、牡6)は帰国後、札幌日経オープン(8月8日、札幌、OP、芝2600メートル)での復帰が有力。僚馬でエプソムC6着のペルーサ(牡8)も同レースに臨む予定だが、その前にマリーンS(7月12日、函館、OP、ダ1700メートル)に出走する可能性もある。また、僚馬で米子S4着のロサギガンティア(牡4)は、バーデンバーデンC(7月19日、福島、OP、芝1200メートル)などを視野に。 ★函館スプリントS4着セイコーライコウ(美・竹内、牡8)は、アイビスサマーダッシュ(8月2日、新潟、GIII、芝直1000メートル)連覇を狙う。 ★関東オークスを制したホワイトフーガ(美・高木、牝3)は、レパードSか、ブリーダーズゴールドカップ(8月13日、門別、交流GIII、ダ2000メートル)へ。 ★エプソムC11着後、放牧に出ているマイネルホウオウ(美・畠山、牡5)は、京成杯オータムH(9月13日、中山、GIII、芝1600メートル)を予定。 ★NHKマイルC13着のヤマカツエース(栗・池添、牡3)は、函館記念(7月19日、函館、GIII、芝2000メートル)に向かう。 ★函館スプリントS3着レンイングランド(栗・矢作、牡3)はCBC賞(7月5日、中京、GIII、芝1200メートル)か、アイビスサマーダッシュに出走予定。僚馬でマーメイドS9着アースライズ(牝3)は休養をはさんで、ローズS(9月20日、阪神、GII、芝1800メートル)から始動の予定。
2015年6月25日(木) 05:01

 733

【函館SS】ティーハーフ、他馬イッキ飲み
 第22回函館スプリントステークス(21日、函館11R、GIII、3歳上オープン国際(特指)、別定、芝1200メートル、1着本賞金3800万円 =出走16頭)サマースプリントシリーズの初戦は、国分優作騎乗の4番人気ティーハーフが最後方から豪快に差し切り、3連勝で重賞初制覇を果たした。タイム1分8秒3(良)。2馬身1/2差の2着に14番人気アースソニック、さらにハナ差の3着に12番人気レンイングランドが入り、3連単94万4140円の好配当。1番人気のコパノリチャードは14着に終わった。 晩成の血が目覚めた。香港GI馬ラッキーナインの半弟ティーハーフが、圧巻の末脚でライバルをごぼう抜き。3連勝で念願の重賞タイトルを手にした。国分優騎手が絶賛する。 「すごい。まるで子供を相手にしているようでした。一瞬の脚はハンパじゃないですよ。輸送もクリアしてくれましたし、不安な要素は何もありません」 スタートは今ひとつだったが、2歳時から調教に携わり、この馬の成長を実感する鞍上は冷静だった。「前を見たら、結構やり合っていたので」と激化する先行争いを尻目に脚をため、一気に仕掛けて勝負を決めた。 前残りが顕著な開幕週の馬場で、外からの豪快なひとまくり。この勝利で全6戦あるサマースプリントシリーズの最有力候補になった。 管理する西浦調教師も「テンに行けなくてヒヤッとしたけど、ジョッキーは全然焦らないで乗ってくれた。血統のよさが出てきたし、GIを意識できる」と胸を張る。 「このジョッキー(国分優騎手)で結果を出せたのがうれしい」とトレーナーがいえば、「西浦先生と担当の深川さん(助手)のおかげ。これだけの馬に乗せていただいて、感謝しています」と国分優騎手。この馬に携わる“チーム”の信頼関係、雰囲気は抜群だ。 今後はひと息入れた後、シリーズ第5戦のキーンランドC(8月30日、札幌、GIII、芝1200メートル)へ。その先にスプリンターズS(10月4日、中山、GI、芝1200メートル)、さらにはラッキーナインに続く香港スプリント(12月13日、シャティン、GI、芝1200メートル)兄弟制覇も見据える。 (芳賀英敏)★21日函館11R「函館スプリントステークス」の着順&払戻金はこちら
2015年6月22日(月) 05:07

 660

【函館SS】リチャード、状態戻らず14着
 第22回函館スプリントステークス(21日、函館11R、GIII、3歳上オープン国際(特指)、別定、芝1200メートル、1着本賞金3800万円 =出走16頭)昨年のGI高松宮記念の勝ち馬コパノリチャードは好位に付けたものの、直線で見せ場もないまま14着に沈んだ。「行きっぷりがよくない。あのポジションを取るのにも(手綱を)押して押してだから。よく分からないけど、本当(のデキ)じゃない」と武豊騎手。敗因は斤量58キロや洋芝ではなく、状態が戻り切っていないことにあるとの見方を示した。★21日函館11R「函館スプリントステークス」の着順&払戻金はこちら
2015年6月22日(月) 05:07

