会員登録はこちら
ユニコーンステークス G3   日程:2014年6月22日() 15:45 東京/ダート1600m

レース結果

ユニコーンステークス G3

2014年6月22日() 東京/ダート1600m/16頭

本賞金:3,400万 1,400万 850万 510万 340万


レコード:1分34秒1
天候:
馬場:稍重



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 6 11

レッドアルヴィス

牡3 56.0 蛯名正義  安田隆行 492(-2) 1.36.0 13.1 3
2 8 15

コーリンベリー

牝3 54.0 松山弘平  柴田政見 476(+20) 1.36.4 2 1/2 14.5 4
3 2 4

バンズーム

牡3 56.0 田辺裕信  久保田貴 462(0) 1.36.5 クビ 25.9 7
ラップタイム 12.1 - 10.8 - 11.5 - 12.2 - 12.9 - 12.1 - 11.9 - 12.5
前半 12.1 - 22.9 - 34.4 - 46.6 - 59.5
後半 61.6 - 49.4 - 36.5 - 24.4 - 12.5

■払戻金

単勝 11 1,310円 3番人気
複勝 11 670円 3番人気
15 880円 7番人気
4 780円 5番人気
枠連 6-8 4,310円 15番人気
馬連 11-15 8,130円 20番人気
ワイド 11-15 2,160円 19番人気
4-11 2,040円 18番人気
4-15 3,140円 29番人気
馬単 11-15 17,760円 35番人気
3連複 4-11-15 33,730円 86番人気
3連単 11-15-4 220,770円 430番人気

ユニコーンステークスのニュース&コラム

【古馬次走報】レッドアルヴィス、レパードSへ
 ★ユニコーンSを勝ったレッドアルヴィス(栗・安田、牡3)、11着メイショウイチオシ(栗・庄野、牡3)は、レパードS(8月10日、新潟、GIII、ダ1800メートル)に向かう。 ★ユニコーンS12着アジアエクスプレス(美・手塚、牡3)は、登録しているジャパンダートダービー(7月9日、交流GI、大井、ダ2000メートル)を回避してレパードSへ。なお、同レースには、繰り上がりでマキャヴィティ(美・萩原、牡3)が、北村宏騎乗で出走。ほか青梅特別を快勝したフィールザスマート(美・新開、牡3)なども参戦する。 ★函館スプリントS2着ローブティサージュ(栗・須貝、牝4)、3着クリスマス(美・伊藤大、牝3)はキーンランドC(8月31日、札幌、GIII、芝1200メートル)へ。5着フォーエバーマーク(美・矢野英、牝6)は、アイビスSD(8月3日、新潟、GIII、芝1000メートル)。8着ヤマニンプチガトー(栗・木原、牝5)は、適クラのTVh杯(7月5日、函館、1600万下、芝1200メートル)で必勝を期す。 ★米子S3着サンレイレーザー(栗・高橋忠、牡5)は、関屋記念(8月17日、新潟、GIII、芝1600メートル)で重賞Vを目指す。
2014年6月26日(木) 05:00

 432

【古馬次走報】ロゴタイプ、鞍上村田で札幌記念へ
 ★ドバイデューティフリー6着後戦列を離れ、北海道千歳の社台ファームで調整中のロゴタイプ(美・田中剛、牡4)は村田騎手とのコンビで札幌記念(8月24日、札幌、GII、芝2000メートル)へ。 ★函館スプリントS4着セイコーライコウ(美・鈴木康、牡7)、6着アースソニック(栗・中竹、牡5)はアイビスサマーダッシュ(8月3日、新潟、GIII、芝1000メートル)へ。9着スマートオリオン(美・鹿戸、牡4)はUHB賞(8月17日、札幌、OP、芝1200メートル)からキーンランドC(同31日、札幌、GIII、芝1200メートル)を目指す。10着ハノハノ(栗・西園、牡6)はUHB賞へ。 ★安田記念7着サダムパテック(栗・西園、牡6)、米子S2着ブレイズアトレイル(栗・藤岡、牡5)は中京記念(7月27日、中京、GIII、芝1600メートル)に向かう。 ★ユニコーンS2着コーリンベリー(栗・柴田見、牝3)、天保山S10着キズマ(栗・白井、牡5)はプロキオンS(7月13日、中京、GIII、ダ1400メートル)へ。 ★ユニコーンS4着アンズチャン(美・大和田、牝3)は香嵐渓特別(7月27日、中京、1000万下、ダ1400メートル)が有力。 ★22日東京の500万下(芝1800メートル)を快勝したメドウヒルズ(美・大久保洋、牡3)はラジオNIKKEI賞(7月6日、福島、GIII、芝1800メートル)が視野に。 ★稲城特別を勝ったトライアゲイン(美・和田道、牡3)は信夫山特別(7月19日、福島、1000万下、芝2600メートル)へ。秋はセントライト記念(9月21日、新潟、GII、芝2200メートル)を目指す。 ★水無月Sを勝ったワキノブレイブ(栗・清水久、牡4)はCBC賞(7月6日、中京、GIII、芝1200メートル)へ向かう。 ★天保山S3着ナリタスーパーワン(栗・松永昌、牡5)は阿蘇S(8月17日、小倉、OP、ダ1700メートル)を予定。4着デュアルスウォード(美・手塚、牡6)はバーデンバーデンC(7月20日、福島、OP、芝1200メートル)からアイビスサマーダッシュへ向かう。
2014年6月25日(水) 05:00