 591

【函館SS】レースを終えて…関係者談話
 ◆丸田騎手(アースソニック2着) 「はまったところはありますが、掛かることもなく脚は使ってくれました」 ◆菱田騎手(レンイングランド3着) 「ハナにという指示でしたが、周りが速くてあの位置(中団の後ろ)に。展開も向きましたが、乗りやすい馬ですし、自在性もあります」 ◆柴田善騎手(セイコーライコウ4着) 「この馬らしい脚は使ってくれた。元気だし、今後も楽しみ」 ◆田中健騎手(アンバルブライベン5着) 「内の馬が速く自分の形に持ち込めませんでした。でも2、3番手でも競馬ができました」 ◆北村友騎手(マジンプロスパー6着) 「体が絞れていたのはよかったし、外を回りつつも脚は使ってくれました」 ◆水口騎手(クールホタルビ7着) 「前に行こうと思いましたが、最後は脚を使ってくれました。タラレバですが内枠ならもう少し戦えたと思います」 ◆岩田騎手(スギノエンデバー8着) 「道中はうまく折り合ってくれたけど、直線は馬群が密集してさばけませんでした」 ◆川須騎手(エーシントップ9着) 「思い描いていた理想のレースでしたが、結果的には前が崩れる競馬になってしまいました」 ◆和田騎手(サトノデプロマット10着) 「2、3番手に行けるかなと思っていましたが、洋芝(向き)じゃないのかな…」 ◆藤岡康騎手(ヒラボクプリンス11着) 「初の千二、2度目の芝。それを考えれば、よくついていってくれましたと思います」 ◆三浦騎手(ローブティサージュ15着) 「直線で進路があいたら突き抜けるだけの手応えはありました。小回りではこうしたリスクを背負うことになりますが、具合はよかっただけに残念です」★21日函館11R「函館スプリントステークス」の着順&払戻金はこちら
2015年6月22日(月) 05:06

 660

函館スプリントSのニュースをもっと見る >

【函館SS】コパノリチャード上々2馬身先着
 ローカルGIIIでは負けられない昨年の高松宮記念馬コパノリチャードは、藤岡康騎手(レースは武豊騎手)が跨り、函館Wコースでコパノチャールズを追走。直線で内に入り、GOサインに応えて力強く2馬身先着した。3カ月ぶりで多少の余裕はあるが、このひと追いで仕上がりそう。 「先週は少し重い感じもあったので、しまい追った。落ち着いているのはいいし、時計のかかる馬場も合う。GIを勝っているから58キロは仕方ない。あとはユタカにお任せだね」と、宮調教師は完全復活を期待している。(夕刊フジ)★函館スプリントSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2015年6月18日(木) 12:26

 360

【函館SS】アンバルブライベン馬なり12秒2
 高松宮記念15着以来のアンバルブライベンは函館芝コースで単走。ラスト1Fは馬なりで12秒2と、初参戦の函館でもリラックスしている。 「馬場も特に重い感じはしなかったし、初の洋芝というのはあまり意識しなくても良さそう。枠順次第だけど、ハナは主張していきたいですね」と田中健騎手。京阪杯、シルクロードSを逃げ切った名コンビが、函館開幕を大いに盛り上げる。(夕刊フジ)★函館スプリントSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2015年6月18日(木) 12:25

 336

【函館SS】ローブで快幕だ!三浦「絶好」11秒7
 函館競馬の開幕週を飾る、函館スプリントSの追い切りが17日、函館競馬場と美浦トレセンで行われた。函館では昨年2着のローブティサージュが、三浦騎手を背に芝コースでシャープな伸びを披露。重賞3勝目に向けてムードは上々だ。連勝中のティーハーフはWコースで迫力満点の動き。美浦ではセイコーライコウが好調をアピールした。 脚にからみつくような、粘り気のある芝を軽やかに駆け抜けていく。昨年2着のローブティサージュが、絶好の動きをみせた。 三浦騎手を背に、芝コースをゆったり周回。残り4ハロンあたりからスピードを上げる。しまい重点に脚を伸ばして4ハロン49秒1、1ハロン11秒7。反応はシャープで、追えばいくらでも伸びそうな手応え。最後は先行した僚馬ラインハート(1000万下)の外で2馬身先着した。 「追い切りは絶好でした。最後は確実に来る馬。去年はこのレースで2着ですし、小回りも洋芝も問題ない」と三浦騎手は十分な手応えを口にした。 中間の追い切りは、強弱2本。もともとテンションが上がりやすく、トレセンや競馬場の長期滞在がストレスになるタイプ。牧場で十分乗り込んで、函館入りしているので、追い切り本数が少なくても臨戦態勢は整っている。 須貝調教師は「ここ(函館競馬場)にいる時間が短い方がいい。去年もよかったので、その方法を変えることはない」と独特の調整方法に胸を張る。 「北海道の洋芝と、小回りがこの馬に合っている」とトレーナー。力の要る洋芝との相性は抜群。函館でデビュー勝ちを果たし、昨年は函館スプリントS2着のあと、キーンランドCを優勝。北海道開催が終了した昨年秋以降は今ひとつ成績が上がらないが、得意の舞台で本領を発揮する。 (芳賀英敏)★過去5年で25勝 勝率なんと19% 須貝厩舎は函館で好成績を残しており、2011年から3年連続で函館リーディングに輝いている。過去5年を見ても、25勝は堂々の1位で、2位は20勝の藤沢和調教師。勝率も19%のハイアベレージを残している。また、ローブティサージュは昨年のサマースプリントシリーズで2位(1位はリトルゲルダ)だっただけに、ここで好スタートを切りたい。★函館スプリントSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2015年6月18日(木) 05:03

 448

【函館SS】マジンプロスパー、気合乗り抜群!
 あと3戦で引退が決まっているマジンプロスパーは、函館Wコースで5ハロン65秒1をマーク。ラスト1ハロンは13秒2を要したが、パワフルな走りを見せた。気合乗りは抜群で、上昇気配にある。 「ヤル気は十分あります。この時期は代謝もよくなりますし、体調がいい。いまは512キロぐらい。走れる体になりました」と中尾調教師。8歳で斤量も58キロ。決して楽な条件ではないが、札幌で好走歴があり、洋芝適性は十分ある。★函館スプリントSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2015年6月18日(木) 05:02

 382

函館スプリントSの直前追い切り情報をもっと見る >

函館スプリントS過去10年の結果

2014年6月22日() 函館競馬場/芝1200m 天候: 馬場:
1着 ガルボ 津村明秀 1:08.5 35.9倍 103.9
2着 ローブティサージュ 三浦皇成 クビ 21.0倍 103.9
3着 クリスマス 丸田恭介 アタマ 12.1倍 103.9
2013年6月16日() 函館競馬場/芝1200m 天候: 馬場:
2012年6月17日() 函館競馬場/芝1200m 天候: 馬場:
1着 ドリームバレンチノ 松山弘平 1:09.4 6.7倍 103.2
2着 ロードカナロア 福永祐一 3/4 1.3倍 102.2
3着 ビスカヤ 荻野琢真 2 1/2 211.5倍⑪ 98.1

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

函館スプリントSの歴史と概要


2012年の優勝馬ドリームバレンチノ

夏の函館開催の幕開けを告げるスプリント重賞。札幌開催時代の第2~3回(1995~1996年)はノーブルグラスが連覇し、第3回に騎乗していた安田富男騎手は、この勝利で史上初となるJRA全10場重賞制覇記録を達成した。開催時期が6月に移ってからはややレベルが低下した感があるが、7月開催時代は、第4回(1997年)のマサラッキ、第6回(1999年)のシンコウフォレスト、第9回(2002年)のサニングデール、第10回(2003年)のビリーヴ、第15回(2008年)のキンシャサノキセキ、第18回(2011年)のカレンチャンと、G1馬やのちのG1馬が数多くの勝利を収めている。

歴史と概要をもっと見る >

函館スプリントSの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年10月27日(
毎日放送賞スワンS G2
アルテミスステークス G3
2018年10月28日(
天皇賞(秋) G1

競馬番組表

2018年10月27日(
3回新潟5日目
4回東京8日目
4回京都8日目
2018年10月28日(
3回新潟6日目
4回東京9日目
4回京都9日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
88,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
86,512万円
3 レイデオロ 牡4
58,278万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 サトノクラウン 牡6
48,604万円
6 マカヒキ 牡5
48,298万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 ファインニードル 牡5
47,828万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
41,720万円
2 ワグネリアン 牡3
36,086万円
3 エポカドーロ 牡3
27,016万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 フィエールマン 牡3
17,886万円
6 ケイアイノーテック 牡3
17,668万円
7 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
8 ステルヴィオ 牡3
16,395万円
9 エタリオウ 牡3
14,754万円
10 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
» もっと見る