 702

【ユニコーンS】蛯名ホレた!砂の新星アルヴィス重賞初V
 第19回ユニコーンステークス(22日、東京11R、GIII、3歳オープン国際(指)、別定、ダ1600メートル、1着本賞金3400万円=出走16頭)蛯名正義騎乗の3番人気レッドアルヴィスが4コーナー2番手から力強く抜け出し、2着の4番人気コーリンベリーに2馬身半差をつけて圧勝。デビュー8戦目で重賞初制覇を飾った。タイム1分36秒0(稍重)。今後は放牧を経て、チャンピオンズカップ(12月7日、中京、GI、ダ1800メートル)が目標となる見込み。単勝1・3倍と断然の人気だったアジアエクスプレスは見せ場なく12着に沈んだ。 番狂わせとは言わせない。レッドアルヴィスは勝負どころで馬群の外を進撃し、余裕たっぷりに先頭をうかがう堂々たる競馬ぶり。ラスト300メートルで蛯名騎手から満を持してゴーサインが出されると、馬群でもがく2歳王者アジアエクスプレス(12着)などのライバルを力強く突き放した。 「強かったですね」。重賞初挑戦で勝利を飾ったパートナーを、蛯名騎手はシンプルにたたえた。今回が初コンビ。「何戦か競馬を見て、いいイメージを持っていた。前走もきつい競馬をしながら頑張っていた」。前走の三浦特別は3カ月半の休み明けながら、レコード決着の4着に健闘していた。 函館競馬場へ行っていた安田調教師に代わり、安田翔助手は「久々を1回使って、状態が上向いていましたが、ここまでのパフォーマンスを見せられるとは」と語る。 2012年のGI・NHKマイルCの覇者カレンブラックヒル(父ダイワメジャー)の半弟。ただ、安田厩舎といえば、10、11年のジャパンカップ(JC)ダート連覇を含め、ダートでGI4勝を挙げたトランセンドがいる。「トランセンドはこの時期、完成度が高かった。この馬(レッドアルヴィス)はまだ(体に)緩さを残す現状だし、成長の余地が大きい」と同助手は言う。 「今の段階でよくここまで走ってくれた。心身ともにタフになって、トランセンドに追いついてくれれば」 この後は放牧に出る予定で、秋はJCダートが前身のチャンピオンズカップが大目標。偉大な先輩に肩を並べるため、まずは英気を養う。 (板津雄志)★22日東京11R「ユニコーンステークス」の結果はこちらレッドアルヴィス 父ゴールドアリュール、母チャールストンハーバー、母の父グラインドストーン。鹿毛の牡3歳。栗東・安田隆行厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(株)東京ホースレーシング。戦績8戦3勝。獲得賞金は5406万7000円。重賞初勝利。ユニコーンSは安田隆行調教師、蛯名正義騎手ともに初勝利。
2014年6月23日(月) 05:05

 893

【ユニコーンS】アジア12着、ダート3戦目で初黒星
 第19回ユニコーンステークス(22日、東京11R、GIII、3歳オープン国際(指)、別定、ダ1600メートル、1着本賞金3400万円=出走16頭)単勝1.3倍の1番人気に支持されたアジアエクスプレスは12着。ダート3戦目で初めて土が付いた。「走りはよかったが、(馬群を)さばけなかった。早めに外へ出したかったが、出せなかった…」と戸崎騎手。道中は馬群に包まれて直線でも外へ出せず、力尽きて失速した。手塚調教師は「もまれたのが一番きつい。直線では気持ちが萎えていた。こういう負け方をしてはいけない。ショック」と語った。登録した7月9日の交流GIジャパンダートダービーには出走しない公算が大きく、レパードS(8月10日、新潟、GIII、ダ1800メートル)を視野に入れる。★22日東京11R「ユニコーンステークス」の結果はこちら
2014年6月23日(月) 05:04

 1,155

ユニコーンステークスのニュースをもっと見る >

【ユニコーンS】2歳王者アジア「普通」でも快速!
 ユニコーンSの追い切りが18日、東西のトレセンで行われた。2歳王者でダート2戦2勝のアジアエクスプレスは、迫力ある走りを見せて併せ馬で併入。約2カ月ぶりでも力を出せる状態に仕上がっている。アナザーバージョンはサンケイスポーツ調教評価で最高の「S」を獲得し、体調の良さが目立つ。ほかではメイショウパワーズ、ルミニズムの状態が良さそうだ。 まるで地響きが聞こえてくるような迫力の走りだ。2歳王者アジアエクスプレスがWコースで力強い追い切り。3歳ダートチャンピオンへ態勢を整えた。 先行するマイネルテンクウ(1000万下)、ディスキーダンス(500万下)を2馬身ほど追走。直線では520キロを超える巨体が大きなストライドで内から並びかけると、5ハロン68秒8-13秒3でフィニッシュ。余裕ある手応えのまま併入した。 「先行した2頭も調子がいいし、併入でも動きはいい。リラックスした雰囲気になっているし、体調面の不安はないですね」 手塚調教師が穏やかな表情で話した。皐月賞6着以来、約2カ月ぶりの実戦。間隔をあけてリフレッシュした王者が、復帰戦でピークの状態である必要はない。「普通です」という調教師の言葉には、普通の状態で勝てる自信がのぞいていた。 芝のGI、朝日杯FSを勝ったものの、それ以前は東京のダート戦で2戦2勝。5馬身差、7馬身差の圧勝だった。手塚師は「砂をかぶる競馬をしたことがないので」と話すが、砂をかぶるほどの激戦にすらならなかったからに他ならない。 「(先行して)砂をかぶるような位置にいなければいいわけだし、いまの時計の速い東京のダートはいい。皐月賞よりも相手は楽なんだから、ジョッキーには馬の力を信じて乗ってほしいね」 手塚師はまともに走れば負けるはずはないと言わんばかり。本領発揮の舞台に帰ってきたアジアエクスプレスが、これからは無敗の砂の王者として世代を統一する。 (柴田章利)
2014年6月19日(木) 05:06

 1,062

【ユニコーンS】バンズーム騎乗の田辺騎手「動きいい」
 鳳雛S3着でオープンにめどを立てたバンズームは、Wコースでクールヴェント(1000万下)を2馬身追いかけて4コーナーで内に併せた。直線半ばからジワジワと伸びてラスト1ハロン12秒9(4ハロン53秒0)で併入だったが、ゴール前の勢いは明らかに勝っていた。 「追い切りの動きはいい感じだった。距離短縮は問題ないし、自分のリズムで走れれば」と騎乗した田辺騎手は力を込めた。
2014年6月19日(木) 05:05

 529

【ユニコーンS】追って一言
 ◆アスカノロマン・釘田助手 「先週に坂路でビシッとやって、今週はCWで反応を見る感じ。いい状態を維持している」 ◆アンズチャン・大和田師 「リズム良く反応もしっかり。1ハロン延長は問題ないし、中団やや後ろあたりで」 ◆グレナディアーズ・北村友騎手 「久々を使って素軽さが増し、坂路でもラストまでしっかり伸びていた。ダートは走るし、距離もマイルはベスト」 ◆ケルヴィンサイド・助田助手 「イメージ通りの調教をこなして、今週も併せて先着。本来の行きっぷりも戻ってきた。マイルもこなせると思う」 ◆タガノエッヴィーバ・本田師 「併せ馬で少し遅れたが、デキは問題ない。前走は後方からでもうまく抜け出して来られたし、直線の長い東京は脚質的にも合う」 ◆ドリームカイザー・飯田雄師 「体がしっかりしてきた。長距離輸送も経験済みだし、初騎乗でも乗り難しい馬ではないから」 ◆ニシケンモノノフ・庄野師 「坂路の併せ馬でしっかり動いた。前走は転厩初戦で57キロを背負ってもそれなりに伸びていたし、まだ伸びしろのある馬だと思う」 ◆フィールザスマート・新開師 「全体時計は速かったし、動きはよかった。前走あたりから体に実が入ってきた」 ◆ペアン・菅原師 「中間も順調だし、体調は良さそう。前走は収穫の多いレース内容だったので楽しみ」 ◆ペガサスジュニア・大久保洋師 「追い切りは予定どおりの内容。前走は砂をかぶってダメだったので今回は前に行かせるつもり」 ◆メイショウイチオシ・庄野師 「ここ2走はズルさを感じさせるレースぶりだったので、中間から坂路で攻めもハードに。能力はあるのでこれで気が入れば」 ◆メイショウサルーテ・漆原助手 「坂路でラスト2ハロンを伸ばす感じでいい動き。左回りは向いているし、中4週と間隔を取れたのもいい」 ◆レッドアルヴィス・安田師 「前回は久々で攻めもひと息だったが、先行馬で4着に残ったのはこの馬だけ。中間はいい雰囲気だし、輸送でイレ込まなければ…」
2014年6月19日(木) 05:05

 599

【ユニコーンS】コーリンベリー軽快12秒6
 コーリンベリーは坂路を素軽いフットワークで駆け抜けた。余裕を残した状態で、4ハロン53秒7-12秒6のタイムなら上々で、最後まで脚取りは確かだった。 「いい動きでしたよ。状態はいいと思います」と騎乗した松山騎手は説明。臨戦態勢に不備はない。ダート戦は【3・1・0・0】と崩れた経験がない。「左回り、坂は(中京で)克服している。自分のリズムで運べれば、1600メートルの距離はこなしてくれるんじゃないかな」と柴田見調教師は前向きに話した。
2014年6月19日(木) 05:05

 284

ユニコーンステークスの直前追い切り情報をもっと見る >

ユニコーンステークス過去10年の結果

2013年6月16日() 東京競馬場/ダ1600m 天候: 馬場:
1着 ベストウォーリア 戸崎圭太 1:36.0 6.9倍 94.0
2着 サウンドリアーナ 武豊 1 1/4 2.3倍 93.0
3着 サウンドトゥルー 大野拓弥 30.5倍 91.5
3着 ケイアイレオーネ 幸英明 同着 95.3倍 91.5
2012年6月3日() 東京競馬場/ダ1600m 天候: 馬場:
1着 ストローハット 福永祐一 1:36.5 3.2倍 97.2
2着 オースミイチバン 川島信二 1 3/4 4.4倍 95.7
3着 タイセイシュバリエ 武豊 ハナ 26.0倍 95.7
2011年6月4日() 東京競馬場/ダ1600m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

ユニコーンステークスの歴史と概要


2016年の優勝馬ゴールドドリーム

JRA初の4歳(現3歳)限定ダート重賞として誕生し、歴代のダート王者たちが熱戦を繰り広げてきた。第2回(1997年)のタイキシャトル、第5回(2000年)のアグネスデジタル、第10回(2005年)のカネヒキリといった歴史的名馬クラスが多数優勝しており、近年も第20回(2015年)を勝ったノンコノユメ、第21回(2016年)の覇者ゴールドドリームが、その後にG1を制している。第7回(2002年)は地方船橋所属のヒミツヘイキが中央勢を一蹴し、ファンをアッと驚かせた。

歴史と概要をもっと見る >

ユニコーンステークスの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年10月27日(
毎日放送賞スワンS G2
アルテミスステークス G3
2018年10月28日(
天皇賞(秋) G1

競馬番組表

2018年10月27日(
3回新潟5日目
4回東京8日目
4回京都8日目
2018年10月28日(
3回新潟6日目
4回東京9日目
4回京都9日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
88,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
86,512万円
3 レイデオロ 牡4
58,278万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 サトノクラウン 牡6
48,604万円
6 マカヒキ 牡5
48,298万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 ファインニードル 牡5
47,828万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
41,720万円
2 ワグネリアン 牡3
36,086万円
3 エポカドーロ 牡3
27,016万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 フィエールマン 牡3
17,886万円
6 ケイアイノーテック 牡3
17,668万円
7 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
8 ステルヴィオ 牡3
16,395万円
9 エタリオウ 牡3
14,754万円
10 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
» もっと見る